1992年の初代カラーをオマージュ

限定30周年カラー!! ホンダ新型「CBR1000RR-R/SP」登場、パワー特性もリファイン

22YM HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY

ホンダは欧州で「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を発表した。最高出力218ps/14500rpmはそのままに、コーナー中間からの加速を改善するために吸気まわりを改善。最終減速比もショート化したほか、シフターやトラコンもリファインされた。そして何よりのニュースは、CBR900RRファイアーブレードの初登場から30周年を祝うアニバーサリーカラーの採用だ。

1992年の初代“馬場ブレード”から30周年

ホンダ製スーパースポーツの最高峰といえばCBR-RRファイアーブレード。その始まりは1992年に登場したCBR900RRまで遡る。

初代ファイアーブレードこと1992年式CBR900RRと馬場忠雄さん。馬場さんは全日本ロードレースの125ccクラスでチャンピオンになったこともある、根っからの走り屋だ。 [写真タップで拡大]

初代ファイアーブレードは、開発責任者の馬場忠雄さんを一躍有名にしたインパクトのあるバイクだ。600ccクラス並みの軽量な車体に893ccの並列4気筒エンジンを詰め込み、「誰もがマシンコントロール楽しめるには、まず軽さ」とばかりに、あえて124psというハイパワー過ぎず扱いやすい出力特性を乾燥重量185kgに組み合わせ、フロントの接地感とロードホールディング性を高める130/70ZR16という特異なサイズのフロントタイヤを装着していたのが特徴だった。

当時は大型二輪免許が教習所で取得できるようになる数年前だったこともあり、国内ではあまり多く見かける車種でもなかったが、その名声は欧州から日本にも轟き、畏敬の対象とされた。国内モデルではCBR250RRやCBR400RRが同様のカラーリングを纏っていたのも、記憶に残っているライダーは多いのではないだろうか。

CBR900RRはその後、1999年モデルまで排気量を増すなどしながらモデルチェンジを繰り返し、きわめて完成度の高い公道スーパースポーツとして世界中で愛されてきた。

1998年にヤマハYZF-R1が登場したことでスーパースポーツ界の地図が書き換わり、これを受けて“馬場ブレード”もCBR929RR→CBR954RRと進化したが、馬場さんの定年退職にともないファイアーブレードは2003年モデルを最後に、次世代へと受け継がれていくことになった。

ちなみに、130/70ZR16というフロントタイヤサイズは、ライバル勢が採用してこなかったこともあってタイヤ機種によってはラインナップされず、選択肢を広げる意味で929RRから17インチ化されたが、「16インチの公道における扱いやすさや吸収性といったアドバンテージは、17インチに対し明らかだった」と、のちに馬場さんは語っていることから、本音で言えば16インチを続けたかったのだろうと推察できる。

ファイアーブレードは2004年にスーパーバイクのレギュレーション変更で4気筒が1000ccまで認可されたため、これを受けてCBR1000RRへと進化する。そしてしばらくは2年ごとにマイナーチェンジを繰り返し、戦闘力を高めたのだった。

最新のCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP(2020年登場)は、こうした流れを受けつつも、公道を走れるGPマシンとして発売されたRC213V-Sの影響を受けており、V4と直4というエンジンの違いこそあるものの、モトGPマシンと同じボア×ストロークを採用するなど、『ホンダがブチ切れた』と言われるほどの大胆なモデルチェンジを受けた。RC213V-S譲りのフリクション低減技術なども惜しみなく生かされた結果、最高出力はなんと218ps/14500rpmに達している。

この2022年型ファイアーブレードSPが、初代CBR900RRをモチーフにしたトリコロールカラーを纏ったことこそが、スーパースポーツファンにとっては最大のニュースかもしれない。1990年代に流行したブラッシュパターンを用いつつ、赤い部分のグラデーション処理を省略し、よりソリッドな印象に。パッセンジャーシートのみ青を採用するなど、再現性はなかなかのものだ。また、ストライプのパターンは従来型と合わせている部分も。

TFTディスプレイには『Ring of Fire』のスタートアップアニメーションが追加され、固有のシリアルナンバーがトップブリッジに刻まれる。30周年ロゴはタンクカバー、スマートキーに配置され、アクラポヴィッチ製マフラーにも特別なロゴが入っている。

ホンダ CBR1000RR-RとCBR900RR

1960年代のGPマシンをバックに。撮影場所はホンダコレクションホールだろうか。 [写真タップで拡大]

コチラはツインリンクもてぎのホームストレート上にて。左から、CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th ANNIVERSARY[2022]、CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2020]、CBR1000RR SP[2017]、CBR1000RR[2008]、CBR1000RR[2004]、CBR900RR FireBlade[2000]、CBR900RR FireBlade[1992]だ。全モデルが揃っているわけではないが、大きなモデルチェンジで世代交代が起こったイヤーモデルを並べている。 [写真タップで拡大]

【2022年モデルは何が変わった?】コーナー中間からの加速をさらに強力に!

2022年モデルのCBR1000RR-Rファイアーブレード/SPは、コーナー中間からの加速をより力強いものとするためにドリブンスプロケットを40→43Tとショート化。エアボックスおよびエアファンネル(2番/3番を15mm短縮)はスムーズなエアフローを得るためリファインされた。これに合わせ、インテークポートを細くして流速を上げ、さらに4-2-1エキゾーストの“2”の部分とキャタライザーも変更を受けている。

また、スロットルバイワイヤのリターンスプリングのバネ定数を弱め、スロットル開でのリニアリティとレスポンスを向上した。これはHRCのWSBKチームからのフィードバックもあったという。ホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC=いわゆるトラコン)は、パワーとグリップのバランスを向上すべくリファインされた。

最高出力は218ps/14500rpmをキープしつつ、最大トルクは11.53kg-m→11.42kg-m/12500rpmへ。圧縮比は13.2→13.4と高められた。

車体に関しては特に変更点は挙げられていない。6軸IMUによる電子制御や、STDのSHOWA製前後サスペンション+ニッシン製キャリパー、SPが採用するオーリンズ製セミアクティブサスペンション、ブレンボ製Stylemaラジアルマウントキャリパー、スポーツ/トラックモードを備えたABS、SHOWA製電子制御ステアリングダンパーなどは、その優れたアドバンテージをキープしている。

3種類の基本ライディングモードは、出力特性(P)、エンジンブレーキ(EB)、ウイリーマネジメント(W)を統合制御するほか、6000/7000/8000/9000rpmにセットできるローンチコントロールも標準装備だ。

ボックス型ウイングレットを備えたエアロダイナミクス(CD値 0.270)や5インチフルカラーTFTディスプレイ、スマートキーによるオペレーションなども変更はない。

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model]

主要諸元■全長2100 全幅745 全高1140 軸距1460 シート高830(各mm) 車重201kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 1000cc ボアストローク[81×48.5mm] 圧縮比13.4 最高出力218ps/14500rpm 最大トルク11.42kg-m/12500rpm 変速機6段 燃料タンク容量16.1L■キャスター24°/トレール102mm ブレーキF=φ330mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ220mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●価格:未発表 ●色:赤(STD&SP)、黒(SP)、30周年トリコロール(SP) ●発売時期:未発表 ※諸元等は全て欧州仕様

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

ウイングレットと初代カラーの組み合わせがサイコー。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

ソリッドなトリコロールカラーを採用。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

トップブリッジにはシリアルナンバーが。No.893は初代の排気量にちなんだものだろう。限定モデルのようだが少なくとも893台は作られそう。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

タンクカバー上のロゴには「1992-2022」の30周年記念ロゴが配される。手前でピンぼけしているがスマートキーにも同様に。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

アクラポヴィッチ製の純正マフラーにもスペシャルロゴがプリントされる。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

メーターは5インチTFTディスプレイを採用。このカットは30周年ロゴの配置もよくわかる。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

シートも初代に倣ってトリコロールを採用している。 [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30TH ANNIVERSARY[2022 EU model]

フロントフェンダーのブルー。初代よりもメタリックっぽい。 [写真タップで拡大]

グランプリレッドのカラーリングは従来型を踏襲しつつ、フロントゼッケンスペースを黒から白に変更。また、SPにパールモリオンブラックが追加された代わりに、STDはグランプリレッドのみになった。

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]Mat Pearl Morion Black [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP[2022 EU model]Mat Pearl Morion Black [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE[2022 EU model]
[写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE[2022 EU model]Grand Prix Red

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model] [写真タップで拡大]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model]

HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE / SP[2022 EU model] [写真タップで拡大]

【公式動画】Honda Motorcycles Europe


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報