初走行で早くも59秒台に突入だ!

鐵隼(テツブサ)が筑波を走った! シェイクダウンテストは意外に順調?!

当サイトが追っているチーム加賀山の“鐵隼(テツブサ)”プロジェクト。テイストオブツクバ(T.O.T)SATSUKI STAGEを来週の5月15日に控え、ついに鐵隼が筑波サーキットでシェイクダウン。ライダーを務める加賀山就臣が初めて走らせたインプレッションはいかに!?

●文と写真:佐藤寿宏 ●外部リンク:Team KAGAYAMA

初テストで早くも59秒台に突入!

前回の記事でチーム加賀山のワークショップであるライドウィンに伺い、ようやく形になった状態の鐵隼を紹介した。そして5月6日(金)、茨城県・筑波サーキットで行われたLAND SHAK Racingの走行会にて、予定通りシェイクダウンテストが行われた。乗り手はもちろんチーム代表も務める加賀山就臣だ。

まずはポジション合わせからスタートし、走行を開始する。しかし、想定していたサスセットが合わず、前後サスペンションのセットを大きく変更。ステップのポジションも変更するのに、加賀山が自ら工具を持って作業。チーフメカニックの斉藤雅彦は、ECUのセットを進める。

「ハヤブサはただでさえ重量があるものを鉄フレームにしたことで、さらに拍車をかける重さになっている。その辺りを想定したサスペンションセットをしてきたけれど、それがハマってくれなかった。重量から来る不具合も多々出ているけれど、レーシングスピードで走れないというものではないので、現場でアジャストできることをやっていった」

試行錯誤を繰り返しながらもラップタイムは59秒台に入ってくる。ここで油温の問題が出て来たため、斉藤がアッパーカウルのインテークまわりにも穴を開ける。この辺は、ビジュアルも担当する野口メカに気を使いつつの作業だが、かなり効果はあったそうだ。オイルクーラーの位置を変えることも考えているというが、本番までに間に合うかどうかというところだ。

鐵隼|チーム加賀山|筑波サーキット|テイストオブツクバ
鐵隼|チーム加賀山|筑波サーキット|テイストオブツクバ

筑波で初走行を行った鐵隼。ライダー加賀山のフィードバックを元に、チーフメカの斉藤が各部のセッティングを詰めていく。 [写真タップで拡大]

安全にレーシングスピードで走れる!

昨年秋のT.O.T以来のサーキット走行だという加賀山だったが、やはりバイクに乗ることは楽しそうだ。無事にシェイクダウンを終えた感想はどんなものだったのだろうか。

「走っていて大きく振られるということはなかったし、59秒台で周回できている。安全に乗れる状態に仕上げてくれた斉藤と野口に感謝だね。これもカタナ1000R(カタナフレーム+GSX-R1000エンジンのチーム加賀山オリジナルマシン)で3号機まで製作した経験が生きている」

「ただ、やはりエンジンが1300ccもあると、今まで経験のないシフトショックが出たり、ECUの設定が全然違ったり、辛うじてレーシングスピードで走れているけれど、色々な不具合を修正していかないといけない。ハヤブサはバックトルクリミッターがないのでそこもかなり苦労しているけれど、T.O.Tはそういうレースなので、人間が操作してやれることを訓練中。人間アジャストをしていかないとね」

「ともあれ、想像していたよりファーストインプレッションは良かった。いろいろ課題が残っているので、ワークショップに持ち帰って、今までの経験を全て放り込んでレースウイークで勝負したいね」

鐵隼が参戦するT.O.T SATSUKI STAGE・ハーキュリーズクラスの本戦まで、約1週間に迫ってきた。レースにも全力で挑みながら、ハヤブサオーナーを集めてミーティングも開催する。チーム加賀山の参戦マシンはハヤブサに移行したが、カタナオーナーにも駐車スペースを確保し、引き続きチーム加賀山を応援しながらレースを楽しんでもらいたいとイベントを企画している。そしてファンと共にストーリーを作り上げたいと、クラウドファンディングでの応援プロジェクトも実施中だ。ぜひ下記よりチェックしていただきたい。

鐵隼|チーム加賀山|筑波サーキット|テイストオブツクバ
鐵隼|チーム加賀山|筑波サーキット|テイストオブツクバ

重量はあるがレーシングスピードで安全に走れる、というのが鐵隼のファーストインプレッション。本戦まで残り1週間。どこまで詰められるか? [写真タップで拡大]

鐵隼|チーム加賀山|筑波サーキット|テイストオブツクバ

5/15のT.O.Tは、鐵隼の他にも注目マシンが多数参戦する最速クラス「ハーキュリーズ」に注目! [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホームイタルジェット ドラッグスター200 ディテール解説【注目のインディペンデントステアリングシステムとは?】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース