ライバルはADV150?

ヤマハ新型 軽二輪スクーター「X FORCE(Xフォース)」登場! 可変バルブ搭載エンジン、コネクテッド機能など装備も充実

ヤマハは、水冷155ccのブルーコアエンジンを搭載したスポーティな軽二輪スクーター「X FORCE ABS(エックス フォース)」を2022年6月28日に発売すると発表した。ストリートモタードをイメージしたというスタイリングに、トラクションコントロールシステムなど本格的な装備を誇る。

●外部リンク:ヤマハ発動機

コンセプトは「マスター・オブ・ストリート スクーター」だっ!

ヤマハは、新型の軽二輪スクーター「X FORCE(エックス フォース)」を2022年6月28日に発売すると発表した。水冷155ccの“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを新設計フレームに搭載し、トラクションコントロールシステムや専用アプリによるコネクテッド機能など最新の装備を誇る、高速道路も走れるスポーツスクーターだ。

Xフォースのコンセプトは“Master of Street Scooter”とされ、通勤/通学といった街乗りで乗って楽しく、かつ快適で便利なモデルとして開発された。顔つきなどは発売されて間もないシグナスグリファス(原付二種)の兄貴分を思わせるが、全体のサイズはむしろややコンパクト。ホイールベースは同じ1340mmだが、シート高は815mmと高めかつフラットなシート形状となっており、幅広でフラットなハンドルバーとあいまってスポーティな走りを予感させる。台湾ではすでにフォース2.0として発売されているが、Xフォースは日本のマーケットに合わせてカラーバリエーションはシックに整えられた。

前述のブルーコアエンジンは、全域で高トルクを発生すべく可変バルブ機構VVAを搭載。オフセットシリンダーや鍛造ピストン、DiASilシリンダーなどの採用によりフリクションロスを低減し、最新モデルにふさわしい高効率エンジンとしている。また、始動時はスターターモーターとして、走行時はジェネレーターとして機能する「スマートモータージェネレーター」を採用し、シンプル化&軽量化と静粛なエンジン始動を可能にした。雨天時など路面状況が悪いときでも後輪のスリップを抑制するトラクションコントロールシステムを採用したのもトピックだ。

液晶メーターは、専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect」をインストールしたスマートフォンとペアリングすることが可能で、電話やメールの着信、スマートフォンのバッテリー残量などをメーターに表示できるようになる。また、スマートフォン画面をサブメーターとして使うことができ、エンジン回転数やスロットル開度、エコ運転状況などを表示可能だというから嬉しい。このほか、メンテナンス推奨時期のお知らせや燃費管理、さらに車両の最終駐車位置確認も可能だ。

便利機能も充実。シート下トランクは容量23.2Lで、ヘルメットホルダーは2個装備。5V2AのUSBソケットでスマートフォン充電対策も抜かりはない。燃料タンク容量は6.1Lで、WMTCモード燃費40.9km/Lと掛け合わせれば、想定される航続距離は約250kmになる。

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model] [写真タップで拡大]

気になる価格は39万6000円と、マジェスティ155とNMAX155の中間。同クラス・スポーツ派スクーターのライバルとして想定されるホンダADV150(45万1000円)よりも安い点にも注目だ。

ちなみにADV150比では、外寸はわずかにコンパクトながらシート高はやや高く、またクロスオーバーモデルのADV150が最低地上高165mmなのに対しXフォースは125mmとなっている。エンジンの出力スペックは同等だ。うーん、これは悩みそう!

参考:HONDA ADV150 主要諸元■全長1960 全幅760 全高1150 軸距1325 最低地上高165 シート高795(各mm) 車重134kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC 149cc 15ps/8500rpm 1.4kg-m/6500rpm 無段変速 燃料タンク容量8L■タイヤサイズF=110/80-14 R=130/70-13 ●価格:45万1000円 ●色:茶、黒、赤 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

主要諸元■全長1895 全幅760 全高1120 最低地上高125 軸距1340 シート高815(各mm) 車重130kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 155cc 15ps/8000rpm 1.4kg-m/6500rpm Vベルト無段変速 燃料タンク容量6.1L■タイヤサイズF=120/70-13 R=130/70-13 ●価格:39万6000円 ●色:艶消し緑、艶消し青、白、黒 ●発売日:2022年6月28日

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブラックメタリックX(ブラック) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブラックメタリックX(ブラック) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブラックメタリックX(ブラック) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]ブラックメタリックX(ブラック) [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(通称:Y-Connect)」で繋げることにより、スマートフォン画面をサブメーターとして使用可能に。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

ヘッドライトは55W×2眼のハロゲンタイプ。ショートスクリーンを備え、その中央には小ぶりなポジションランプも備えている。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

LCDメーターにはバーグラフ式タコメーターやトラコンON/OFF表示も。アプリと連動すれば着信やスマホバッテリー残量も表示可能だ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]
YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

フラットかつワイドなハンドルバーはストリートモタードのイメージか。メインスイッチ右に5V2AのUSB電源ソケットを備える。左側は燃料の給油口だ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

シート下には23.2Lのトランクスペースを設置。ヘルメット1個を収納可能だ(形状による)。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

セパレートタイプのリヤフェンダーでスッキリとした見た目に。テールランプはLEDだ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

水冷155ccのブルーコアエンジン。ラジエターは右側に備える。可変バルブ機構VVAのほかオフセットシリンダーなど最新技術を盛り込んでいる。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

ブレーキは前後ディスクで、フロントにはウェーブディスクと片押し2ポットキャリパーを装備。もちろんABS完備だ。タイヤはロード重視のパターン。 [写真タップで拡大]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model]

YAMAHA X FORCE ABS[2022 model] [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース