ヤマハ トレーサー9GTディテール写真解説【電サス/シフター/クルコン装備のお買い得仕様】

ヤマハ トレーサー9GT

145万2000円という価格にて、3気筒ならではのスポーツ性能に電子制御サスペンションやコーナリングランプといった魅力的な装備をプラスした俊敏ツアラー・ヤマハ トレーサー9GT。ディテール写真を見ながらその特徴を解説する。

●文:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:長谷川徹/真弓悟史 ●外部リンク:ヤマハ

エンジンとフレームを刷新。電子制御も進化した

ヤマハMT-09をベースとするスポーツツアラーのトレーサーは、車名をこれまでのトレーサー900から「トレーサー9」へと改め、日本仕様では電子制御サスペンションを装備する上級版の「GT」のみがラインナップされた。

ヤマハ トレーサー9GT|スタイリング

【’21 YAMAHA TRACER9 GT】MT-09をベースとしたスポーツツアラーで、カウリング/3バッグ対応のリヤまわり/電子制御サスペンションなどを装備。旅装備も充実している。●色:銀 赤 灰 ●価格:145万2000円 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|スタイリング

[左]大型スクリーン/ブラッシュガード/独立したポジションランプを装備。タイヤは専用設計のブリヂストンT32を履く。[右]大型リヤシートを中心にツーリング向け装備が充実。一見すると大型だが3気筒エンジンを生かしたスリムさが際立つ。 [写真タップで拡大]

エンジンはストロークアップによる排気量43cc増で4psのパワーアップを実現したが、エンジン高は拡大せず、同時に軽量化も果たしている。

MT-09と共通のフレームは完全新設計で、最新のCFアルミダイキャスト技術によって最低肉厚は1.7mmに。エンジン搭載角を47.5度から52.3度へと立て気味にし、コンパクト化とディメンションの最適化を行なった。また、スイングアームはMT-09よりも60mm延長。3バッグ+タンデムにも対応するため、スチール製シートレールを採用した。

ホイールは鍛造並みの強度と靭性のバランスを実現したスピンフォージド鋳造。電子制御はバンク角連動のトラクションコントロール/旋回をサポートするスライドコントロール/ウイリー抑止のリフトコントロールを盛り込むとともに、コーナリングランプや電子制御サスペンションの制御にもIMUが活用されている。

トレーサー9GTの特徴

  • KYBと共同開発した2モードの電子制御サスペンション
  • 旋回サポートやリフトの制御も
  • R1顔にコーナリングランプをプラス
  • ダンパー内蔵サイドケース用ステー
  • グリップヒーター/クルーズコントロール標準装備
  • シート/ハンドル/ステップが調整可
  • スイングアームはMT-09より60mm長い
ヤマハ トレーサー9GT|エンジン
[写真タップで拡大]

888ccの3気筒エンジンは左右の懸架ブラケットを独自チューニングして搭載。上下対応クイックシフターも装備する。

ヤマハ トレーサー9GT|フロントホイールまわり

前後で約1000gの軽量化と慣性モーメントはF:11%、R:15%軽減したスピンフォージドホイール。キャリパーはモノブロック。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|スイングアームまわり

MT-09比で60mm延長された高剛性スイングアーム。ホイールベースは70mm長い。2次減速比を含むギヤ比はすべてMT-09と共通だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|電子制御サスペンション
[写真タップで拡大]

KYBと共同開発した2モードの 電子制御サスペンションを前後に装備。ソレノイドバルブを使用し、特に接地感にこだわった仕上げ。

ヤマハ トレーサー9GT|スクリーン
ヤマハ トレーサー9GT|スクリーン

【スクリーン&コーナリングランプを装備】スクリーンは5mm単位で10段階に調整可能。左右2眼に見えるのはポジションランプで、バンク角に応じたコーナリングランプを内蔵する。その下にあるのがYZF-R1などと同イメージの2眼LEDヘッドライトだ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|メーター
ヤマハ トレーサー9GT|ハンドルまわり

【左右に分割されたメーターが新鮮】フルカラーTFTの3.5インチダブルメーター。左ディスプレイに基本的な情報を表示し、右側には任意の情報を4つ選んで表示できる。各種電子制御モードもこの画面で調整。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|タンク

燃料タンク容量は18Lで、WMTCモード燃費20.4km/Lと掛け合わせると航続距離は約367kmに。膝まわりのスリムさも特徴だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|シート

大型の分割シートで快適に。シート高は15mm幅で2段階に調整可能。ステップとハンドル位置もそれぞれ2段階に調整できる。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9GT|テールランプ
[写真タップで拡大]

面発光的デザインのLEDテールランプ。サイドケース装着用のアッパーステーは標準装備。シートレールはスチール製だ。

ヤマハ トレーサー9GT|オプション装着
[写真タップで拡大]

【オプションの3バッグ装着で本格ツアラーとしても満点に】ユーロトップケース50L(3万6300円)/サイドケース(6万9300円)/サイドケースサポートステー(1万9800円)を装着した例。

新旧諸元比較|トレーサー9GT/トレーサー900/GT

新旧諸元比較:トレーサー9GT/トレーサー900/GT [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報