ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:ファイアーブレード30周年記念車が追加

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月8日

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ 概要

ホンダの最強スーパースポーツが’22モデルでマイナーチェンジ。最高出力218psはそのままに中速域の出力特性を変更したほか、ドリブンスプロケット丁数を3丁増やした43丁とし、各ギヤでより力強い加速力を手に入れた。電子デバイスはトラクションコントロールであるHSTCの制御を熟成。車体各部の剛性バランスも見直された。上級版のSPもあり、オーリンズ製の電子制御セミアクティブサスとブレンボ製ブレーキシステムを装備する。またこのSPには、初代ファイアーブレード’92 CBR900RR誕生から30周年を記念したグレードが新登場。特別カラーリングとタンク上面/スマートキー/サイレンサーに記念ロゴがあしらわれ、液晶メーターもキーオン時に特別仕様のムービーが表示される。トップブリッジにはシリアルナンバー入りだ。

’22 ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード 30thアニバーサリー

主要諸元

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード 30thアニバーサリー

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE 30th ANNIVERSARY】■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:パールグレアホワイト ●価格:283万8000円 ※受注期間終了 ※写真は欧州仕様(以下同) [写真タップで拡大]

主要装備

CBR1000RR-R ファイアーブレード|コックピット

30thアニバーサリーはコクピットからもトリコロールの特別感を味わえる配色。シリアルナンバーやスペシャルロゴが雰囲気を引き立てる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|液晶メーター

フルカラーTFT液晶メーターは、キーON時のオープニングムービーが30周年車専用となっており、所有感を高めてくれる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|トップブリッジ

トップブリッジにシリアルナンバーが刻印してあり、限定生産なのは確実。写真の“893”は初代の排気量と同じ数字だ。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|タンク

タンク上面には「1992-2022」と30周年を示す特別記念ロゴが施されるほか、スマートキーにも特別記念のロゴをプリント。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|シート

リヤシートも初代にちなんでブルーの表皮。初代のようにテールカウル上に「Fireblade」ロゴがないのがちょっと惜しい? [写真タップで拡大]

’22 ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

動力面やフレームなどの各部熟成が行われたほか、ニューカラーを採用。ベース色は’21と同じ黒と赤主体のトリコロールの2色設定だが、グラフィックが変更されている。また、SP標準装備となるクイックシフターは制御が最適化されている。

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:グランプリレッド マットパールモリオンブラック ●価格:278万3000円前後 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

【カラーバリエーション】SPの’22標準カラーは’21と同じ黒と赤主体のトリコロールの2色だが、グラフィックを変更。SP標準装備となるクイックシフターの制御ともども、エンジン/車体の各部に30周年記念車と同様の熟成を受けて進化している。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP
ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

オーリンズの第2世代スマートECシステムを採用した、電子制御セミアクティブサスペンションを前後に採用。3つの個別モードを備えて任意に切り替えられる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード SP|フロントまわり

SPはブレンボ製のブレーキを採用。フロントには最高級品のStylema、リヤにはRC213V-Sと同じキャリパーを使用することで、究極の制動力を追求した。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード[STD]

電子制御サスペンションの付かないスタンダードのRR-Rも、SP同様に出力特性やフレーム&スイングアームの剛性バランスが見直され、ニッシン製フロントキャリパーはピストン材質や表面処理がよりハードなブレーキに対応できるようになった。クイックシフターはオプションだ。

主要諸元

ホンダCBR1000RR-R ファイアーブレード

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE】■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●色:グランプリレッド ●価格:242万円 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

エンジン

CBR1000RR-R ファイアーブレード|エンジン

吸気ポート形状が変更されて触媒までの気流速度が早められ、中間域でのパフォーマンスを向上。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

エアボックスとエアファンネル形状の見直しも行われて、吸気速度の増加が徹底的に追及された。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード
ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

機械調整式のショーワ製サスペンションを採用するSTD。ブレーキキャリパーはフロントがニッシン製の4ポッドラジアルマウント、リヤはディスクとともにSPと同一の装備となっている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

リヤスプロケットの丁数を従来の40丁から43丁へと上げてショート化し、加速性能を最適化した。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズに関連する記事

F.C.C. TSR ホンダフランスが世界耐久選手権のチャンピオンに輝く! 4年ぶりのタイトル奪還

2022年シーズンの世界耐久ロードレース選手権(EWC)の最終戦、ボルドール24時間レースで、それまでランキング2位につけていた「F.C.C. TSR Honda France」が、逆転で年間チャンピオンを獲得した。2017-2018シーズン以来、4年ぶり2度目のタイトル獲得だ。 闘将 藤井正和監督率いる「F.C.C. TSR Honda France」が2度目の栄冠 「2回目のチャンピオン? 僕 […]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:ファイアーブレード30周年記念車が追加

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ 概要 ホンダの最強スーパースポーツが’22モデルでマイナーチェンジ。最高出力218psはそのままに中速域の出力特性を変更したほか、ドリブンスプロケット丁数を3丁増やした43丁とし、各ギヤでより力強い加速力を手に入れた。電子デバイスはトラクションコントロールであるHSTCの制御を熟成。車体各部の剛性バランスも見直された。上級版のSP […]

エーテックのカーボンパーツ”BLACK DIAMOND” より、一挙に3機種用がリリース

高品質なカーボン製品作りで知られ、“ブラックダイヤモンド”というブランド名を持つエーテックのパーツ群に、ホンダCBR1000RR-R、アプリリアRS660、カワサキZ650RSの3機種用が追加された。外装部品のリプレイスにとどまらず、独自形状のタンクカバーやアンダーカウル、キャリパーを冷却するダクトなどのオリジナル製品も含め、非常に多くの点数がラインナップされる。 カワサキZ650RS:新デザイン […]

Newモデルにペイントされるレジェンドカラーの由来って?

時代と共に変わってきたメーカーのイメージカラー バイクメーカーには、その名を聞けば思い浮かぶ代表的なイメージカラーがある。しかしヤマハは「イメージカラーといえば?」と聞かれて思い浮かぶカラーが、人や年代によって大きく異なる。 海外で発表されたXSR900は’80年代に世界GPで人気だったフランスヤマハのゴロワーズカラーを纏った。そうかと思えば真新しいXSR700は、長年GPマシンの純正カラーだった […]

初代オーナーも感涙!? CBR1000RR-R 30周年記念車と同カラーのライディングギア登場!

ホンダモーターサイクルジャパンは、2022年4月18日に受注期間限定で発売する「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」のカラーリングに合わせたライディングギアを発表した。また、3月10日に発売の「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」に合わせたCBRロゴ入りライディングギアも発売する。 30周年カラーは、期間限定受注生産モデルのヘルメット& […]

30周年車は期間限定!! ホンダ「CBR1000RR-Rファイアーブレード」2022年モデルが国内正式発表

ホンダは、リッタークラスのスーパースポーツ「CBR1000RR-R FIREBLADE」「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」の一部仕様を変更し、2022年モデルとして発売すると発表した。ファイアーブレード誕生30周年を記念した、初代CBR900RRカラーの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」も受注期間限定で発売する。 シリアルナンバ […]

30周年カラーのファイアーブレード! ホンダ「CBR1000RR-R」のBSB仕様がお披露目された

ホンダUKは、2022年のBennettsブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)とインターナショナルノースウエスト200、マン島TTレースに復帰するモチュールとの新たなスポンサー契約を締結したことを発表した。マシンは、ファイアーブレード誕生30周年を祝う初代CBR900RRのオマージュカラーに彩られていた! ホンダレーシングUKとモチュールがBSBと公道レースで新たなパートナーシップ ホンダ […]

岡崎静夏のホンダCBR1000RR-R SP試乗インプレ【高性能をモノにする挑戦は宇宙空間への冒険のよう】

本気でレースに勝つことを目的としたホンダCBR1000RR-R。サーキットで臆することなく颯爽とRR-R SPを操る姿は、さすがリアルレーシング女子! 岡崎静夏さんが現役全日本ライダーだということをあらためて認識させられた。 メインステージはサーキット。でも意外と乗りやすい街乗り CBR1000RR-R SPをお借りした初日。街乗りからスタートして、正直「無理!」と思いました。「通勤にRR-R S […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース