第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:ファイアーブレード30周年記念車が追加

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月8日

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレードシリーズ 概要

ホンダの最強スーパースポーツが’22モデルでマイナーチェンジ。最高出力218psはそのままに中速域の出力特性を変更したほか、ドリブンスプロケット丁数を3丁増やした43丁とし、各ギヤでより力強い加速力を手に入れた。電子デバイスはトラクションコントロールであるHSTCの制御を熟成。車体各部の剛性バランスも見直された。上級版のSPもあり、オーリンズ製の電子制御セミアクティブサスとブレンボ製ブレーキシステムを装備する。またこのSPには、初代ファイアーブレード’92 CBR900RR誕生から30周年を記念したグレードが新登場。特別カラーリングとタンク上面/スマートキー/サイレンサーに記念ロゴがあしらわれ、液晶メーターもキーオン時に特別仕様のムービーが表示される。トップブリッジにはシリアルナンバー入りだ。

’22 ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード 30thアニバーサリー

主要諸元

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード 30thアニバーサリー

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE 30th ANNIVERSARY】■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:パールグレアホワイト ●価格:283万8000円 ※受注期間終了 ※写真は欧州仕様(以下同) [写真タップで拡大]

主要装備

CBR1000RR-R ファイアーブレード|コックピット

30thアニバーサリーはコクピットからもトリコロールの特別感を味わえる配色。シリアルナンバーやスペシャルロゴが雰囲気を引き立てる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|液晶メーター

フルカラーTFT液晶メーターは、キーON時のオープニングムービーが30周年車専用となっており、所有感を高めてくれる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|トップブリッジ

トップブリッジにシリアルナンバーが刻印してあり、限定生産なのは確実。写真の“893”は初代の排気量と同じ数字だ。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|タンク

タンク上面には「1992-2022」と30周年を示す特別記念ロゴが施されるほか、スマートキーにも特別記念のロゴをプリント。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード|シート

リヤシートも初代にちなんでブルーの表皮。初代のようにテールカウル上に「Fireblade」ロゴがないのがちょっと惜しい? [写真タップで拡大]

’22 ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

動力面やフレームなどの各部熟成が行われたほか、ニューカラーを採用。ベース色は’21と同じ黒と赤主体のトリコロールの2色設定だが、グラフィックが変更されている。また、SP標準装備となるクイックシフターは制御が最適化されている。

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:グランプリレッド マットパールモリオンブラック ●価格:278万3000円前後 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

【カラーバリエーション】SPの’22標準カラーは’21と同じ黒と赤主体のトリコロールの2色だが、グラフィックを変更。SP標準装備となるクイックシフターの制御ともども、エンジン/車体の各部に30周年記念車と同様の熟成を受けて進化している。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP
ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP

オーリンズの第2世代スマートECシステムを採用した、電子制御セミアクティブサスペンションを前後に採用。3つの個別モードを備えて任意に切り替えられる。 [写真タップで拡大]

CBR1000RR-R ファイアーブレード SP|フロントまわり

SPはブレンボ製のブレーキを採用。フロントには最高級品のStylema、リヤにはRC213V-Sと同じキャリパーを使用することで、究極の制動力を追求した。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード[STD]

電子制御サスペンションの付かないスタンダードのRR-Rも、SP同様に出力特性やフレーム&スイングアームの剛性バランスが見直され、ニッシン製フロントキャリパーはピストン材質や表面処理がよりハードなブレーキに対応できるようになった。クイックシフターはオプションだ。

主要諸元

ホンダCBR1000RR-R ファイアーブレード

【’22 HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE】■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.5kg-m/12500rpm ■201kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●色:グランプリレッド ●価格:242万円 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

エンジン

CBR1000RR-R ファイアーブレード|エンジン

吸気ポート形状が変更されて触媒までの気流速度が早められ、中間域でのパフォーマンスを向上。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

エアボックスとエアファンネル形状の見直しも行われて、吸気速度の増加が徹底的に追及された。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード
ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

機械調整式のショーワ製サスペンションを採用するSTD。ブレーキキャリパーはフロントがニッシン製の4ポッドラジアルマウント、リヤはディスクとともにSPと同一の装備となっている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード

リヤスプロケットの丁数を従来の40丁から43丁へと上げてショート化し、加速性能を最適化した。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース