サウンドデザインで操る悦びを表現!

ヤマハ新型「MT-10」「MT-10 SP」発売日決定! デザイン一新、変速度リミッターや上下対応シフターも採用

ヤマハは、MTシリーズの最高峰モデル「MT-10 ABS」と「MT-10 SP ABS」をモデルチェンジし、2022年10月26日に発売すると発表した。出力向上とともにデザインや電子制御も進化させ、操る悦びをサウンドでも表現したという。

●外部リンク:ヤマハ

充実の電子制御やパワーアップに加え、SPは二輪市販車で世界初採用のサスペンションも

ヤマハは、同社の最高峰スーパースポーツ「YZF-R1」のエンジンを仕立て直して搭載したMTシリーズの最高峰モデル「MT-10 ABS」および上級モデルの「MT-10 SP ABS」をモデルチェンジし、2022年10月26日に発売すると発表した。

新型MT-10は“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発しており、エンジンは吸排気系を見直して平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合しながら6psのパワーアップを実現。吸気側では新たに3本のダクトを備えるエアクリーナーボックスを採用し、断面積と長さの異なる各ダクトによる共鳴音をチューニング。4000~8000rpmで官能的なサウンドを発生させる。このサウンドデザインは、四輪車のパワートレインサウンド開発にも小されたαlive ADを応用したものだという。

また、IMUを核とした高精度な各種電子制御に加え、ヤマハ初採用の可変速度リミッターYVSL(Yamaha variable speed limiter)を装備するのもトピックだ。クイックシフターはアップのみだった従来から上下対応になり、スポーツライディングの充実度と普段使いの利便性を向上した。デザインはMT-09系にも共通するツリ目のポジションライトで新たな表情を得て、さらにエルゴノミクスも追求したとしている。

上級モデルのSPは、オーリンズ製スプールバルブ内蔵の電子制御サスペンション(市販二輪車への搭載は世界初)を装備するほか、ブラックアウトされたハンドルバーやシルバーの燃料タンクなど、スペシャルな外観を奢った仕様だ。

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model] [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

主要諸元■全長2100 全幅800 全高1165 軸距1405 シート高835(各mm) 車重212kg[214kg](装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 997cc 166ps/11500rpm 11.4kg-m/9000rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L(ハイオク指定)■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:192万5000円[218万9000円] ●色:灰、青、暗灰、[銀] ●発売日:2022年10月26日 ※[ ]内はSP

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]パステルダークグレー(グレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]パステルダークグレー(グレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]パステルダークグレー(グレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]パステルダークグレー(グレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 ABS[2022 model]マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー) [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]

YAMAHA MT-10 SP ABS[2022 model]ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー) [写真タップで拡大]

MT-10 ABS/MT-10 SP ABSのメカニズム解説

注目はクロスプレーンクランクを採用するエンジンだ。ベースとなっているYZF-R1は2021年型で先行して最新排出ガス規制に適合し、スペック値は200psで変わらないもののヤングマシンがで実測数値で1割近くもパワーアップしていた。新型MT-10はスペックも変更され、従来の160ps/11500rpmから166ps/11500rpmへとパワーアップし、トルクも11.3kg-m/9000rpm→11.4kg-m/9000rpmとされた。

また、“操る悦びを体感できるサウンドデザイン”を謳い、新たに3本の吸気ダクトを備えるエアクリーナーボックスを採用。断面積と長さの異なる各ダ
クトが生む吸気音を各周波数帯で共鳴させ、かつそれぞれのダクトから出る音圧のバランスをチューニング。4000~8000rpmで官能的なサウンドを発生させ、加速時やコーナー立ち上がり時にトルク感に加え、サウンドでも走る悦びを伝えるとしている。

今回は初の試みとして四輪車のパワートレインサウンド開発に用いられたαlive AD(※)を応用し、二輪車のサウンドデザインを進めたという。

※エンジン回転数や車速に合わせて電子音を合成再生するシステム

また、タンクカバーの上面左右に音の響きを強調するアコースティック・アンプリファイア・グリルを設置したことにより、吸気による共鳴音だけでなくダクト自体の振動である“ダクトの鳴り”をライダーに向けて発生。CP4エンジン(クロスプレーンクランク採用の4気筒)ならではの、90度V4エンジンのような感応的な伸びるサウンドを体感できる。

メーターは4.2インチフルカラーTFTをスタンダードモデルにも採用(従来はSPのみ)。アクセルポジションセンサーグリップ(APSG)採用のライドバイワイヤスロットルにより、4つのパワーモードに設定できるほか、新たに採用した6軸IMUと合わせて、バンク角検知型トラクションコントロールシステム、スライドコントロールシステム、リフトコントロールシステム(ウイリーコントロールに相当)、エンジンブレーキマネジメント、ブレーキコントロール、そしてこれらを統合して制御できる『ヤマハライドコントロール(YRC)』を実装し、YZF-R1並みの電子制御を実現している。

また、上下対応となったクイックシフト(従来はアップのみ)を採用したほか、最高速度を任意で設定できる可変速度リミッターのYVSL(Yamaha variable speed limiter)を採用した。これは高速道路や街中などの状況や速度制限に合わせて、決められた数値以上の速度が出ないように設定できるというものだ。

デザインは重厚だった従来型からコンパクトなフェイスになり、ヘッドライトはモノフォーカスLEDをツインで装着。そして他のMTシリーズに共通するツリ目のポジションライトを採用した。スムーズなデザインとなった燃料タンク形状などにより、エルゴノミクスも向上している。

フロントブレーキには、別体リザーバータンクのブレンボ製ラジアルマスターシリンダーを採用し、コントロール性を向上したという。

フレームは200psに対応するYZF-R1譲りの軽量デルタボックスを採用。前後サスペンションはKYB製で、上級モデルのSP(詳細未発表)はアップデートされた電子制御式オーリンズサスペンションとアンダーカバーなどを装備する。タイヤはブリヂストン製のバトラックスハイパースポーツS22だ。

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

T型のテール/ストップランプはもちろんLED。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

モノフォーカスタイプのLEDヘッドライトをツイン装着。それぞれがハイ/ロービームの役割を持つ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

4.2インチTFTメーターはスタンダードモデルモデルにも(従来はSPのみ)。基本情報のほか電子制御などを見やすく配置している。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

クルーズコントロールだけでなく、最高速度を任意に設定できる速度リミッターも初採用している。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

オーリンズ製スプールバルブ内蔵の電子制御サスペンションはSPの特別装備。二輪市販車では世界初採用だという。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

車体色パステルダークグレーにはティール系の色を採用したホイールを装着。L字型のエアバルブは空気圧調整に便利。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

燃料タンク左右には共鳴音を生むアコースティック・アンプリファイア・グリルを設置。“ダクトの鳴り”を表現するという。写真はSPだ。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-10 ABS / MT-10 SP ABS[2022 model]

ブレンボ製の純ラジアルポンプ マスターシリンダーを採用。“純”とは、ピストンがハンドルバーの軸に対してカッチリ90度になっているという意味。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース