ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP[新型バイクカタログ]:歴代最強218psで頂点を目指す

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP[新型バイクカタログ]

CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP 概要

RRを超えた究極スーパースポーツを目指して”R”をさらにひとつ追加し、「RR-R」となったファイアーブレード。

全身にモトGPマシンRC213Vの技術を受け継ぎ、直4とV4の違いこそあれ同寸ボア×ストロークに設定されたエンジンは、チタンコンロッドやセンターラムエアも採用して218psという驚異的なパワーを発揮。車体も従来のユニットプロリンク式リヤサスペンションを取り止めて軽量な新フレームとなった。電子制御面の充実は言うに及ばず、カウルにも最新技術がフィードバックされており、ボックス型ウイングレットの生み出す強烈なダウンフォースがハイスピードコーナリングでの安定性を高めている。

上級版「SP」では、オーリンズ製の電子制御サスペンションとブレンボのスティレマキャリパーが装着されている。

’20 CBR1000RR-Rファイアーブレード

スタイリング

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|グランプリレッド マットパールモリオンブラック

【’20 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE】STDはショーワ製の機械式前後サスとニッシン製ラジアルマウントフロントキャリパーを装備。リヤブレーキはSPと共通だ。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 218ps/14500rpm 11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズ=F120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:グランプリレッド マットパールモリオンブラック ●価格:242万円 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|グランプリレッド
[写真タップで拡大]

STDのカラーバリエーションはグランプリレッドと艶消しブラックの2色。

パワーユニット

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|エンジン
ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|エンジン出力特性

【218psを叩き出す超ハイスペックエンジン】完全新設計となる直4エンジンはユーロ5に適合しつつNA直4最強の218psを発揮。RC213V-Sと同じ81×48.5mmにショートストローク化。最高出力発生回転数は従来比で1500rpm引き上げられている。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|カムシャフト
ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|高強度アルミ鍛造ピストン

[写真タップで拡大]

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|チタンコンロッド
[写真タップで拡大]

量産車ではRC213V-S以来となるDLCコーティングを施したカムシャフト、軽量なナットレスチタンコンロッド、RC213V-Sと同素材のアルミ鍛造ピストンなど、モトGPマシン直系の技術がふんだんに投入されている。

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|アクラポヴィッチマフラー
[写真タップで拡大]

【アクラポヴィッチが純正】アクラポヴィッチと共同開発したチタン製サイレンサーを標準装備。新開発のバルブストッパー式バタフライも備える。

シャーシ/足まわり

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|シャーシ
[写真タップで拡大]

【クイック&安定感ある操縦性を生む車体諸元】従来モデルに比べてホイールベース、スイングアーム長ともに延長。エンジン前後長短縮により車体重心位置も変更し、過度なピッチングを抑える。またキャスター/トレール角も増し、セルフステアが利きやすくなり安定性が高まっている。

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|フレーム
[写真タップで拡大]

【ダイヤモンドフレーム】縦剛性とねじれ剛性を高めながら、横剛性を落としている。モトGPのトレンドと同じコンセプトだ。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|スイングアーム
[写真タップで拡大]

【アルミ製スイングアーム】従来モデルより30.5mmも延長されている。安定感/安心感が高いのはこのスイングアームのおかげだ。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|リヤサスペンション
[写真タップで拡大]

【リヤサスペンションの上部をエンジンに締結】 ’04年型から採用し続けたユニットプロリンク式を変更。エンジンを強度部材として活用すべく、リヤサスペンション上部はブラケットを介してエンジンブロック後部に締結される。

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|電子制御サスペンション
[写真タップで拡大]

【電子制御サスペンション】公道とサーキット、極端に走りが違うどちらのステージでもニーズに応えてくれたのは、電制サスのおかげ。

ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|電子制御ステアリングダンパー
ホンダ CBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|電子制御ステアリングダンパー

【ショーワ製電子制御ステアリングダンパーを装備】クイックな応答性と耐キックバック性能を両立。1~3のレベル選択が可能で、車速や車体姿勢に応じ減衰特性を最適に制御。サーキットから街乗りまで幅広く対応する。ハンドリング操作感はあくまでも自然だ。※写真はSP [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|ヘッドライト
[写真タップで拡大]

【LEDヘッドライト】スリムなデザインながら迫力のあるLEDヘッドライト。ロー/ハイともに常時左右点灯する。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|ラムエアダクト
[写真タップで拡大]

【ラムエアダクト】フレッシュエアを積極的に取り込むラムエアダクトは、モトGPマシンRC213Vと同等の開口面積だそう。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|ウイングレット
[写真タップで拡大]

【ウイングレット】ダウンフォースを効果的に発生し、ウイリーを抑え制動時の安定性を高める。高速コースほど利くはず。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|メーター
[写真タップで拡大]

【フル液晶メーター】フルカラーTFT 液晶メーターは、5インチの大画面。タコメーターはバー式やアナログ式など好みに応じた表示選択ができるようになっている。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|メインスイッチ
[写真タップで拡大]

【メインスイッチ】メインスイッチはカウル内部の左側に。キーシリンダーを廃して、吸気効率を高めている。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|シート
[写真タップで拡大]

【シート】シートレールから見直し、後ろまわりをよりコンパクトに。旋回中のホールド感もバッチリ。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|テールランプ
[写真タップで拡大]

【LEDテールランプ】レーシングイメージを損なわないコンパクトさでも、十分な被視認性の高さを確保している。※写真はSP

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|スマートキー
ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|スマートキー

【スマートキー】キーを持っていればオン/オフやハンドルロックが可能。トップブリッジもシンプルに。※写真はSP [写真タップで拡大]

’20 CBR1000RR-RファイアーブレードSP

スタイリング

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|スタイリング

【HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP】■全長2100 全幅745 全高1140 軸距1455 シート高830(各mm) 車重201kg ■水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブ999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm 6段リターン 燃料タンク容量16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17M/C R=200/55ZR17M/C ●色:グランプリレッド ●価格:278万3000円 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|スタイリング

全身が”勝つための装備”で固められたCBR1000RR-R。車体も空力特性を優先事項としてデザインされている。SPはオーリンズ製電子制御サスペンションなどを装備。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|グランプリレッド
[写真タップで拡大]

車体色はグランプリレッドの1色。

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|ディスクブレーキ
[写真タップで拡大]

SPは前後にオーリンズ製の電子制御サスペンションを装備。

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|フロントサスペンション
ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|リヤサスペンション

SPのブレーキは前後ディスク/キャリパー/レバーまでブレンボ製。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR1000RR-RファイアーブレードSP|クイックシフター
[写真タップで拡大]

【クイックシフター】今やスポーツバイクのスタンダードになりつつある。SPに標準装備。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CBR1000RR-Rファイアーブレード/SPに関連する記事

限定30周年カラー!! ホンダ新型「CBR1000RR-R/SP」登場、パワー特性もリファイン

ホンダは欧州で「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を発表した。最高出力218ps/14500rpmはそのままに、コーナー中間からの加速を改善するために吸気まわりを改善。最終減速比もショート化したほか、シフターやトラコンもリファインされた。そして何よりのニュースは、CBR900RRファイアーブレードの初登場から30周年を祝うアニバーサリーカラーの採用だ。 1992年の初代“馬場ブレー […]

CBR1000RR-Rに初代の白トリコロールが来る?!〈YM未来予想:ホンダCBR-RRシリーズ30周年記念モデル〉

ホンダが世界に衝撃を与えた初代CBR900RR。そのCBR-RRシリーズ誕生30周年を祝し、懐かしのカラーをまとうCBR1000RR-Rが登場する見込みだ! ベースの’22モデルはマイナーチェンジも実施?! 言わずと知れたホンダの最高峰スポーツ・CBR1000RR-R。CBR1000RRが’20で全面刷新を遂げ、車名に「R」を追加。国産スーパースポーツ最強の218psを誇る […]

出たぞBMWブランド最高峰! M1000RR vs CBR1000RR-R/S1000RR〈#2 サーキットテスト編〉

BMWの4輪スポーツ最高峰モデルに与えられる「M」の称号を冠したスペシャルマシンが、2輪としては初登場した。スーパーバイク世界選手権への参戦も担うこととなったこのM1000RRの実力を、CBR1000RR-RとS1000RRを相手に全開テスト。ディテール徹底比較編に続き、サーキットテスト走行の結果&インプレッションをお届けする。 スーパーバイク戦争の最前線に、BMWも最強版を投入だ! 1000cc […]

〈動画〉428万円のエムセン!!【BMW M1000RR】200馬力超えの直4 ガチ比較!

BMWの「M」は、4輪好きなら誰もが一目置く珠玉のメーカー謹製チューンドモデル。その名を冠した初の2輪がM1000RRだ。SBK参戦ウエポンとして徹底的にエンジンに手を入れ、車体関係も各部をリファイン、カーボンホイールや巨大ウイングレットまで奢った超エボリューションモデルの走りは果たして? サーキット&公道でベースモデルのS1000RR、さらに現行SS最強モデルのCBR1000RR−Rと徹底比較を […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

【動画】その差は2秒872! ホンダ「CBR1000RR-R」ノーマル車とスーパーバイクマシンが対決

“スーパーバイクのホモロゲーションマシン”という謳い文句は、多くのスーパースポーツ乗りにとって魅惑的だ。でも、実際にワークスマシンと市販車にどの程度の違いがあるのか、直接比較で試す機会はほとんどない。ホンダイタリアはこの問いに対し、ホンダレーシングUKの協力を得てタイムアタックを敢行した。 ブリティッシュスーパーバイク仕様 vs CBR1000RR-RファイアーブレードSP ホンダが誇るスーパース […]

ヨシムラ SERT Motulが世界耐久選手権 開幕戦「ル・マン24時間」を完全制覇!

フランスのル・マンで2021年6月12日から13日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第1戦「ル・マン24時間耐久レース」において、昨シーズンのチャンピオンチームにヨシムラが合流した最強チーム「ヨシムラSERT Motul」が、2位に8周差をつける855周で完勝した。 最終戦鈴鹿8耐(11月7日)を目指し、「2021 FIM世界耐久選手権」開幕戦で躍動 バイクの耐久ロー […]

【マジカルレーシング×CBR1000RR-R】ブレーキキャリパーダクトでMotoGPマシンの雰囲気を味わおう!

“操る悦び”を支えるボディパーツに最新トレンドを投入 2020年、ついに“R”の文字を追加したCBR1000RR-Rがホンダから誕生。「操る悦び=トータルコントロール」というコンセプトを守りつつ、主戦場をサーキットに向けた意欲作だ。そのRR-Rの戦闘力をさらに高めるパーツをマジカルレーシングが製作。 前後フェンダーやアンダートレイといったボディパーツに加え、今回は新登場の「キャリパークーリングエア […]

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:総合部門【’20年の顔=ZX-25Rが大差でデビュー勝利!】

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ナンバー1を選ぶガチ企画だ。ヤングマシン読者2239名が選んだ’20モデルの人気ランキングやいかに? さっそく、排気量/ジャンル不問・全276車から頂点を決める総合部門から発表。久々に登場した”ニーゴー直4″のカワサキ ニンジャZX-25Rが圧倒的支持を受 […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈ホンダCBR1000RR-R SP〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシン メンバーズ」では、会員の方々からリアルな愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では”バイクが人生の添加材”さんの愛車・’20ホンダCBR1000RR-R SPを紹介しよう。 RR-Rの”本気” に惹かれて 「まわりのバイク仲間の影響で再度スーパースポーツに乗りたくなりました。そ […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

「獲るべきは、世界一」’20EWCルマン24時間優勝・TSR藤井正和総監督インタビュー〈後編〉

「やっぱり”世界一”ってのは違うね」 F.C.C. TSRホンダフランス総監督・藤井正和氏は笑った。一度味わってしまった美酒の味は、もう決して忘れることはできない。再び、あの場所に立つ。そのためにすべてを投じる。それが藤井氏の生きざまだ。〈インタビュー後編〉 ルマン24時間で2勝目を挙げたTSR「耐久レースは人生」 〈前編より続く〉 「CBR1000RR-Rには、ホンダの本気を感じたんです。エンジ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

「獲るべきは、世界一」’20EWCルマン24時間優勝・TSR藤井正和総監督インタビュー〈前編〉

「やっぱり”世界一”ってのは違うね」 F.C.C. TSR Honda France総監督・藤井正和氏は笑った。一度味わってしまった美酒の味は、もう決して忘れることはできない。再び、あの場所に立つ。そのためにすべてを投じる。それが藤井氏の生きざまだ。〈インタビュー前編〉 “鈴鹿8耐開催中止”に日本という国の姿を見る ’20年を迎えるにあた […]

ネモケン&宮城光が快走……日本勢の最強モデルとなったホンダ「CBR1000RR-R SP」

“サーキットで本領発揮するマシン”であるホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」の、普段は注目されにくい低回転域パフォーマンスに、ネモケンこと元WGPライダーの根本健がフォーカス。その完成度は並外れて高かった! ツーリングペースでも最新電子制御で快感ライディング! 「サーキットで本領発揮するマシン」の謳い文句どおり、高速コーナリングでも旋回する軌跡が膨らまずに曲がり続けるパフォー […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
WEBヤングマシン|最新バイク情報