ホンダCB650R[新型バイクカタログ]【フロントフォークをグレードアップ】

CB650R 概要

1000/250/125と揃うCB-Rシリーズの次兄がこの650だ。CBR650Rと共通のエンジン&車体を持ち、’21でフロント倒立フォークがSFF-BPにグレードアップしたほか、テールまわりのデザインの変更やメーター視認性向上、ハンドル切れ角拡大による取りまわし向上などが施された。欧州ではユーロ5にも適合。

欧州では’22年に新色「ソードシルバーメタリック」の追加がアナウンスされている。

’22 CB650R[欧州仕様]

'22 CB650R|ソードシルバーメタリック

【’22 HONDA CB650R|EU MODEL】 ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 649cc 95.2ps/12000rpm 6.4kg-m/8500rpm ■車重202kg シート高810mm 15.4L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットバリスティックブラックメタリック キャンディークロモスフィアレッド マットジーンズブルーメタリック ソードシルバーメタリック ※写真は欧州仕様のソードシルバーメタリック [写真タップで拡大]

’21 CB650R

ホンダCB650R|マットバリスティックブラックメタリック

【’21 HONDA CB650R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm ■車重201kg シート高810mm 15.4L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットバリスティックブラックメタリック キャンディークロモスフィアレッド マットジーンズブルーメタリック ●価格:97万9000円 ●発売日:’21年1月28日 [写真タップで拡大]

ホンダCB650R|キャンディークロモスフィアレッド
ホンダCB650R|マットジーンズブルーメタリック

カラーバリエーションはブラックメタリック/レッド/ブルーメタリックの3色。 [写真タップで拡大]

エンジン

【ユーロ5に対応】欧州仕様/日本仕様ともにユーロ5に対応。日本国内仕様のエンジンスペックは従来値を踏襲する。 [写真タップで拡大]

主要装備

【視認性アップ】反転モノクロ液晶のメーターは、兄弟車のCBR650Rと同様にバックライトの照射角度変更と文字サイズの拡大で視認性をアップした。 [写真タップで拡大]

HONDA CB650R
HONDA CB650R

【テールエンドをリデザイン】シートカウルやリヤフェンダーのデザインを、よりエッジの効いたシャープなものへと変更して躍動感がアップされた。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB650Rに関連する記事

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#2(〜750cc)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続けている。後編では750cc以下のミドルモデルを紹介する。 ヤマハ MT-07:イメージ統一した新デザインで最新の排ガス規制に対応 兄貴分のMT-09と同イメージとなる、1灯の新 […]

ホンダCB650R[新型バイクカタログ]【フロントフォークをグレードアップ】

CB650R 概要 1000/250/125と揃うCB-Rシリーズの次兄がこの650だ。CBR650Rと共通のエンジン&車体を持ち、’21でフロント倒立フォークがSFF-BPにグレードアップしたほか、テールまわりのデザインの変更やメーター視認性向上、ハンドル切れ角拡大による取りまわし向上などが施された。欧州ではユーロ5にも適合。 欧州では’22年に新色「ソードシルバ […]

ホンダ「グロム」に鮮烈イエロー、”SP”も見参だとッ?! 【’22 ホンダ 新色続々登場】

欧州や北米にて、続々と発表されている’22モデル。ホンダもEICMA(ミラノショー)を中心にニューカラーの発表ラッシュだ。レブルのアースカラーは既報の通りだが、X-ADVにもタフなイメージに合う新色ベージュが登場。ここではフォルツァやCB650R/CBR650R、スクーターのSHシリーズなど、ホンダの新色を一挙にご紹介しよう!! とくに注目なのはグロム。”女王蜂&#8221 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

ホンダ新型「CB650R」登場! デザインを変更し、フロントフォークはSFF-BPを採用して1/28発売

ホンダは、648ccの並列4気筒エンジンを搭載するスタイリッシュなネイキッドモデル「CB650R」の2021年モデルを発表した。新たにSHOWA製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用するとともに、車体デザインを一部変更している。 路面追従性の向上と軽量化を両立するフロントフォーク「SFF-BP」を採用 ホンダは並列4気筒エンジンを搭載するスポーツネイキ […]

ホンダ新型「CB650R」登場! デザインを変更し、フロントフォークはSFF-BPを採用

ホンダは、648ccの並列4気筒エンジンを搭載するスタイリッシュなネイキッドモデル「CB650R」の2021年モデルを発表した。新たにSHOWA製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用するとともに、車体デザインを一部変更している。 路面追従性の向上と軽量化を両立するフロントフォーク「SFF-BP」を採用 ホンダは並列4気筒エンジンを搭載するスポーツネイキ […]

ホンダ「CB650R/CBR650R」欧州でユーロ5対応を発表、アフリカツインの新色も

ホンダは、欧州における2021年モデルとして4気筒ネイキッドモデルのCB650R、フルカウルスポーツのCBR650Rをユーロ5に対応させ、サスペンションをアップデートしたと発表。併せて、CR1100Lアフリカツインにトリコロールの新色を追加した。 CB650R/CBR650RはSHOWA製SFF-BPフロントフォーク採用&ユーロ対応 欧州ホンダは、先日も2気筒シリーズのCB500F、CB500X、 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース