トリコロール、フレンチブルーほか|RIDE HI

Newモデルにペイントされるレジェンドカラーの由来って?

●記事提供: ライドハイ編集部

時代と共に変わってきたメーカーのイメージカラー

バイクメーカーには、その名を聞けば思い浮かぶ代表的なイメージカラーがある。しかしヤマハは「イメージカラーといえば?」と聞かれて思い浮かぶカラーが、人や年代によって大きく異なる。

海外で発表されたXSR900は’80年代に世界GPで人気だったフランスヤマハのゴロワーズカラーを纏った。そうかと思えば真新しいXSR700は、長年GPマシンの純正カラーだった白と赤。こちらはそれこそ’60年代から受け継がれているカラーリングで、お馴染みのファン層はグッと広い。加えて過去に何度も登場している、マニアはヤマハのインターカラーと呼ぶ黄色に黒のストロボ・ストライプも、いくつかの機種でペイントされてきた。


※本記事は”ライドハイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ホーム【Q&A】「ネイキッド」って、ゼファーからじゃないの? 一大ブームとなった90年代400ccネイキッドを紹介!【バイクトリビア009】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース