「ANY ROAD ANY TIME」なアドベンチャースタイル

カワサキ新型VERSYS(ヴェルシス)1000 SEは186万円で2/1発売

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

2018年11月のミラノショー(EICMA)にて発表され大きな話題を呼んだバイク・カワサキ VERSYS(ヴェルシス)1000シリーズの2019モデル。その日本国内発売が2月1日と発表された。上級グレードのSEが投入される。

「ANY ROAD ANY TIME」のコンセプトをもとに、さまざまな路面状況下においてストリートライディングの楽しさを提供するアドベンチャーモデル「VERSYS 1000 SE」。優れたレスポンスを発揮するオールラウンドな水冷4スト並列4気筒1043ccエンジンと、ロングストロークの電子制御サスペンションを組み合わせにより、快適なライディングを楽しむことができる。

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

このオートバイの最大の特徴は、ライディングの高揚感とツーリング性能を高める数多くの先進装備を搭載していること。ソロライディングでもタンデムライド+荷物フル積載でも、状況に合わせスマートフォンからも簡単にセッティング変更ができ、挙動変化を最小限に抑えるKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を筆頭に、ボッシュ社製IMU(慣性計測装置)、エレクトロニッククルーズコントロール、KCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)、KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)、KQS(カワサキクイックシフター)、等々が、スポーツライディングとツーリングの快適性の両立に寄与するだろう。

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

また、アドベンチャーモデルにふさわしいアクセサリーの数々も魅力のひとつだ。特に同時装着が可能なトップケース&パニアケースは高い積載能力を誇り、快適なロングツーリングをサポートしてくれる(本記事冒頭の写真参照)。

ボディカラーはエメラルドブレイズドグリーン×パールストームグレーの1色のみ。2019年2月1日に発売される。

車名VERSYS 1000 SE
全長×全幅×全高(mm)2,270×950×1,490(ハイポジション時1,530)
軸距(mm)1,520
シート高(mm)820
キャスター角(度)/トレール量(mm)27.00°/106
車両重量(kg)257
エンジン型式水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc)1,043
内径×行程(mm)77.0×56.0
圧縮比10.3
最高出力(ps/rpm)120/9,000
最大トルク(kgf・m/rpm)10.4/7,500
燃料タンク容量(L)21
変速機形式常噛6段リターン
ブレーキ前デュアルディスク
ブレーキ後シングルディスク
タイヤサイズ前120/70ZR17
タイヤサイズ後180/55ZR17
車両本体価格(税込)186万8400円

※情報提供:カワサキモータースジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019[…]

2019世界の新車総図鑑(カワサキ)
関連記事

カワサキは、ミラノショーで4台のニューモデルを発表。まずは3代目にモデルチェンジしたアドベンチャーモデルのVersys1000/SE(ヴェルシス1000/SE)を紹介しよう。 3代目は電子制御を充実さ[…]

001-10
WEBヤングマシン|最新バイク情報