軽量でキビキビ走るといえばコレだ?!

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100って噂だけど……

ヤマハは、2022年モデルをもってFJR1300シリーズの生産を終了すると発表しているが、気になるのはヤマハ製の白バイが今後どうなるのかということ。ホンダはNT1100の白バイ仕様が登場するという噂もあるなか、全国を走る白バイの姿はどのように変化していくのだろう?

現在、白バイといえばホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300P」

日本における白バイは、世界でいえばポリスバイクと呼ばれたりして、各国でデザインもさまざま。いずれにも共通するのは、違反車両を追いかけるのに十分なエンジン出力と威風堂々としたたたずまい、そしてライダーたちの手本になるような運転技術を持った警察官が颯爽と走らせてるということだろう(一部に例外もあるような気はするけれど)。

だから、白バイには基本的に大型バイクを使用していて、その他の用途に原付二種などの警察車両が配備されていることもある、という感じになる。ちなみに海外では、サブ的に使われる車両にはスクーターが使用される例も少なくないようだ。

日本国内の白バイといえば、現行車両はホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300P」。古くは有名なメグロK2やホンダCB450、CB750フォアといった白バイから多様な車種を経て、ホンダVFR800Pに代わりCB1300Pが配備開始されたのが2009年。ヤマハFJR1300Pが配備され始めたのは2014年だ。一方、生産終了になっているスズキのGSF1200P(2004年に配備開始)は、現存稼働している白バイがどれだけあるのかわからない絶滅危惧種になっている。

2014年の白バイ大会にて。現行CB1300Pもマフラーを除く基本的な形は変えることなく継続採用されている。 [写真タップで拡大]

2014年型国内仕様をベースとしたFJR1300P。電サスや電子シフトのない標準グレードがベースだ。 [写真タップで拡大]

バイク乗りの立場からすれば、運転している時にはあまり喜んで近付きたい対象ではないかもしれないが、そうは言っても停めてあればカッコイイし、ついつい観察してしまったりするもの。CB1300Pがマイナーチェンジで勇ましい排気音を出すようになったことも、多くの方がご存じなのではないだろうか。

FJR1300の生産終了が発表されちゃったけど……

ヤマハは、2018年にマイナーチェンジした現行型FJR1300(市販車)に、FJR誕生20周年記念モデルを設定し、2022年2月に発売。これをもって生産終了することを発表した。となると、白バイはどうなるのか……。

ナイケンは欧州で自転車競技の先導に使われたりしているので、白バイっぽいイメージを想像できなくもない……? 背後にいるのはFJR1300の警察仕様だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハの現行モデルで次期白バイの候補になりそうな排気量のマシンといえば、MT-10、ナイケンGT、トレーサー9 GTあたりだろうか。欧州ではTMAXやトリシティの警察車両もあるようだが、日本の典型的な白バイの姿は想像しにくい。となれば、上記3車ということになるだろうが、MT-10はオーバースペックかつ正義の味方っぽくない面構え(失礼!)だし、ナイケンも特殊と言わざるを得ない。

というわけで、候補の筆頭はトレーサー9 GTになるだろうか。実は欧州ではすでに以前のモデルで警察車両が製作させており、日本での白バイ姿もイメージしやすい。FJR1300Pほどのトルク&パワーはないが、軽量で機動性が高く、電子制御による安全装備も満載。さまざまなオプション装着を前提にしていて発電能力には余裕がありそうだし、なにより長時間の走行でも疲れない。2021年にフルモデルチェンジして最新の排出ガス規制に適合しており、この先も長く活躍できるはずだ。

欧州で2015年に登場したMT-09トレーサー・ポリス。大型スクリーンや青色のフラッシングライト、リヤボックス&サイドケース、コンフォートシート、補助バッテリー、消火器ホルダーなどを追加装備している。新型ではさらにシャープな印象になりそうだ。 [写真タップで拡大]

さて、実はホンダ製の白バイにも世代交代の噂がある。CB1300Pから最新のNT1100へと移行するのではないかとの情報があったのだ。国内仕様はDCTのみが販売されているが、輸出仕様ではマニュアルトランスミッション(MT)仕様もあり、白バイに採用するならどちらも選択肢になるだろう。トレーサー9 GTと同じくツアラーベースとすることで、長時間の公務でも余計な疲労は少なく済みそうだ。

ただ気になるのは、CB1300Pの引退が、すなわちCB1300シリーズの終焉を意味することにならなければいいが……ということ。CB400SF/SBがまさかの生産終了(2022年10月までは生産)となった今、CB1300シリーズからNT1100へとダウンサイジングというのも現実味を帯びる。このあたりは引き続き情報を収集していきたい。

欧州のFJR1300Pほか

2012年型をベースとしたFJR1300Pの基本形。写真は2015年のもの(以下同)。 [写真タップで拡大]

イギリス仕様。 [写真タップで拡大]

ドイツ仕様。 [写真タップで拡大]

オランダ仕様。 [写真タップで拡大]

TMAXのポリス仕様もある(2015年)。写真はフランス仕様のようだ。 [写真タップで拡大]

イタリアではトリシティもあるぞ(2015年)。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース