ヤマハYZF-R1シリーズ[新型バイクカタログ]:ヤマハのWGP参戦60周年を記念した特別色も登場

ヤマハYZF-R1/M[新型バイクカタログ]

YZF-R1シリーズ 概要

ヤマハが誇るYZF-Rシリーズの長兄は、’21モデルでユーロ5対応のマイナーチェンジが施されているため、’22はMAX200psの動力性能や車体面に変更はなくカラーチェンジのみが行われた。オーリンズ製電子制御サスペンション&カーボン外装のR1Mは、ブルーの面積を増やすことでヤマハのレーシングスピリットをより強調。機械式サスペンションのスタンダードは、色域の異なるブルーのコンビネーションで新世代のヤマハレーシングブルーを表現した青と、ダークトーンのローコントラストでモダンさを演出したブラックを設定した。さらにスタンダードには、WGP参戦60周年を記念しYZR500をモチーフにした特別カラーモデルも設定された(受注期間終了)。

なおYZF‐R1シリーズは、YSPおよびアドバンスディーラーのみで販売する”ヤマハモーターサイクルエクスクルーシブモデル”として扱われる。

’22 YZF-R1 WGP 60thアニバーサリー

YZF‐RシリーズにWGP参戦60周年記念カラーが発売される! モトGPでは’21年シーズン開幕のカタールテストで同カラーのワークスマシンYZR‐M1がお披露目され、全日本ロードや世界耐久選手権でも特別仕様のYZF‐R1が走っていたが、ついに待望の市販車が登場したわけだ。

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

【YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60th ANNIVERSARY】主要諸元■全長2055 全幅690 全高1165 軸距1405 シート高855(各mm) 車重201kg(装備) ■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kgm/11500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:シルキーホワイト ●価格:247万5000円 ●発売日:’22年2月28日(受注期間終了) [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

スタンダードR1の特別カラーバージョン。モトGPマシン譲りの技術を反映したクロスプレーンクランク並列4気筒を搭載し、マグネシウム鋳造ホイールを履くなど、装備はSTDに準ずる。もちろん電子制御は最先端だ。 [写真タップで拡大]

お待ちかねの周年仕様車は、’80年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統の特別色が最大の特徴。カラーリングはホワイトを基調とし、水平の赤いストライプでスピードブロック(通称ストロボライン)が形づくられる。このほかタンクには記念エンブレムが貼付され、ゴールド仕様としたフロントフォークのアウターチューブと前後ホイール、ブラック仕上げのブレーキ/クラッチレバーを採用した。

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

空力を追求したカウルのセンターにはラムエアダクト。60周年の黄色ゼッケンには何番が似合いそう? [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY
YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

タンク天面にはWGP参戦60周年記念エンブレム、そしてシートカウルには60周年ロゴが配される。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

燃料タンクカバーの左右にはゴールドの音叉マーク(他の仕様はR1Mを含めシルバー)が配される。ちなみにリヤサスペンションのバネはイエローだ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

マグネシウム鋳造ホイールは60周年のゴールドに。KYB製フロントフォークのアウターチューブはオーリンズと色味の異なるゴールドだ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1 ABS WGP 60TH ANNIVERSARY

テールカウルはエアが抜ける構造でデザイン上も大きな特徴に。灯火類はフルLEDだ。 [写真タップで拡大]

’22 YZF-R1

スタンダードモデルのYZF‐R1は’20年にモデルチェンジ。’22モデルはカラーチェンジのみでカタログ値の最高出力は変化なしだが、実測では大きく向上(本誌実測テストによる)。前後サスペンションはKYB製の機械式を装備している。

YAMAHA YZF-R1

【’22 YAMAHA YZF-R1 ABS】●色:ディープパープリッシュブルーメタリックC ヤマハブラック ●価格:236万5000円 ●発売日:’22年1月28日 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1

色域の異なるブルーのコンビネーションで新世代のヤマハレーシングブルーを表現した”ディープパープリッシュブルーメタリックC”と、造形美を際立たせるダークトーンのローコントラストが特徴的な”ヤマハブラック”の2色を設定した。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1

並列4気筒でありながら独自のクロスプレーンクランクシャフトの位相爆発が生む厚みあるトルク特性が、引き続きR1最大の持ち味だ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R1

メーターはSTD/MともにカラーTFT液晶を採用。エンジンブレーキマネジメントやブレーキコントロールの設定画面も’20で追加された。 [写真タップで拡大]

’22 YZF-R1M

フラッグシップモデルのR1Mは、ドライカーボン製アッパーカウルとテールカウルを採用し、オーリンズ製電子制御サスペンションを装備する上級グレードだ。タンクとスイングアームはアルミにバフ仕上げ、タンク天面にはシリアルナンバー入りエンブレムも。

カラーリングは、カーボンとアルミの組み合わせによる高い質感をアップデートし、ブルーの面積を増やすことでレーシングスピリットをさらに強調した”ブルーイッシュホワイトメタリック2″を採用。

YAMAHA YZF-R1M

【’22 YAMAHA YZF-R1M ABS】■全長2055 全幅690 全高1165 軸距1405 シート高860(各mm) 車重202kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 200ps/13500rpm 11.5kg-m/11500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:319万円 ●発売日:’22年1月28日 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

YZF-R1シリーズに関連する記事

【ヤマハはレースと市販車の開発部門が近い。西田さんはMotoGPマシンにも乗る!】ヤマハ開発のトップに聞く!Vol.2

今はすべてのことが持続可能な未来に繋がっていなければならない。しかし、バイクやレースでサスティナビリティの話をされると、正直うまく説明できない自分がいた。しかし、西田さんの話を聞くとこれからのスポーツバイクがどんどん楽しみになってくる。 レースの世界もカーボンニュートラル化が進んでいく 年々厳しくなる規制に対応させつつ、パワーを出すのはとても大変なことだ。それはレースの世界でも同様で、世界最高峰の […]

【スポーツバイクの未来って?】ヤマハ開発のトップに聞く!Vol.1

1998年に衝撃のデビューを飾ったYZF-R1は、常に最先端の技術が投入され続け、現在に至るまでヤマハ・スポーツの象徴であり続けている。その開発の渦中に居続け、現在二輪開発のトップにいるのが西田豊士さんだ。右も左もカーボンニュートラル、サスティナブルな世の中、スポーツバイクにはどんな未来が待っているのだろう? バイク好きが開発のトップに! それがヤマハの強さ 西田さんとは、1998年YZF-R1デ […]

次期YZF-R1はシームレスミッション搭載か?! ヤマハが変速ショックを抑える特許を登録

ヤマハの新しい特許が2022年5月24日に発行された。その内容は「シームレス変速機の変速ショックを抑制する」というものだが、図版に使用されている車両はMotoGPマシン・YZR-M1ではなく、我々もよく知る市販車「YZF-R1」だった。こ、これは………ッ!! 動力伝達を切断することなく変速できるシームレスミッション コンマ1秒のラップタイムを競うレースの世界では、昔から無駄のないシフトワークがライ […]

2年目のWSBK参戦を迎える野左根航汰「第一ステップは表彰台」/2022年シーズンの抱負を語る

2021年シーズンのスーパーバイク世界選手権(WSBK)に参戦した唯一の日本人ライダーが、野左根航汰である。そして2021年は野左根にとって、WSBKフル参戦1年目のシーズンでもあった。 「全日本チャンピオンを獲得して、一番いい形でWSBKに参戦できた」 野左根の出発点は、子ども向けオフロードバイク、ヤマハPW50だった。土日にはいつも家族で河川敷に行き、バイクを楽しんでいたという。ある日、レース […]

令和に蘇る懐かしカラー! 昭和レプリカ復刻ブーム到来の予感

ヤマハYZF-RシリーズのWGP60周年記念車/ホンダCBR1000RR-R30周年記念車と、’22モデルで懐かしカラーリング車が続々復活したが、その他にも復刻カラーをまとったスーパースポーツモデルが近年各社から登場している。オジサンたちには懐かしく、また当時を知らない若年層にも楽しめるカラーリングのマシンたちを紹介しよう。 カワサキ ニンジャZX-10RR 川崎重工125周年記念KR […]

[’22前期]国産大型スーパースポーツ(1000クラス)総まとめ【懐かしの復刻カラー登場|新型バイクカタログ】

究極の速さを追い求め、200psオーバーのパワーと最先端の電子制御装備で完全武装した最強のカテゴリー=スーパースポーツクラスは、開祖ファイアーブレードの誕生から今年で30年。今やさらなる空力性能向上にウイングレットを採用するまで進化した。 ’22前期・大型スーパースポーツクラスの動向:元祖SSの復刻カラーやミドルSSの新顔に注目 ’92年の初代ファイアーブレード=CBR90 […]

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’10年代以降〉【カラー液晶がデビューしジワジワ浸透中】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代末から外国車を中心にフル液晶メーターの採用が拡大し、続く’10年代には高級車にカラー液晶も投入、現在は600クラスにも広まりつつある。本記事では最新のメーターとともに現状のトレンドをまとめてお伝えしよう。 電子制御の隆盛に伴い液晶メーターが普及 急速に一般化したス […]

最新おすすめカスタムパーツ×8選〈ヨシムラ ニンジャZX-25Rウィンドアーマーetc.〉

ヨシムラ ウィンドアーマー[‘20 ニンジャZX-25R用] ヨシムラジャパンより、ZX-25R用のウィンドスクリーンが新登場。純正と比べ20mmロング/70mmアップで高速走行時の快適性が向上する。純正カウルとのバランスを崩さないデザインもマル。 アクティブ パフォーマンスダンパー[CB400SF/SB用] 高性能4輪車に装着され定評のあるパフォーマンスダンパー。その2輪用としてCB400SF/ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース