ヤマハYZF-R1/M[新型バイクカタログ]【細部熟成で走りに磨き】

YZF-R1/M 概要

直4でありながら不等間隔爆発のクロスプレーンクランクシャフトで独特のトルクフィーリングを醸し出す人機官能モデル。’20でユーロ5対応のモデルチェンジを果たした現行モデルは、’21年から国内仕様も久々に発売された。

従来型を改良したエンジンは同じ200psのパワーを発揮しつつも高回転域でのトルクアップで戦闘力をアップ。トラクションコントロールやアンチリフトといった従来の電子制御に磨きをかけたのに加えて2段階コーナリングABSや3段階エンジンブレーキといったタイムに直結するブレーキ特性部分も強化されている。車体も新型サスペンションや空力性能を5%向上した新外装をゲット。

オーリンズと共同開発した電子制御サスペンションを装備した上級版Mも引き続き設定されている。

’20 YZF-R1M

ヤマハYZF-R1M

【’20 YAMAHA YZF-R1M】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kg-m/11500rpm ■202kg シート高860mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:319万円 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1M|サスペンション
[写真タップで拡大]

【Mは金の電子制御サスペンション】上級版のMにはオーリンズの電子制御サスペンション「スマートEC」を搭載。倒立フォーク本体にはガスシリンダーが追加された。

’20 YZF-R1

ヤマハYZF-R1

【’20 YAMAHA YZF-R1】STDのR1にはKYB製の機械式前後サスを採用。外装もカーボン製のMに対し、STDはABSを使用する。マグネシウム鋳造ホイールはSTDも採用だ。●色:ディープパープリッシュブルーメタリックC ブラックメタリックX ●価格:236万5000円 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1
[写真タップで拡大]

STDのカラーバリエーションはブルーとブラックの2色。

ヤマハYZF-R1/M|クロスプレーン
[写真タップで拡大]

【クロスプレーン】クロスプレーン不等間隔爆発のクランクシャフトを採用。直4でありながらV4に通じる野太いトルクと排気音を見せる。

ヤマハYZF-R1M|メーター
[写真タップで拡大]

【超緻密制御】4.2インチのフルカラーTFTメーターを搭載。強化されたブレーキ制御の表示や設定画面も新たに追加されている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

YZF-R1/Mに関連する記事

ヤマハの白赤60周年祭り! WGPのレジェンドカラー、お次はボートだ……!?

欧州のヤマハマリーンは、ヤマハのWGP参戦60周年を記念して、特別なカラーのリジッドインフレータブルボート(RIB)を9月16日より開催されるジェノバボートショーでお披露目することを発表した。 こうなったらYou、発電機とかも60周年カラーにしちゃいなYO! モータースポーツはヤマハ発動機の創業以来、同社の中核をなすものであり、ロードレース世界選手権(WGP)の参戦60周年を記念したカラーリングの […]

ヤマハWGP参戦60周年カラー、スーパーバイク世界選手権とボルドール24時間に進出!

ヤマハ欧州(Yamaha Motor Europe)は、ヤマハのロードレース世界選手権(WGP)参戦60周年を記念し、スーパーバイク世界選手権(WSBK)第9戦と、世界耐久選手権(EWC)第3戦に、白と赤の60周年カラーを施したYZF-R1で参戦することを発表した。 今週末、WSBKカタルニア大会&EWCボルドール24時間耐久レースに参戦 ヤマハ欧州は2021年9月16日、ヤマハのロードレース世界 […]

ヤマハ「YZF-R6」「YZF-R1」各レースベース車、本日9/17より受注開始!

逆輸入車という形で販売されていたヤマハYZF-R6は、2019年秋の入荷分をもってラストを迎え、ヤマハ逆輸入車全般を扱っていたプレストコーポレーションもその業務自体を終了。だが、レースユーザーたちは安心してほしい。2022年モデルもレースベース車は受注生産される。もちろんYZF-R1もだ。 2022年シーズンを戦うウェポンを手に入れろ! YZF-R6の名を聞いて心躍るユーザーも多いことだろう。市販 […]

ストロボカラー市販へ!ヤマハ「YZF-R1/R7/R3/R125」のWGP参戦60周年カラー【海外発表】

ヤマハは欧州と北米で、2022年モデルのスーパースポーツ、YZF-R1/R1M、YZF-R7、YZF-R3、R125を発表。これに加え、ヤマハがロードレース世界選手権・WGPに参戦して60周年となる今年、モトGPや全日本でお披露目されたスペシャルカラー“60th Anniversary Edition”も登場した! 待ってたよヤマハ! 白ベースに赤いスピードブロックの60周年カラーが登場 2021 […]

重量わずか70グラム?! ヤマハYZF-R1用のドライカーボン製ウイングはモトGPマシンがベース

ヤマハの純正アクセサリーを販売するワイズギアより、「YZF-R1 サイドポッド」がリリースされる。MotoGPマシン・YZR-M1が2016年より採用し、進化を続けてきたウイング/サイドポッドを基に設計され、ドライカーボン製の本体重量は片側わずか70gだという。 ウイリー制御とブレーキング時の安定性を向上 2015年にフルモデルチェンジし、完全新設計のエンジンと車体を採用したYZF-R1/R1Mは […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

このカラー発売希望!! ヤマハWGP参戦60周年記念カラーの「YZF-R1」が全日本ロードを走る!

ヤマハは、ロードレース世界選手権(WGP)参戦60周年を記念し、2021年7月18-19日に鈴鹿サーキットで開催される全日本ロードレースにスペシャルカラーのYZF-R1で参戦することを発表した。走らせるのは「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手だ。 カタールGPの60周年記念YZR-M1に続け! より市販車をイメージさせる60周年YZF-R1 ヤマハは今年、Mot […]

ヨシムラ SERT Motulが世界耐久選手権 開幕戦「ル・マン24時間」を完全制覇!

フランスのル・マンで2021年6月12日から13日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第1戦「ル・マン24時間耐久レース」において、昨シーズンのチャンピオンチームにヨシムラが合流した最強チーム「ヨシムラSERT Motul」が、2位に8周差をつける855周で完勝した。 最終戦鈴鹿8耐(11月7日)を目指し、「2021 FIM世界耐久選手権」開幕戦で躍動 バイクの耐久ロー […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

YZF-R1/M vs CBR1000RR-R/SP 令和HYバトル〈#3 一般/高速道路編〉

’20年春に発売開始となったホンダCBR1000RR-Rに続いて、ヤマハもモデルチェンジした新型YZF-R1を8月に投入。どちらも200ps台、お値段も約240万円~300万円オーバーという、まさにバイク版スーパーカー。今回はこの最新国産スーパースポーツ4モデル(YZF-R1/M&CBR1000RR-R/SP)を徹底比較。ヤングマシンメインテスター・丸山浩と神永暁の師弟コンビが、サーキットでの実力 […]

YZF-R1/M vs CBR1000RR-R/SP 令和HYバトル〈#2 サーキット編〉

’20年春に発売開始となったホンダCBR1000RR-Rに続いて、ヤマハもモデルチェンジした新型YZF-R1を8月に投入。どちらも200ps台、お値段も約240万円~300万円オーバーという、まさにバイク版スーパーカー。今回はこの最新国産スーパースポーツ4モデル(YZF-R1/M&CBR1000RR-R/SP)を徹底比較。ヤングマシンメインテスター・丸山浩と神永暁の師弟コンビが、袖ヶ浦 […]

YZF-R1/M vs CBR1000RR-R/SP 令和HYバトル〈#1 スペック編〉

’20年春に発売開始となったホンダCBR1000RR-Rに続いて、ヤマハもモデルチェンジした新型YZF-R1を8月に投入。どちらも200ps台、お値段も約240万円~300万円オーバーという、まさにバイク版スーパーカー。今回はこの最新国産スーパースポーツ4モデル(YZF-R1/M&CBR1000RR-R/SP)を徹底比較。まずはYZF-R1Mを中心にスペック紹介から。 ヤマハYZF-R […]

独断と偏見で選んだ”モビルスーツに似ている”バイク ベストテン

第1位:ホンダ ザクシス【世界3大”ザクレロ”バイクの筆頭】 ’01東京モーターショーに出品されたVTR1000Fベースのコンセプト車。大きいツリ目と両サイドのダクトが「ザクレロ」(あっ、モビルアーマーだった)にクリソツ。名前にも「ザク」が入ってるし、デザイナーさん、これ確信犯でしょう。ちなみに当時、オーラバトラーのレプラカーン説もあった。 第2位:&#8217 […]

ヤングマシン歴代実測加速タイムベストテン【新型CBR1000RR-R強し!】

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 YM実測ゼロヨンランキング【惜しい! 渾身作RR-Rギリ9秒台ならず】 停止状態から400mまでの加速タイムを競うゼロヨン。この距離で行うドラッグレースも多く、市販車で10秒台は相当なダッシュ力と言える。もう少しで夢の9秒台に突入しそうなのが超新星のCBR1000RR-R。YZF-R1の記録を破り、歴代 […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報