ヤマハ Xフォース [最新型バイクカタログ]:“ストリートモタード”をイメージした新型スクーター

ヤマハ Xフォース

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月20日

ヤマハ Xフォース 概要

ブランニューモデル「Xフォース」は、“Master of Street Scooter”をのコンセプトとし、通勤/通学等の街乗りで乗って楽しく、かつ快適で便利なモデルとして開発された。

可変バルブ機構VVAを搭載した水冷155ccの“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを新設計フレームに搭載し、トラクションコントロールシステムも採用。高速道路も快適に走れるスポーツスクーターだ。

また、専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect」によるスマートフォンとのコネクテッド機能など最新装備も充実。ライバルと目されるホンダADV150よりも安価(39万6000円)な点にも注目だ。

’22 ヤマハ Xフォース

主要諸元

【’22 YAMAHA X FORCE】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 155cc 15.0ps/8000rpm 1.4kg-m/6500rpm ■車重130kg(装備) シート高815mm 6.1L ■タイヤサイズF=120/70-13 R=130/70-13 ●色:マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2 マットダークパープリッシュブルーメタリック1 ブルーイッシュホワイトパール1 ブラックメタリックX ●価格:39万6000円 ●発売日:2022年6月28日

カラーバリエーションはマットグリーン/マットブルー/ホワイト/ブラックの5色。

エンジン

水冷155ccのブルーコアエンジン。ラジエターは右側に備える。可変バルブ機構VVAのほかオフセットシリンダーなど最新技術を盛り込んでいる。

足まわり

ブレーキは前後ディスクで、フロントにはウェーブディスクと片押し2ポットキャリパーを装備。もちろんABS完備だ。タイヤはロード重視のパターン。

専用アプリ「Y-Connect」

専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(通称:Y-Connect)」で繋げることにより、スマートフォン画面をサブメーターとして使用可能に。

主要装備

ヘッドライトは55W×2眼のハロゲンタイプ。ショートスクリーンを備え、その中央には小ぶりなポジションランプも備えている。

フラットかつワイドなハンドルバーは、ストリートモタードのイメージか。メインスイッチ右に5V2AのUSB電源ソケットを備える。左側は燃料の給油口だ。

LCDメーターにはバーグラフ式タコメーターやトラクションコントロールON/OFF表示も。アプリと連動すれば着信やスマホバッテリー残量も表示可能だ。

シート下には23.2Lのトランクスペースを設置。ヘルメット1個を収納可能だ(形状による)。

セパレートタイプのリヤフェンダーでスッキリとした見た目に。テールランプはLEDだ。


最新の記事

Xフォースに関連する記事