ヤマハYZF-R1シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:クロスプレーンの超レーシースーパースポーツ

ヤマハYZF-R1シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月8日

ヤマハYZF-R1シリーズ 概要

MAX200psとクロスプレーン位相クランクによる独特のトルク感が特徴のYZF-Rシリーズ旗艦で、’21にユーロ5対応のマイナーチェンジを受け、’22はカラーチェンジ。機械調整式サスペンションのSTDはブルーとブラックの2色を設定したほか、WGP参戦60周年を記念しYZR500をモチーフにした特別カラーモデルも受注期間限定(すでに終了)で出た。オーリンズ電子制御サスペンション&カーボン外装のMは、ブルーの面積を増やしてヤマハレーシングスピリットをより強調している。

’22 ヤマハYZF-R1M

フラッグシップモデルのR1Mは、ドライカーボン製アッパーカウルとテールカウルを採用し、オーリンズ製電子制御サスペンションを装備する上級グレードだ。タンクとスイングアームはアルミにバフ仕上げ、タンク天面にはシリアルナンバー入りエンブレムも。

カラーリングは、カーボンとアルミの組み合わせによる高い質感をアップデートし、ブルーの面積を増やすことでレーシングスピリットをさらに強調した“ブルーイッシュホワイトメタリック2”を採用。

主要諸元

ヤマハYZF-R1M

【’22 YAMAHA YZF-R1M ABS】■全長2055 全幅690 全高1165 軸距1405 シート高860(各mm) 車重202kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kg-m/11500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:319万円 [写真タップで拡大]

’22 ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

YZF‐RシリーズにWGP参戦60周年記念カラーが追加された。モトGPでは’21年シーズン開幕のカタールテストで同カラーのワークスマシンYZR‐M1がお披露目され、全日本ロードや世界耐久選手権でも特別仕様のYZF‐R1が走っていたが、ついに待望の市販車が登場したわけだ(受注期間終了)。

お待ちかねの周年仕様車は、’80年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統の特別色が最大の特徴。カラーリングはホワイトを基調とし、水平の赤いストライプでスピードブロック(通称ストロボライン)が形づくられる。このほかタンクには記念エンブレムが貼付され、ゴールド仕様としたフロントフォークのアウターチューブと前後ホイール、ブラック仕上げのブレーキ/クラッチレバーを採用した。

主要諸元

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

【’22 YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60th ANNIVERSARY】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kg-m/11500rpm ■201kg シート高855mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:シルキーホワイト ●価格:247万5000円 ※受注期間終了 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

スタンダードR1の特別カラーバージョン。モトGPマシン譲りの技術を反映したクロスプレーンクランク並列4気筒を搭載し、マグネシウム鋳造ホイールを履くなど、装備はSTDに準ずる。もちろん電子制御は最先端だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

空力を追求したカウルのセンターにはラムエアダクト。60周年の黄色ゼッケンには何番が似合いそう? [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー
ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

タンク天面にはWGP参戦60周年記念エンブレム、そしてシートカウルには60周年ロゴが配される。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

燃料タンクカバーの左右にはゴールドの音叉マーク(他の仕様はR1Mを含めシルバー)が配される。ちなみにリヤサスペンションのバネはイエローだ。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

マグネシウム鋳造ホイールは60周年のゴールドに。KYB製フロントフォークのアウターチューブはオーリンズと色味の異なるゴールドだ。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1 WGP60thアニバーサリー

テールカウルはエアが抜ける構造でデザイン上も大きな特徴に。灯火類はフルLEDだ。 [写真タップで拡大]

’22 ヤマハYZF-R1 [STD]

スタンダードモデルのYZF‐R1は’20年にモデルチェンジ。’22モデルはカラーチェンジのみでカタログ値の最高出力は変化なしだが、実測では大きく向上(本誌実測テストによる)。前後サスペンションはKYB製の機械式を装備している。

主要諸元

YAMAHA YZF-R1

【’22 YAMAHA YZF-R1 ABS】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kg-m/11500rpm ■201kg シート高855mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ディープパープリッシュブルーメタリックC ヤマハブラック ●価格:247万5000円 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1

色域の異なるブルーのコンビネーションで新世代のヤマハレーシングブルーを表現した”ディープパープリッシュブルーメタリックC”と、造形美を際立たせるダークトーンのローコントラストが特徴的な”ヤマハブラック”の2色を設定した。 [写真タップで拡大]

エンジン

YAMAHA YZF-R1

並列4気筒でありながら独自のクロスプレーンクランクシャフトの位相爆発が生む厚みあるトルク特性が、引き続きR1最大の持ち味だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

YAMAHA YZF-R1

メーターはSTD/MともにカラーTFT液晶を採用。エンジンブレーキマネジメントやブレーキコントロールの設定画面も’20で追加された。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース