ヤマハMT-10/SP [’22後期 新型バイクカタログ]:YZF-R1ネイキッドがよりアグレッシブに

ヤマハMT-10/SP

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月29日

ヤマハMT-10/SP 概要

YZF-R1と共通コンポーネントを持つハイパーネイキッド。’22でフルモデルチェンジを受け、ユーロ5適合となると同時に、パワーアップや電子制御面の大幅進化と、車体面ではロングになったスイングアームや顔が小ぶりとなった新デザインの採用を行った。特に電子制御面では、新たにライドバイワイヤや6軸IMUを採用することで、バンク角対応型トラクションコントロール/ヤマハ初・可変速度リミッター/上下方向両対応クイックシフターといった走りを高める魅力的な装備を獲得。メーターもカラーTFTディスプレイとなった。上級版のSPは、アップデートされた電子制御の前後オーリンズサスペンションのほか、アンダーカバーを追加装備。日本発売は’22年10月26日だ。

’22 ヤマハMT-10

主要諸元

ヤマハMT-10[欧州仕様]

【’22 YAMAHA MT-10】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 166ps/11500rpm 11.4kg-m/9000rpm ■212kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:ディープパープリッシュブルーメタリックC パステルダークグレー マットダークグレーメタリック6 ●価格:192万5000円 ●発売日:’22年10月26日 ※写真は欧州仕様、以下同 [写真タップで拡大]

ヤマハMT-10[欧州仕様]
ヤマハMT-10[欧州仕様]

【カラーバリエーション】車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックC/パステルダークグレー/マットダークグレーメタリック6の3色。 [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハMT-10[欧州仕様]

【ユーロ5に対応しつつパワーアップ】エンジンは吸排気系の見直しでユーロ5適合と5.5psアップを同時に実現。マフラーも新型の軽量チタンに変更された。電スロ化でクイックシフターは新たに上下対応となっている。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハMT-10[欧州仕様]

【マスターもブレンボ】フロントブレーキのマスターシリンダーにはブレンボ製ラジアルポンプを採用し、制動時のコントロール性を追及。ポンプが斜めのセミラジアルではないところが本物志向だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハMT-10[欧州仕様]

【大胆不敵なY字面】LEDヘッドライトによる2眼スタイルを踏襲しながらフェイスまわりはコンパクトなデザインに一新。Y字スリット状のポジションランプがMTシリーズの一員であることをアピールする。 [写真タップで拡大]

ヤマハMT-10[欧州仕様]

【YZF-R1の最新電脳を継承】⬆4.2インチのフルカラーTFTを採用。電脳制御は4段階パワーモード/トラクションコントロール/スライドコントロール/ウイリー制御/ブレーキコントロールなどR1並みになり、それらを統合制御できる。 [写真タップで拡大]

’22 ヤマハMT-10SP

SP仕様の特殊カラー「Icon Performance」を身に纏い、足まわりをさらに強化。オーリンズ製電子制御セミアクティブサスペンションやステンメッシュタイプのブレーキホースを標準装備する。

ヤマハMT-10SP[欧州仕様]

【’22 YAMAHA MT-10 SP】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 166ps/11500rpm 11.4kg-m/9000rpm ■214kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:218万9000円 ●発売日:’22年10月26日 ※写真は欧州仕様、以下同 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ヤマハMT-10/SPに関連する記事

ヤマハMT-10/SP [’22後期 新型バイクカタログ]:YZF-R1ネイキッドがよりアグレッシブに

ヤマハMT-10/SP 概要 YZF-R1と共通コンポーネントを持つハイパーネイキッド。’22でフルモデルチェンジを受け、ユーロ5適合となると同時に、パワーアップや電子制御面の大幅進化と、車体面ではロングになったスイングアームや顔が小ぶりとなった新デザインの採用を行った。特に電子制御面では、新たにライドバイワイヤや6軸IMUを採用することで、バンク角対応型トラクションコントロール/ヤマ […]

ヤマハ新型「MT-10」「MT-10 SP」発売日決定! デザイン一新、変速度リミッターや上下対応シフターも採用

ヤマハは、MTシリーズの最高峰モデル「MT-10 ABS」と「MT-10 SP ABS」をモデルチェンジし、2022年10月26日に発売すると発表した。出力向上とともにデザインや電子制御も進化させ、操る悦びをサウンドでも表現したという。 充実の電子制御やパワーアップに加え、SPは二輪市販車で世界初採用のサスペンションも ヤマハは、同社の最高峰スーパースポーツ「YZF-R1」のエンジンを仕立て直して […]

ヤマハ新型「MT-10 SP」登場! 電子制御オーリンズやステンメッシュホースで武装

ヤマハは欧州および北米で新型モデル「MT-10 SP」を発表した。2021年11月10日に新型MT-10が初公開された際に車名だけは公表されていたが、ついにその姿を現した。“SP”仕様の特別カラーをまとい、足まわりはオーリンズ製電子制御セミアクティブサスペンションやステンメッシュタイプのブレーキホースを装備する。 充実の電子制御やパワーアップに加え、SPは豪華な足まわりを装備 シリーズ合計29万台 […]

ヤマハが新型「MT-10/SP」を発表! 可変速度リミッターや上下対応クイックシフトを採用

ヤマハは新型の「MT-10」と「MT-10 SP」を発表した。エンジンはユーロ5に適合しながら5.5psのパワーアップを果たし、電子制御をアップデート。ヤマハ初採用の可変速度リミッターを装備する。欧州での発売は2022年2月(SPは2022年中頃)、日本では2022年秋以降の発売予定だ。 写真が公開されたのはMT-10のみ! SPはEICMAで初披露か ヤマハは欧州で、モデルチェンジした新型「MT […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

ヤマハ「MT-10、MT-07」2020年モデル新色のブルーが登場、“R”イメージのマットグレー

ヤマハは並列4気筒997ccのMT-10および並列2気筒688ccのMT-07に新色のブルーを設定。ヤマハスーパースポーツのYZF-Rシリーズを彷彿とさせるマットグレーのフェンダーなどを採用し、兄弟車のMT-25/03やMT-09と共通のイメージをまとう。発売日はMT-10が2020年5月28日、MT-07は3月28日だ。 スタンダードなブルーにもレースイメージで遊び心を 現行YZF-R1ベースの […]

’20新車バイク総覧〈大型ネイキッド|国産車#3/5〉ヤマハ

攻撃的なルックスを持つビッグネイキッド群。リッターモデルはスーパースポーツ由来の強心臓を積むモデルが多く、「ストリートファイター」や「スーパーNK」とも呼ばれる。一方、ミドルネイキッドはフレンドリーさがウリだ。前ページまでのカワサキ車に引き続き、電脳化で熟成を図るヤマハ’20年モデル「MT-10」「MT-09」「MT-07」を紹介する。 二面性が楽しいマスターオブトルク〈MT-10〉 […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース