「ANY ROAD ANY TIME」なアドベンチャースタイル

カワサキ新型VERSYS(ヴェルシス)1000 SEは186万円で2/1発売

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

2018年11月のミラノショー(EICMA)にて発表され大きな話題を呼んだバイク・カワサキ VERSYS(ヴェルシス)1000シリーズの2019モデル。その日本国内発売が2月1日と発表された。上級グレードのSEが投入される。

「ANY ROAD ANY TIME」のコンセプトをもとに、さまざまな路面状況下においてストリートライディングの楽しさを提供するアドベンチャーモデル「VERSYS 1000 SE」。優れたレスポンスを発揮するオールラウンドな水冷4スト並列4気筒1043ccエンジンと、ロングストロークの電子制御サスペンションを組み合わせにより、快適なライディングを楽しむことができる。

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

このオートバイの最大の特徴は、ライディングの高揚感とツーリング性能を高める数多くの先進装備を搭載していること。ソロライディングでもタンデムライド+荷物フル積載でも、状況に合わせスマートフォンからも簡単にセッティング変更ができ、挙動変化を最小限に抑えるKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を筆頭に、ボッシュ社製IMU(慣性計測装置)、エレクトロニッククルーズコントロール、KCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)、KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KIBS(カワサキインテリジェントアンチロックブレーキシステム)、KQS(カワサキクイックシフター)、等々が、スポーツライディングとツーリングの快適性の両立に寄与するだろう。

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

また、アドベンチャーモデルにふさわしいアクセサリーの数々も魅力のひとつだ。特に同時装着が可能なトップケース&パニアケースは高い積載能力を誇り、快適なロングツーリングをサポートしてくれる(本記事冒頭の写真参照)。

ボディカラーはエメラルドブレイズドグリーン×パールストームグレーの1色のみ。2019年2月1日に発売される。

車名 VERSYS 1000 SE
全長×全幅×全高(mm) 2,270×950×1,490(ハイポジション時1,530)
軸距(mm) 1,520
シート高(mm) 820
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27.00°/106
車両重量(kg) 257
エンジン型式 水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc) 1,043
内径×行程(mm) 77.0×56.0
圧縮比 10.3
最高出力(ps/rpm) 120/9,000
最大トルク(kgf・m/rpm) 10.4/7,500
燃料タンク容量(L) 21
変速機形式 常噛6段リターン
ブレーキ前 デュアルディスク
ブレーキ後 シングルディスク
タイヤサイズ前 120/70ZR17
タイヤサイズ後 180/55ZR17
車両本体価格(税込) 186万8400円

※情報提供:カワサキモータースジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 加藤大治郎と原田哲也の物語
  2. 大阪モーターサイクルショー2019
  3. 2019初夢スクープ
  4. 自二車は中型二輪に限る
  5. 岡崎静夏
  6. Moldel A(A型)
バイク王
Z900RS x STRIKER