第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ CBR1000RR-R FIREBLADE SP ディテール解説【スペックを落とさず新規制に対応】

ホンダが誇るスーパースポーツのトップエンド、CBR1000RR‐Rファイアーブレードがマイナーチェンジ。厳しさを増す排出ガス規制に対応しながらもスペックを下げず、加速とレスポンスをいっそう向上。本記事では、CBRが掲げる「トータルスポーツ」の進化を、車両ディテールから明らかにする。


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司) ●写真:山内潤也 ●外部リンク:ホンダ



’22 ホンダ CBR1000RR-R FIREBLADE SP

主要諸元

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

【HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP】■全長2100 全幅745 全高1140 軸距1460 シート高830 車重201kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 218ps/14500rpm 11.5kg-m/12500rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●価格:278万3000円 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

フロントカウルのゼッケンベースがブラックからホワイトに変わったのが、前モデルとの識別点。ベース両脇のグラフィックはホワイトからブルーに変更。リヤビューは前モデルと違いナシで、アクラポヴィッチのサイレンサーも同一。エキゾーストパイプは集合部の形状と触媒の構造を変更して排気抵抗を最適化。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

【SP|グランプリレッド】 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

【SP|マットパールモリオンブラック】 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE

【STD|グランプリレッド 】オーリンズの電子制御サスペンション&ブレンボ製ブレーキ装備のSPはグランプリレッドと、黒の2色をラインナップ。STDはグランプリレッドのみに。●価格:242万円 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

シート高は830mmで、両足のツマ先の腹がしっかり接地する。ハンドルが開き気味の設定なので強い前傾姿勢を強制され、街中やツーリングならもう少し絞った方がラクな印象。[身長168cm/体重61kg] [写真タップで拡大]

エンジン

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

吸気ポートの一部を絞り、吸気流速を上げて充填効率をより高めることで中速域の加速を向上。エアクリーナー底面やインテークファンネルの形状を最適化して吸気の流れをスムーズにし、スロットルのリターンスプリング荷重を低減させて操作における応答性を向上させた。 ※写真は’20 [写真タップで拡大]

足まわり

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

SPのフロントはブレンボのSTYLEMAキャリパーを奢り、φ330mmディスクをセット。フロントフォークはオーリンズの電子制御NPX。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

SPのリヤブレーキはRC213V-Sと同じブレンボ製ブレーキキャリパーを装備。テスト車のタイヤはピレリのディアブロスーパーコルサSP。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

ドリブンスプロケットを前モデルの40Tから43T(2次減速比2.500→2.687。ドライブスプロケットは16Tで変更なし)に変更して、中速域の加速性能を向上。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

SPはオーリンズ製電子制御TTX36リヤサスペンションを装備。フロントと合わせ、第2世代のオーリンズスマートECシステムで緻密に制御される。 [写真タップで拡大]

主要装備

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP
HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

カラーTFTディスプレーは、タコメーター(アナログ風/バー)やラップタイムなど多彩な表示が可能。ハンドルの開き角はスポーツ走行の攻めのポジションに合わせた広めの設定。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

燃料タンク容量は16L。燃費は60km/h定地燃費が21km/L→22km/Lに向上し、WMTCモード値が16km/L→15km/Lに低下。排ガス対策と減速比変更の影響だろう。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP

シート高は830mmで前方が細く絞られている。シートカウルは伏せたライダーの背面から後方に空気がスムーズに流れる形状を追求し、走行抵抗を低減する。 [写真タップで拡大]

30周年限定モデルはすでに受注期間終了

CBR1000RR-Rは「Total Control for theTrack ~サーキットで本領発揮するマシン」をコンセプトに掲げるが、『トータルコントロール』の考え方は’92 年に欧州で発売した初代CBR900RRから、歴代のFIREBLADEシリーズで一貫してホンダがスーパースポーツモデルで追求してきたテーマだ。

そして今回のマイナーチェンジはCBR900RR登場から30年の節目であり、それを記念してCBR1000RR-R SPをベースに30周年モデルをリリース。車体カラーは「パールグレアホワイト」を採用し、初代CBR900RRを彷彿させるトリコロールのグラフィックを纏う。タンク上面やスマートキー、そしてメーターの起動画面にも30周年の記念マークが表示される。

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary

【CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary】●価格:283万8000円(受注は4月17日で終了) [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース