カワサキ ヴェルシス1000SE [’22後期 新型バイクカタログ]:4気筒ロードツアラー

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月15日

カワサキ ヴェルシス1000SE 概要

Z1000用がベースの水冷並列4気筒エンジンを採用。アルミ製フレームで前後輪17インチ径を履く、オンロード完全重視のツーリングアドベンチャーだ。日本向けは、前後セミアクティブサスペンションを搭載した上級仕様のSEのみ。ショーワのスカイフックテクノロジーを採用し、6軸IMUと連動させることで、路面からの入力を瞬時に処理してライダーに余計なピッチングやショックなどが伝わらないよう制御する。

’21 カワサキ ヴェルシス1000SE

主要諸元

カワサキ ヴェルシス1000SE|エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

【’21 KAWASAKI VERSYS 1000SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 120ps/9000rpm 10.4kg-m/7500rpm ■車重257kg シート高820mm 21L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック ●価格:199万1000円 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキ ヴェルシス1000SE|ライディングポジション

リヤのプリロードを1人乗りに設定した状態。このクラスのアドベンチャーとしては標準的なライディングポジションだ。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

カワサキ ヴェルシス1000SE|エンジン
カワサキ ヴェルシス1000SE|クイックシフター

【直4らしい上質なフィーリング】Z1000を基とする1043cc水冷並列4気筒は120psを発揮。ライディングモードはロード/スポーツ/レインの3種類で、それぞれでトラクションコントロールと電子制御サスペンションを統合制御する。2500rpm以上で正しく作動するクイックシフターは、シフトアップ/ダウンの両方に対応する。 [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキ ヴェルシス1000SE|フロントまわり

ホイールは前後とも17インチで、ハンドリングの質はネイキッドに近い。ショーワ製のカートリッジ式φ43mm倒立式フォークを採用しており、左側のダイヤルでプリロードの調整が可能。 [写真タップで拡大]

カワサキ ヴェルシス1000SE|KECS
カワサキ ヴェルシス1000SE|スカイフックテクノロジー

【国産初のスカイフック】新型SEは、宙から吊り下げられているかのように車体重心が仮想直線に沿って進む、スカイフックテクノロジーを採用した電子制御サスペンションが用いられる。※写真は海外仕様 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ヴェルシス1000SE|クルーズコントロール

【クルーズコントロール標準】指針式回転計とフルカラーディスプレイを組み合わせた、スマホ接続可能なメーターを搭載。クルーズコントロールやクイックシフターも採用。※写真は海外仕様 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース