スズキGSX250R ABS [’22後期 新型バイクカタログ]:尖ったデザインでも使い勝手万全

スズキGSX250R

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月13日

スズキGSX250R ABS 概要

同クラスのスーパースポーツの中では大柄な車体を採用し、セパレートながら高さのあるハンドルや低いシート高がゆったりとしたライディングポジションを生むGSX250R。ロングストロークのSOHC2バルブの水冷2気筒エンジンは、低中速で豊かなトルクを生み、日常使いやツーリングを快適にこなせる。GSX-R1000の流れを汲むアグレッシブなフォルムと実用性を両立させる貴重な存在だ。

’21 スズキGSX250R ABS

主要諸元

スズキGSX250R

【’21 SUZUKI GSX250R/ABS】■水冷4スト並列2気筒SOHC2バルブ 248cc 24ps/8000rpm 2.2kg-m/6500rpm ■車重181kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=110/80-17 R=140/70-17 ●色:パールグレッシャーホワイトNo.2×パールネブラーブラッククリスタルブルーメタリック×パールネブラーブラック パールネブラーブラック トリトンブルーメタリックNo.2 ●価格:56万9800円/58万1900円[ワークスカラー] [写真タップで拡大]

スズキGSX250R
スズキGSX250R

[写真タップで拡大]

スズキGSX250R

【カラーバリエーション】黒/青×黒(白リムテープ)/白×黒(赤リムテープ)と、1万2100円高のワークスカラーのトリトンブルーメタリック(青リムテープ)の4色を用意。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

スズキ GSX250R|ライディングポジション

同クラスのYZF-R25やNinja250と比較するとやや前傾姿勢になり、ハンドル幅もタイトで適度なスポーティさが与えられている。とはいえ足着き性はなんら問題はなく、ステップもやや前寄りの低い位置にあるため疲れにくい。[身長174cm/体重63kg] [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

スズキ GSX250R|エンジン

水冷4ストローク並列2気筒エンジンはGSR250Fのユニットがベースだ。ロッカーアーム/ピストンリング/シリンダー/インテークバルブなどを改良し、力強いトルクを得た。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|マフラー

異型断面形状のマフラーでバンク角を確保、サウンドもスポーティだ。エギゾーストパイプとチャンバーの再設計で低速トルクの向上と中間加速のレスポンス改善が施されている。 [写真タップで拡大]

足まわり

スズキ GSX250R|フロントブレーキ
スズキ GSX250R|フロントフォーク

ブレーキはニッシンの片押し式2ピストンキャリパーとφ290mmのペタルディスクの組み合わせ。ABSを標準搭載する。フロントサスペンションはφ37mm正立フォークを採用する。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|リヤサスペンション
スズキ GSX250R|スイングアーム

リンクレス式リヤサスペンションを搭載。フロントシートを外す必要はあるが、7段階に調整が可能だ。スイングアームはスチールの角断面タイプを採用する。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|リヤ足まわり

リヤブレーキはφ240mmのディスクとニッシンの片押し式シングルピストンキャリパー。標準装着タイヤには、IRCのRX-01が採用されている。 [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ GSX250R|リヤまわり
スズキ GSX250R|フロントまわり

フロント/リヤまわりはGSX-R1000Rを彷彿とさせるシャープなデザインだ。ヘッドライトはハロゲンバルブとマルチリフレクターの組み合わせ、ポジションランプとテールランプはLEDを採用する。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|ディスプレイ

小型ディスプレイはフルLED。時計や平均燃費といった基本表示機能に加え、回転の上がりすぎを警告するRPMインジケーターも備える。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|タンク

15Lの燃料タンクは適度に絞り込まれ、ニーグリップが効きやすくコーナリング時の安定感に寄与する。 [写真タップで拡大]

スズキ GSX250R|シート

シートは前後に長くフロント/リヤともに余裕があるため、大柄なライダーがまたがっても窮屈さは感じないだろう。フロント側の前端はスリムにまとめてあり、足着きの良さに貢献している。 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX250R[2021 model]
SUZUKI GSX250R[2021 model]

車載工具を取り出すには、まずリアシート裏面に固定されているヘキサゴンでフロントシートの固定ボルトを外してアクセスする必要がある。工具ケースにはプラグレンチ、スパナ(10mm/12mm/14mm/17mm)、ドライバー(+/-)、ヘキサゴン、フックレンチが収納されている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース