スタイルはそのままにイメージチェンジ

’20ヤマハ トレーサー900/GTがカラーチェンジ【グレー系の2色を追加】

  • 2020/2/6
YAMAHA TRACER900

ヤマハMT-09の並列3気筒エンジンとフレームを受け継いだスポーツツーリングモデル「トレーサー900 GT ABS」と「トレーサー900 ABS」。カラーリングを変更した’20モデルが2月25日に発売される。

●情報提供:ヤマハ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

フェイスはそのままにカラーバリエーションを追加

MT-09の並列3気筒エンジンとフレームを受け継いだツーリングモデル「トレーサー900」。ストロークの長いサスペンションを持ち、シート高も2段階に調整できるなど、オンロードを中心にマルチパーパスな舞台で活躍できるマシンだ。2段階+OFFのトラクションコントロールや3段階パワーセレクトといった電子制御システムを採用。上級版のGTは、シフトアップ方向へのクイックシフターが装備されているだけでなく、ロングスクリーンやフルカラー液晶メーター、フルアジャスタブルの倒立フロントフォークにリモートタイプ・プリロード調整式のリヤショック、さらにはクルーズコントロールやグリップヒーターまで、よりツーリングを快適にしてくれる装備を満載している。

今回追加される「マットダークグレーメタリック6」は、濃いグレーとレッドを組み合わせ、大人の落ち着きとスポーティさを感じさせてくれるカラーリング。「マットブルーイッシュグレーメタリック3」は、ヤマハが誇るスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」の’20年モデルと関連性を持たせたグレーとブルーをあしらい、上質なスポーツツーリングをイメージ。

STDは上記の新色2色展開、GTは新色「マットダークグレーメタリック6」と継続色「ブラックメタリックX」「マットダークパープリッシュブルーメタリック1」の3色展開となる。

税込価格は122万1000円[GT]/113万3000円[STD]で、新色モデルは2020年2月25日に発売される。

ヤマハ TRACER900 GT ABS

【’20 YAMAHA TRACER900 GT ABS / TRACER900 ABS】 マットダークグレーメタリック6 (新色) [写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 GT ABS

[写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 GT ABS

[写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 ABS

【’20 YAMAHA TRACER900 ABS】 マットブルーイッシュグレーメタリック3(新色) [写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 ABS

[写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 ABS

[写真タップで拡大]

ヤマハ TRACER900 GT ABS

トレーサーGTの継続色、ブラックメタリックX(左)とマットダークパープリッシュブルーメタリック1(右) [写真タップで拡大]

最新の記事