カワサキ ヴェルシス1000SE[新型バイクカタログ]:並列4気筒のロードアドベンチャー

ヴェルシス1000SE 概要

Z1000用をベースとする水冷並列4気筒エンジンを、アルミ製フレームに搭載。前後17インチホイールを履いた、オンロード完全重視のツーリングアドベンチャーだ。

欧州仕様の’21年モデルでは、上級版となるSEの電子制御サスペンションが、ショーワのスカイフックテクノロジーを採用した新タイプにバージョンアップ。IMUと連動させることで、路面からの入力を瞬時に処理してライダーに余計なピッチングやショックなどが伝わらないよう制御する。また、これまでのスタンダードに代わり、充実の電子制御機構/コーナリングライト/自己修復機能がある塗装の採用などはSEそのままに、前後サスペンションを機械式としたSが設定された。

’21 ヴェルシス1000SE

カワサキ ヴェルシス1000SE|エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

【’21 KAWASAKI VERSYS 1000SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 120ps/9000rpm 10.4kg-m/7500rpm ■車重257kg シート高820mm 21L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック ●価格:199万1000円 ●発売日:’21年7月16日 ※写真は海外仕様 [写真タップで拡大]

カワサキ ヴェルシス1000SE|KECS
カワサキ ヴェルシス1000SE|スカイフックテクノロジー

【国産初のスカイフック】新型SEは、宙から吊り下げられているかのように車体重心が仮想直線に沿って進む、スカイフックテクノロジーを採用した電子制御サスペンションが用いられる。※写真は海外仕様 [写真タップで拡大]

カワサキ ヴェルシス1000SE|クルーズコントロール
[写真タップで拡大]

【クルーズコントロール標準】指針式回転計とフルカラーディスプレイを組み合わせた、スマホ接続可能なメーターを搭載。クルーズコントロールやクイックシフターも採用。※写真は海外仕様


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ヴェルシス1000SEに関連する記事

4気筒&17インチのアドベンチャーにスカイフックをプラス! カワサキ新型「ヴェルシス1000SE」登場

カワサキは、ニンジャ1000SX系の4気筒エンジンを搭載し、前後17インチホイールを履くアドベンチャーモデル「ヴェルシス1000SE(VERSYS 1000 SE)」に、新たにスカイフックテクノロジーを追加し、ニューカラーを採用して2021年モデルとして発売すると発表した。発売日は2021年7月16日だ。 SHOWA製の電子制御サスペンションにスカイフックテクノロジーを採用 カワサキは、ニンジャS […]

カワサキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉ヴェルシス1000SE/SE+

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー 最新潮流解説 YAMAHA:トレーサー9/GT|トレーサー7/GT|テネレ700 HONDA:NC750X/DCT|CRF1100Lアフリカツインシリーズ|VFR800X SUZUKI:Vストローム1050/XT|Vストローム650/XT KAWASAKI:ヴェルシス1000SE/SE+ ヴェルシス1000SE/SE+:リッター直4エンジ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス|日本車最新潮流解説〉

“高速ツアラー”としての安定性と”オフ性能”という二律背反の要素を、電子制御を使って高次元で両立させるアドベンチャータイプ。そのキャラクターは、オン寄りとオフ寄りでハッキリ分かれる。’20はオフ寄りのモデル刷新が目立ったが、’21年はオン系が台頭しそうな雰囲気だ。 大型アドベンチャー:最新装備がベーシックモデルへ波及 電子制御 […]

カワサキ新型ヴェルシス1000SEの電サスはショーワ製イーラ=スカイフック理論採用

独自理論で乗り心地極上。魔法のじゅうたん感覚 前後17インチの直4クロスオーバーという独自の地位を築くヴェルシス1000。’21モデルでは、スカイフックテクノロジーに基づく最新のショーワ製電子制御サスペンションを獲得した。’19年型から電子制御サスペンション仕様のSEを導入してきたが、新作はアルゴリズムを進化。”まるでバネ上を宙吊りしたように安定させる&#822 […]

カワサキ「ヴェルシス1000S/SE」が欧州で正式発表! 新サス装備のSEは日本にも

カワサキの4気筒+前後17インチホイールのクロスオーバーツアラー「ヴェルシス1000(Versys 1000)S/SE」の2021年モデルが欧州で正式発表された。すでに日本国内でもSHOWAの試乗会で車両に触れることはできたが、スペック等が明らかになるのはこれが初めて。 スカイフック採用のSE、スタンダードの位置付けのS カワサキは、「ANY ROAD, ANY TIME」をコンセプトに、Z100 […]

カワサキ「ヴェルシス1000 SE」新型発表! SHOWAのスカイフックサスペンションを初採用

カワサキは、高いスポーツ性と快適性を兼ね備える17インチアドベンチャーツアラー「ヴェルシス1000 SE」にショーワのスカイフックテクノロジーを採用した電子制御サスペンションを二輪車として初めて装備すると発表。2021年モデルとして2020年10月中旬より導入各国で順次発売する。 ロングストロークの電子制御サスペンションに“スカイフックテクノロジー”を新採用 カワサキは「ヴェルシス1000 SE( […]

’20新車バイク総覧〈大型アドベンチャー&オフロード|国産車#4/4〉スズキ カワサキ

オンもオフも、街乗りもロングツーリングもを楽しめるアドベンチャーモデルは、近頃特に勢いのあるカテゴリー。本ページでは全面刷新したスズキのVストローム1050/XTとその弟分・Vストローム650、カワサキのフラッグシップ・ヴェルシス1000SEの3台を紹介する。 スズキ Vストローム1050/XT:怪鳥のDNAを注入、快適性を高めつつオフテイストも強化 スズキのADV旗艦「Vストローム1000」は、 […]

2019新車走評:国産大型アドベンチャー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #09]

オンロードとオフロードの双方をカバーし、安楽な旅性能を持つアドベンチャー。国産勢は、トレーサーを筆頭に舗装路での巡航性能を重視したモデルがメインストリーム。ヴェルシスにジャンル初の電制サス仕様がデビューした。一方で、オフ指向のモデルも増殖中。アフリカツインが人気を博し、新作のテネレ700もオフに強いキャラだ。 高速クルーズ向きから本格オフまで選び放題 安楽なライポジと長いストロークのサスによる快適 […]

カワサキ2020年モデル VERSYS 1000 SE(ヴェルシス1000 SE)[ハイリーデュラブルペイントも使用]

ニンジャ1000/Z1000とパワーユニットを共有し、アドベンチャーとツアラーのクロスオーバーとして育まれたヴェルシス1000は、2020年モデルとしてカラー&グラフィックの変更を受ける。電子制御サスペンションなど充実の装備やスペックに変わりはない。 ロングストロークサスペンションでストリートからツーリングまで楽しめる クロスオーバー系のモデルとしては数少ない、並列4気筒エンジンを搭載するカワサキ […]

カワサキ ヴェルシス1000 SE試乗インプレッション【電脳化で上質さアップのプレミアムSUV!】

’12年にデビュー、’15年にフルモデルチェンジを実施した直4アドベンチャー「ヴェルシス1000 SE」が、’19年モデルで3代目へ。初の国内仕様をじっくりチェック! セミアクティブサスペンションのKECSやコーナリングライト、クイックシフターなどを標準装備する〝SE”は、ひたすらに従順で快適な正統派の脚長ツアラーだった。 (◯)ひたすらに従順で快適。正統派の脚長ツアラー 2気筒が王道 […]

カワサキ新型VERSYS(ヴェルシス)1000 SEは186万円で2/1発売

2018年11月のミラノショー(EICMA)にて発表され大きな話題を呼んだバイク・カワサキ VERSYS(ヴェルシス)1000シリーズの2019モデル。その日本国内発売が2月1日と発表された。上級グレードのSEが投入される。 「ANY ROAD ANY TIME」のコンセプトをもとに、さまざまな路面状況下においてストリートライディングの楽しさを提供するアドベンチャーモデル「VERSYS 1000 […]

カワサキ ヴェルシス/Zシリーズetc.の2019年モデルをチェック×7台

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではカワサキのヴェルシスシリーズ・Zシリーズ等の2019年モデル情報についてまとめた。 [新型]ヴェルシス100 […]

CBR650Rや新型W800など予想ほぼ的中【ヤンマシスクープ2018総決算#2】

  「バイク界の〇スポ」と栄誉ある称号をいただいているヤングマシン(略称ヤンマシ)は、妄想とガチスクープを虚実織り交ぜてお送りしているバイク雑誌。今年も多くのスクープで誌面を賑わせて(お騒がせして?)きた。そんな我々には、年越しの前にやらなきゃいけないことがある。それは、今年展開してきたスクープの総決算。大当たりも大懺悔もあらためて振り返ります。本稿は、スクープ内容と実際に発表されたマシ […]

カワサキ2019新型Versys1000/SEは、上級グレードに電サス投入

カワサキは、ミラノショーで4台のニューモデルを発表。まずは3代目にモデルチェンジしたアドベンチャーモデルのVersys1000/SE(ヴェルシス1000/SE)を紹介しよう。 3代目は電子制御を充実させ、走りを拡張 ヴェルシス1000は、Ninja1000/Z1000系の1043㏄並列4気筒エンジンを搭載したアドベンチャーモデル。そのエンジン型式や前後17インチのキャストホイールなどから、アドベン […]

【スクープ】2019新型ヴェルシス1000(Versys1000)は電サス採用か?!

11月6日のミラノショーでカワサキが発表する気配が濃厚なのが、新型ヴェルシス1000(Versys1000)。並列4気筒エンジンのクロスオーバーは珍しい存在だったが、今ではBMWが追随。それを振り切るモデルチェンジを実施しそうだ。 ライバルの存在を考えると電サス装備は必然か カワサキが誇る直4快速クロスオーバーのヴェルシス1000。情報筋によれば「’19モデルでフルチェンジを敢行する」 […]

【スクープ】カワサキの2019年新型モデルは何が出てくる?!

10月上旬にインターモトショーが終わったばかりだが、10月11日(現地)にはアメリカ、ラスベガスでAIMEXPO(AMERICAN INTERNATIONAL MOTORCYCLE EXPO)が開幕。そして11月6日にはEICMA(ミラノショー)が控えている。このタイミングでカワサキが打ち出したティザー広告には、10台ものニューモデルの登場が予告されているが、一体どんなモデルが発表されるのだろうか […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報