CBR1000RR-Rに初代の白トリコロールが来る?!〈YM未来予想:ホンダCBR-RRシリーズ30周年記念モデル〉

YM未来予想:ホンダCBR-RRシリーズ30周年記念モデル

ホンダが世界に衝撃を与えた初代CBR900RR。そのCBR-RRシリーズ誕生30周年を祝し、懐かしのカラーをまとうCBR1000RR-Rが登場する見込みだ!

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

ベースの’22モデルはマイナーチェンジも実施?!

言わずと知れたホンダの最高峰スポーツ・CBR1000RR-R。CBR1000RRが’20で全面刷新を遂げ、車名に「R」を追加。国産スーパースポーツ最強の218psを誇る。

その元祖は’92年に生まれた初代CBR900RRだ。大排気量巨艦が全盛だった時代に、圧倒的な軽さと適切な排気量+パワーで、大型クラスに”スーパースポーツ”というジャンルを開拓。現在までシリーズは代を重ね、脈々と牙を研ぎ続けてきた。

’12年の誕生20周年には、海外で特別仕様が設定されたものの、国内は記念ステッカーを貼付のみ、というややサミシイ内容だった。だが、’22年の30周年にはスペシャルな記念カラーがキッチリ用意されるとのウワサだ。

その車体色とは、初代900RRSC28をオマージュした白ベースのトリコロールになる模様。初代には白と黒が存在したが、やはり象徴的なのは白だろう。このカラーは、ハケで塗ったタッチの”ブラッシュパターン”も特徴だが、記念カラーではアレンジされると予想。ちなみにRR-Rとしてはデビュー以来初の新色となる。

しかもカラーだけで終わらない。登場3年目を迎えた’22年型では、吸排気系などを変更し、中低速域の出力特性を一段と向上させるらしい。なお最高出力などのスペックは不変だろう。

’22RRRは、偉大なる30年の歴史を感じさせながら、よりパフォーマンスを極めたモデルになるハズだ。

ホンダ歴代CBR-RRシリーズ

[写真タップで拡大]

'92ホンダCBR1000RRファイアーブレード
'92ホンダCBR1000RRファイアーブレード|馬場忠雄氏

【’92 HONDA CBR900RR FIREBLADE:馬場忠雄氏が生んだキレッキレの衝撃作】大型SSの元祖=初代の開発リーダーは、レーサー上がりのエンジニア=馬場忠雄氏。時代に抗ってキレのあるハンドリングを追求し、世界中で絶賛された。’99年型までのアッパーの”穴”が馬場ブレードの証だ。 [写真タップで拡大]

'92ホンダCBR1000RRファイアーブレード|ピストン
'20ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|ピストン

【ピストン】写真左が’92、右が’20モデル。初代のボアは70mmに対し、現行は81mm。現行型はRC213V-Sと同じ素材で鍛造し、超軽量&コンパクトだ。スカート部にコーティングも施す。 [写真タップで拡大]

'92ホンダCBR1000RRファイアーブレード|エアロダイナミクス
'20ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|エアロダイナミクス

【エアロ:すべての性能が別物に】写真左が’92、右が’20モデル。排気量や車名を変えながら、30年研鑽を続けたCBR-RRシリーズ。RR-Rは乾燥重量ならおそらく初代より軽く、最高出力を100ps近く上乗せした計算に! パワーウエイト比は、乾燥重量の初代が1.49なのに対し、RR-Rは装備重量でも0.92と圧倒。それでも”トータルコントロール”のテーマは初代から一貫している。ちなみに初のRRは’88CBR400RR。今回は大型CBR-RRの30周年記念だ。 [写真タップで拡大]

'92ホンダCBR1000RRファイアーブレード|コックピット
'20ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|コックピット

【コックピット】写真左が’92、右が’20モデル。初代は、当時のレーサーを思わせるスポンジマウントのアナログ3眼メーター。現行型はフルカラーTFT液晶メーターで、表示モードも変更できる。さらにトラクションコントロールなど満載した電脳もメーターで調整可能だ。まさに隔世の感。 [写真タップで拡大]

合わせてエンジンの熟成も図られる!?

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|エンジン出力特性

【吸排気系変更で218psを維持したまま中速域を強化】新型ではエアクリーナーボックスやマフラーなどの変更で低中速域パワーを増強する模様。実測パワーカーブでは2500〜5000rpmで落ち込み(グラフの黄色ゾーン)があり、これを解消するのが目的か? ※計測:EGUKEN Garage [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|エンジン
ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード|マフラー

モトGPマシンの技術やセミカムギアトレインなどのハイメカを盛り込んだ心臓部。マフラーは純正でアクラポヴィッチ製だ。新型は熟成されるだろうが、おそらくスペックは変わらないハズ。 [写真タップで拡大]

YM未来予想:’22 ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP 30thアニバーサリー

'22 ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP 30thアニバーサリー[予想モデル]

【’22 HONDA CBR1000RR-R Fireblade SP 30TH ANNIVERSARY|予想モデル[左]】初代ロスホワイトをイメージした記念カラーをまとうRR-R。サイドのロゴは初代の「CBR」に対し「RR-R」になるか?●予想価格:280万円前後 ●予想発表時期:’21年11月 [写真タップで拡大]

'22 ホンダCBR1000RR-RファイアーブレードSP 30thアニバーサリー[予想モデル]
[写真タップで拡大]

20周年の’12モデルでは、タンクに記念ステッカーを貼付。これを元に”30周年”にしてみた。また当時、20周年サイトが開設されたが、今回も期待! ※写真はイメージCG


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報