ヤマハ トレーサー9 GT[新型バイクカタログ]【新エンジン&フレームに電子制御サスペンションも得て刷新】

トレーサー9 GT 概要

スポーツネイキッドのMT-09をベースとしたオンロードツーリングアドベンチャー。’21年型では、ベースモデルの刷新に合わせてフルモデルチェンジ。

水冷並列3気筒エンジンは排気量が845→888ccに拡大され、MT-09の新作メインフレームに専用チューンを加えて、専用のリヤフレームおよびアルミボックス構造のスイングアームと組み合わせる。前後ホイールには、鋳造でありながら鍛造に匹敵する強度と靭性のバランスを達成した独自のスピンフォージドホイール技術が用いられ、前後合計で先代比1kg減。

IMUが新採用され、電子制御は大幅に進化された。日本仕様は上級版のGTのみで、’21年7月末に発売開始。上下双方向対応のクイックシフター/ダンパー内蔵サイドケース用ステー/グリップヒーターも標準装備する。

’21 トレーサー9 GT

ヤマハ トレーサー9 GT|ブルーイッシュホワイトメタリック2

【’21 YAMAHA TRACER9 GT】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■車重220kg シート高810-825mm 18L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 マットダークグレーメタリックA ビビッドレッドソリッドK ●価格:145万2000円 ●発売日:’21年7月28日 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|マットダークグレーメタリックA
ヤマハ トレーサー9 GT|ビビッドレッドソリッドK

従来型トレーサー9またはそれ以前に展開されてきたトレーサー900などのイメージを受け継ぐシルバー、これまでより明るくスポーティな雰囲気のレッド、シンプルかつ高品質で年齢層やライディングウエアを選ばないグレーと、3タイプの車体色をラインアップ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|エンジン
[写真タップで拡大]

【排気量アップ&新フレーム】並列3気筒エンジンは、ピストン/コンロッドなど多くの主要パーツが新設計されて軽量化も図られた。メインフレームは、最新のCFアルミダイキャスト技術で最低肉厚も低減。

ヤマハ トレーサー9 GT|サスペンション
[写真タップで拡大]

【KYB電子制御サスペンション】KYBと共同開発された電子制御サスペンションを搭載。IMUとECUと油圧ユニットの情報に基づき、減衰レベルが最適化される。2モード設定で、快適な乗り心地を狙った設定もある。

ヤマハ トレーサー9 GT|クルーズコントロール
[写真タップで拡大]

【クルーズコントロール標準装備】

ヤマハ トレーサー9 GT|3.5インチダブルTFTメーター
[写真タップで拡大]

【3.5インチTFTメーター×2画面】3.5インチダブルTFTメーターを搭載。左側のメインメーターに配されたバー表示の回転計は、回転計に応じて色が変化。クルーズコントロールのセット速度も確認できる。右側サブメーターには、各種情報のうち4項目を選んで拡大表示可能。もちろん、多彩な電子制御の調整もできる。

ヤマハ トレーサー9 GT|コーナリングランプ
[写真タップで拡大]

【コーナリングランプ】下側に左右2灯式のモノフォーカスヘッドライトを装備。上段2灯はポジションランプで、GTは5km/h以上でバンク角7度超から点灯するコーナリングランプが組み合わされる。すべてLEDだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トレーサー9 GTに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型アドベンチャークラス【新型トレーサーなどオンロード重視系が台頭】

旅先で遭遇したダートも走破できる性能を…というのが本来のコンセプトとなる大型アドベンチャークラスだが、近年は舗装路でのツアラー性能を重視した”オンロードアドベンチャー”系が台頭。ゆったりとしたライディングポジションや優れた積載性で長旅にいざなう! 電子制御の高度化により、旅の快適性を磨くのが主流 ’20年型では、オフロード性能も高められたホンダ アフリカツインシ […]

新型ヤマハMT-09/トレーサー9GT開発者インタビュー【コントロール性と刺激の両立を】

上の写真は、ヤマハ新型MT-09/トレーサー9GTの両プロジェクトリーダーを担当した北村悠氏(中央)と、開発スタッフの面々。彼らによって、3気筒のMTシリーズは第3世代として新たなる刺激的な歴史をスタートさせたのだ。本記事では彼らの熱い思いに満ちたインタビューをお届けする。 サウンドの造り込みや電子制御にも徹底してこだわる ──新型のコンセプトは? MT-09 のコンセプトは、”The […]

ヤマハ トレーサー9GTディテール写真解説【電サス/シフター/クルコン装備のお買い得仕様】

145万2000円という価格にて、3気筒ならではのスポーツ性能に電子制御サスペンションやコーナリングランプといった魅力的な装備をプラスした俊敏ツアラー・ヤマハ トレーサー9GT。ディテール写真を見ながらその特徴を解説する。 エンジンとフレームを刷新。電子制御も進化した ヤマハMT-09をベースとするスポーツツアラーのトレーサーは、車名をこれまでのトレーサー900から「トレーサー9」へと改め、日本仕 […]

丸山浩の買い替え候補!? ヤマハ トレーサー9GT試乗インプレ【3気筒は7000rpmからバキッと!】

145万2000円という価格にて、3気筒ならではのスポーツ性能に電子制御サスペンションやコーナリングランプといった魅力的な装備をプラスした俊敏ツアラー・ヤマハ トレーサー9GT。愛車の買い替え候補を探しているヤングマシンテスター・丸山浩氏には、特に気になって仕方がないモデルのようだ。 車重が重量級ツアラーとは断然違っている 私(丸山)は今、たいへん迷っている…。普段の都内の移動用として、また休日の […]

ヤマハ新型トレーサー9GTが7/28国内発売【大幅刷新・前後電サス搭載でも150万円切り!】

ヤマハの’21新型MT-09/SP発売と合わせて、その派生機種「トレーサー9 GT」も7月28日に国内発売される。MT-09と基本コンポーネントは共有するものの、フレームには専用チューニングを施すとともに前後電子制御サスペンションを搭載するなど、劇的な進化を遂げている。それでいながら価格が150万円を切るというのもまた魅力だ。 国内仕様はSTDが廃止され上級版GTのみに MT-09の派 […]

前後に電子制御サスでこの価格?! ヤマハ新型「トレーサー9 GT」の刷新ぶりが凄い

ヤマハは、トレーサー900/GTからフルモデルチェンジしたブランニューの「トレーサー9 GT ABS」を2021年モデルとして発売する。新型MT-09と同じ新888cc並列3気筒エンジンを搭載し、足まわりにはスピンフォージドホイールやKYB製前後電子制御サスペンションを奢っている。価格は145万2000円だ。 MT-09の兄弟車ながらフレームは専用チューニング、電子制御サスペンションも初搭載! ヤ […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉トレーサー/テネレetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー 最新潮流解説 YAMAHA:トレーサー9/GT|トレーサー7/GT|テネレ700 HONDA:NC750X/DCT|CRF1100Lアフリカツインシリーズ|VFR800X SUZUKI:Vストローム1050/XT|Vストローム650/XT KAWASAKI:ヴェルシス1000SE/SE+ トレーサー9/GT:自社製6軸IMUでフル電脳化[ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス|日本車最新潮流解説〉

“高速ツアラー”としての安定性と”オフ性能”という二律背反の要素を、電子制御を使って高次元で両立させるアドベンチャータイプ。そのキャラクターは、オン寄りとオフ寄りでハッキリ分かれる。’20はオフ寄りのモデル刷新が目立ったが、’21年はオン系が台頭しそうな雰囲気だ。 大型アドベンチャー:最新装備がベーシックモデルへ波及 電子制御 […]

ヤマハ新型「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」の発売時期が判明!

ヤマハは海外で2021年モデルを発表。これらのうち、クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」については2021年春頃に国内販売予定と公表されていたが、その後の調査で詳しい発売時期が明らかになった。また、北米発表の「MT-03」の新色も日本への導入が確実視される。 2021年モデルの国内販売予定車は今のところ3機種 ヤマハは、2021年モデルとして欧州と […]

【2021年モデルまとめ】ヤマハは「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」を来春以降に発売

ヤマハは欧州やアメリカで2021年モデルを発表。これらの中で日本国内販売を予定しているモデルについても公表された。クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」だ。ほかに北米では「MT-03」の新色も発表されており、こちらも日本への導入が確実視されている。 海外発表済みの2021年モデルのうち国内販売予定車×3機種 ヤマハは、2021年モデルとして海外で発表 […]

ヤマハ新型トレーサー「TRACER 9/GT」は新型MT-09ベースの全面刷新! 日本発売は2021年春以降

ヤマハは欧州でトレーサー900のフルモデルチェンジ版となる「TRACER 9」および「TRACER 9 GT」を発表。先行発表されていた新型MT-09をベースにフレームから専用チューニングとし、各種制御に加えて上級モデルのGTには電子制御サスペンションやコーナリングランプを採用する。 トルクフルな新890ccエンジンに新設計フレーム、独自製法の軽量ホイール ヤマハはMT-09、MT-07に続いて2 […]

’20新車バイク総覧〈大型アドベンチャー&オフロード|国産車#3/4〉ヤマハ

オンもオフも、街乗りもロングツーリングもを楽しめるアドベンチャーモデルは、近頃特に勢いのあるカテゴリー。本ページではヤマハの4台、国内未導入モデルのトレーサー700、トレーサー900 ABS/GT ABS、市販化まで長らく待ったテネレ700、XT1200ZEスーパーテネレの4台を紹介する。 トレーサー700:YZF-R顔になって精悍さが倍増 並列2気筒を持ったMT-07の兄弟車となる「トレーサー7 […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第2弾追加×14台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデル・追加第2弾として、ホンダ、CB1000R、ヤマハ MT-09 ABS、XSR900 ABS、トレーサー900 ABS/GT ABS、スズキ GSX-R125ABS、GSX-S125 ABS GSX-S1000F ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S750 ABS、ハーレーダビッドソン ファットボーイ30周年記念モデル、ロードグラ […]

’20ヤマハ トレーサー900/GTがカラーチェンジ【グレー系の2色を追加】

ヤマハMT-09の並列3気筒エンジンとフレームを受け継いだスポーツツーリングモデル「トレーサー900 GT ABS」と「トレーサー900 ABS」。カラーリングを変更した’20モデルが2月25日に発売される。 フェイスはそのままにカラーバリエーションを追加 MT-09の並列3気筒エンジンとフレームを受け継いだツーリングモデル「トレーサー900」。ストロークの長いサスペンションを持ち、シ […]

2019新車走評:国産大型アドベンチャー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #09]

オンロードとオフロードの双方をカバーし、安楽な旅性能を持つアドベンチャー。国産勢は、トレーサーを筆頭に舗装路での巡航性能を重視したモデルがメインストリーム。ヴェルシスにジャンル初の電制サス仕様がデビューした。一方で、オフ指向のモデルも増殖中。アフリカツインが人気を博し、新作のテネレ700もオフに強いキャラだ。 高速クルーズ向きから本格オフまで選び放題 安楽なライポジと長いストロークのサスによる快適 […]

プロト トレーサー900はさらにアドベンチャー色を強める!

2019春のモーターサイクルショーに登場した最新カスタムパーツをご紹介! プロトがお披露目したのは、前回記事のYZF-R25に続くヤマハ車のトレーサー900だ。積載性と快適性を高める、王道のカスタムパーツとは? よりワイルドに快適に、旅力をアップ ロードスポーツ的なビジュアルを持つトレーサー。プロトが展示したカスタム車は、全てボルトオンでアドベンチャーらしさを強調した。まず注目は、ヘプコ&ベッカー […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報