第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

RR-R、RS660、そしてZ650RSと点数超豊富!

エーテックのカーボンパーツ”BLACK DIAMOND” より、一挙に3機種用がリリース

高品質なカーボン製品作りで知られ、“ブラックダイヤモンド”というブランド名を持つエーテックのパーツ群に、ホンダCBR1000RR-R、アプリリアRS660、カワサキZ650RSの3機種用が追加された。外装部品のリプレイスにとどまらず、独自形状のタンクカバーやアンダーカウル、キャリパーを冷却するダクトなどのオリジナル製品も含め、非常に多くの点数がラインナップされる。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:エーテック

カワサキZ650RS:新デザインのビキニカウル“スティングレー”

Z650RS用として展開されるのは、サイドカバーやテールカウル、ラジエターカバー、フレームガードやスプロケットカバー、メーターカバーといった純正パーツとリプレイスするパーツに加えて、ノーマルには装備されないアンダーガード、ビキニカウルといった製品も設定。

特にビキニカウルは同社の新デザインで、両サイドに配したスポイラーがスポーティ(これをエイのヒレに見立て“スティングレー”と命名される)。フロントフェンダーはノーマルデザインに加え、タイヤを覆う面積を大きく取ってレトロ感を増したデザインも設定。丸型のミラーも新形状だ。

また、ラジエターコアガードやアクスルスライダー類、レバーガード、フォークガード、タンクパッド、フェンダーレスキットといった定番パーツ類も含め、非常に多くの製品がラインナップされる。他と差別化を図りたいZ650RSオーナーはエーテックのWEBサイトに注目だ。

エーテック|Z650RS

A-TECH Z650RS [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

A-TECH Z650RS [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

ビキニカウルSPL「スティングレー」(1万8700円〜2万9700円):ライトの両サイドをスポイラー状に成形した新デザインを採用。Z900RSなどの他機種用も展開予定とのこと。 [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

純正メーター用アウターカバー(4万1800円〜5万160円):純正のメーターカバーに置き換えて使用。ドライカーボン製で4種の模様を設定する。 [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

サイドカバーL側(2万900円〜。R側も同価格):FIのカバーとサイドカバーを一体でカーボン化。多数のカーボン模様違いに加え、リーズナブルなFRP製もラインナップ。FIカバー部のみカーボン化するパーツや左右セットもあり。 [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

サイドインナーカバーL側(1万7820円〜。R側も同価格):サイドカバーを装着すると隠れてしまう内部パーツに至るまでカーボン化。サイドカバー同様にFRP製や左右セットもあり。 [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

フロントフェンダーSPL(2万7500円〜)。ノーマルよりもタイヤを覆う面積を増やしてレトロ感を演出。ノーマル同形状(車両全体写真を参照。同価格)も設定され、両者ともカーボンの模様違いやFRP製が用意される。 [写真タップで拡大]

エーテック|Z650RS

レギュレーターカバー(1万8260〜)やフロントフレームカバー(片側6600円〜。左右セットあり)、ラジエターカバー(片側6600円〜。左右セットあり)など、細部までカーボンパーツを設定。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR1000RR-R:ほぼ全パーツをカーボン武装!

こちらはカウリング類のみならず、フレームやスイングアーム/シートレールのカバー、ミラーやメーターカバーといった細部、さらにはRR-R外装の最大の特徴と言えるダクトウイング内の羽根までもカーボン化することで、フルカーボンアーマーな1台にドレスアップが可能だ。

加えて形状変更でニーグリップ性能をより高めるタンクカバー、ブレーキキャリパーの冷却ダクト、ラジエターガードなどの機能パーツもラインナップ。スクリーンも2タイプの形状に加え、カラーやベース部の素材(FRPとカーボン。後者はその織り方の違いなど)で、実に多種多様な選択肢を用意する。

エンジンガードやFRP製ゼッケンプレート、シングルシートカウル(小物入れ付き)やシートベースなど、サーキットユース向け製品もラインナップされ、ストリートからクローズドコースまで幅広いユーザーに対応している。

エーテック|CBR1000RR-R

A-TECH CBR1000RR-R [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R

A-TECH CBR1000RR-R [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R|サイドウイング
エーテック|CBR1000RR-R|サイドウイング

サイドウイング(左右セット。3万8500円〜)純正と同形状で、純正カウル/エーテック製カウルを問わず装着可能。ドライカーボン製法で、カーボン模様は4タイプを設定する。 [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R|フロントブレーキ冷却ダクト

フロントブレーキ冷却ダクト(左右セット。6万500円〜)ブレーキキャリパーに走行風を導き、高温になるのを抑止。取り付けステー類も同梱。ドライカーボン製法で4タイプあり。 [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R|タンクカバー タイプR

タンクカバー タイプR(5万5000円〜)後端部を80mm伸ばしてホールド製を向上(ノーマル形状もあり)。ドライカーボン製の4タイプ。FRP製(2万7500円)も設定する。 [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R|ストリート用シートカウルSPL

ストリート用シートカウルSPL(16万5000円〜)カウル本体/下側/小物入れフタの計3点で構成。純正シート&テールランプに対応する。ドライカーボン製4タイプでFRP製も設定(5万2800円) [写真タップで拡大]

エーテック|CBR1000RR-R|マフラーヒートガードSPL

マフラーヒートガードSPL(3万3000円〜)純正のヒートガードよりも広範囲をガードできるオリジナル形状。ドライカーボン製4タイプを設定する。 [写真タップで拡大]

アプリリアRS660:レース用FRPカウルセットも

アプリリアのミドルSS・RS660用のブラックダイヤモンドは、前後フェンダー(フロントは2形状を設定)やフレームヒートガード、タンクパッド、スクリーン、スクリーンインナーパネルなどを設定。常に目につくメインキーまわりをドレスアップできるタンクフロントカバーなど、ポイント的にカーボンを配してドレスアップを狙うのに効果的なラインナップだ。

とはいえ、純正カウルに対応しつつオイルトレー形状とされてレース使用も可能なアンダーカウルや、純正カウルに被せて使用するゼッケンプレート、7点から構成されるFRP製フルカウルセットなど、RS660を本格サーキット仕様とするためのレーシングパーツも設定される。

エーテック|RS660

A-TECH RS660 [写真タップで拡大]

エーテック|RS660

A-TECH RS660 [写真タップで拡大]

エーテック|RS660|タンクフロントカバー

タンクフロントカバー(1万1000円〜)純正と同形状。平織/綾織/カーボンケブラーに加え、FRP製(5500円)も設定。 [写真タップで拡大]

エーテック|RS660|フロントフェンダー

フロントフェンダーSPL(2万7500円〜)上部にダクトを配して走行風をラジエターに導入し、さらにインナーチューブも保護するオリジナル形状。純正形状もラインナップあり。 [写真タップで拡大]

エーテック|RS660|アンダーカウル

アンダーカウルSPL(6万6000円〜)純正カウルに装着可能で、純正マフラー/サイドスタンドが装着化。オイルトレー形状でレース使用にも対応する。FRP製もあり(4万9500円)。 [写真タップで拡大]

エーテック|RS660

レース用フルカウルSPL 7点セット(11万円)アッパー〜サイド〜アンダーまで、フロント部一式のセット。写真の車両が装着するレース用シートカウルSPL 3点セット(7万1500円)とともにFRP製だ。 [写真タップで拡大]

カーボンの織模様が選択可能。リーズナブルなFRP製品も

この3機種用に限らず、エーテック製品の多くはFRP製とカーボン製が用意されており、さらにカーボン製は平織/綾織/カーボンケブラーの3種類とそれらのドライカーボン仕様が、さらにが大きめのチェッカー模様を持つ開繊(かいせん)ドライカーボン仕様も選択できるなど、非常に豊富なラインナップも特徴だ。

エーテック|平織り

平織カーボン [写真タップで拡大]

エーテック|綾織

綾織カーボン [写真タップで拡大]

エーテック|カーボンケブラー

カーボンケブラー [写真タップで拡大]

エーテック|開繊ドライカーボン

開繊ドライカーボン [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース