ホンダ スーパーカブ50/プロ[新型バイクカタログ]:全世界で愛される”働きバイク”

ホンダ スーパーカブ50/プロ[新型バイクカタログ]

スーパーカブ50/プロ 概要

’58の初代登場から続く超ロングセラーモデル。クラッチ操作不要の4速ミッションは、停車時のみロータリー式になる便利な仕様。丸目ライトはLEDだ。30km定地燃費は驚異の105.0km/Lで、WMTCモードも69.4km/Lとクラストップ。前後14インチタイヤ/フロントバスケット/大型リヤキャリアを装備した「プロ」も用意される。

’20 スーパーカブ50

'20 ホンダ スーパーカブ50|パールシャイニングイエロー

【’20 HONDA SUPER CUB 50】■空冷4スト単気筒 49cc 3.7ps/7500rpm 0.39kg-m/5500rpm ■車重96kg シート高735mm 4.3L ■タイヤサイズF=60/100-17 R=60/100-17 ●色:パールシャイニングイエロー バージンベージュ タスマニアグリーンメタリック アーベインデニムブルーメタリック ●価格:23万6500円 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ スーパーカブ50|バージンベージュ
'20 ホンダ スーパーカブ50|タスマニアグリーンメタリック

[写真タップで拡大]

'20 ホンダ スーパーカブ50|アーベインデニムブルーメタリック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはイエロー/ベージュ/グリーンメタリック/ブルーメタリックの4色展開。

’20 スーパーカブ50 プロ

'20 ホンダ スーパーカブ50プロ|セイシェルナイトブルー

【’20 HONDA SUPER CUB 50 PRO】■車重108kg シート高740mm ■タイヤサイズF=70/100-14 R=80/100-14 ●色:セイシェルナイトブルー ●価格:25万8500円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

スーパーカブ50/プロに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

日本独自規格の50ccは、残念ながら現状維持で変化ナシ。今後はカーボンニュートラルに舵を切った社会と時世に合わせ、EV化が進むものと思われる。 日本独自の原一クラスは電気で楽しむ時代の先駆け!? かつては通勤/通学/買い物の足として重宝された50ccだが、この1年ではラインナップに変化なく、継続モデルがほとんど。近距離移動では低コスト化している電動アシスト自転車の方が優勢になっており、原付一種独自 […]

できるかな? 200ピースの「ナノブロック®」でホンダ「スーパーカブ50」を再現!

株式会社カワダが販売する世界最小級ブロック「ナノブロック®」に、日本を代表する二輪車であるホンダ「スーパーカブ」が登場する。2種類の色違いのブルーとグリーンがラインナップされ、構成するピース数は200。世界中で親しまれるスーパーカブを自らの手で完成させよう! ちっちゃくてもリアルでカッコイイ! でもやっぱりカワイイ 株式会社カワダが販売する「ナノブロック®」に、1958年の発売以来世界中の人々に親 […]

大ヒットアニメ『スーパーカブ』の原作者 トネ・コーケンさんに聞く「カブならではの魅力とは?」

ライトノベル原作でアニメ化された『スーパーカブ』 1958年登場の初代スーパーカブC100から始まり、半世紀以上もの間、世界中の人々に愛されてきたスーパーカブシリーズ。 この「スーパーカブ」にスポットライトを当てたアニメが、KADOKAWAの手掛ける「スーパーカブ」です。 物語の主人公は天涯孤独の女子高生、小熊。生後まもなく父親と死別し、高校入学直後に母親は失踪、頼れる親戚もなく山梨県北杜市で慎ま […]

2021新車バイクラインナップ〈原付一種50cc|日本車最新潮流解説〉

50ccはほとんど日本独自の規格とあって、ゼロハンスポーツはとうの昔に消滅し、原付一種スクーターもガラパゴス化した感は否めない。維持費や免許的にもメリットが大きい原付一種だけに、現状維持以上の展開を期待したいところだ。 原付一種を維持しながら着実に歩を進めるホンダ 庶民の足として通勤や通学にも重宝される原付一種モデル…と言いたいところだが、現在は大幅に減少しているのが事実。様々な要因が考えられるが […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈50cc原付一種クラス〉クロスカブ/スーパーカブetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク 最新潮流解説 ホンダ クロスカブ50|スーパーカブ50/プロ|ダンク|タクト/ベーシック|ジョルノ/デラックス|ジャイロX/キャノピー|ベンリィ/プロ ヤマハ ジョグ/デラックス|ビーノ スズキ アドレスV50|レッツ/バスケット クロスカブ50:楽しいトレッキングカブ スーパーカブ50をベースに、レッグシールドを排したフレームカバーや武骨なライ […]

’20モデル スペックベストテン〈燃費編〉【カブファミリーはじめホンダが上位独占】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 世界中で愛されるカブが堂々の戴冠 燃料1Lあたりの走行距離を示す「燃費」。世界統一基準で、実際の使用状況に近いWMTCモードで比較した。その結果、好燃費の代名詞であるホンダ スーパーカブ50と派生モデルのクロスカブ50が順当に1位を獲得した。3位は新作のホンダ CT12 […]

ピンクのカブ……ホンダ「スーパーカブ50/スーパーカブ110・『天気の子』ver.」受注期間限定発売

今春にスタートしたHondaGO(ホンダゴー)バイクレンタルにひっそりと配備されていたピンクのスーパーカブ特別仕様、『天気の子』ver.が市販車として発売されることになった。2020年7月23日から受注期間限定での発売となり、価格はSTDから+3万3000円だ。 サマーピンクのボディにブラウンシート、専用ステッカーも配した特別仕様 2019年公開映画ナンバー1の大ヒットとなったアニメーション映画「 […]

『スーパーカブ』TVアニメ化が進行中【ホンダ自らが協力&監修を担当】

『スーパーカブ』というタイトルのTVアニメ化が進行中だ。角川スニーカー文庫の同名ライトノベルが原作で、山梨県の女子高生がふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、単調な生活が変わり始めるというストーリー。協力&監修は、スーパーカブをリリースするホンダ自らが担当し、リアルな描写に期待できそうだ。

’20新車バイク総覧〈50cc原付一種|国産車#1/2 カブ&スクーター〉ホンダ

通勤・通学・買い物と手軽な生活の足として活躍する、ほぼ日本独自の規格・原付一種=ゼロハン。バイク市場の環境変化により以前よりラインナップは減ったものの、普通四輪免許で乗れることに加え維持費もリーズナブルとあって、現在も一定の存在感を示している。本ページでは、国民的バイク・スーパーカブ50を筆頭に、ホンダの新車ラインナップ×7車を紹介する。 取り巻く環境の変化はあれど、カブを筆頭にまだまだ元気 庶民 […]

スーパーカブの化粧直しに挑む【ノンレストアを磨き込み、驚きの美しさに】

幾多の歳月が刻み込んだ雰囲気=未再生車両のオーラに対し、ちょっと違った価値観を持つファンが増えているという、スーパーカブの世界。ある意味「いい感じのサビ」が、そのようなファン心理を生んでいると言えなくもない。今回、かなり程度の良い車両のお化粧直しを試みた。 ヘッドライトの下に大きなポジションランプ(通称”行灯”)を配した、’60年代のスーパーカブ。その化粧直しを […]

スーパーカブ系エンジンで世界最高速記録にチャレンジ! 日本の中小企業の技術力を結集

「日本製造業の技術力を結集し、世界最速に挑む」という趣旨のプロジェクト、スーパーミニマムチャレンジ(Super Minimum Challenge = SMC)では、広大な塩の平原で最高速度にチャレンジする「ボンネビル モーターサイクル スピード トライアルズ2019」に、オリジナル製作の50ccのバイクで挑戦する。目指すは、なんと233km/h超えだという。 スーパーカブ系エンジンを使って、記録 […]

全長約5cmのカワイイ「ホンダ スーパーカブ」のカプセルトイが登場[全5種類]

  組み立て&塗装不要のミニチュアモデル「1/12 完成品バイク」シリーズなどで知られる青島文化教材社から、全長約5cmのカプセルトイ「1/32 スーパーカブコレクション」の色替えバージョン第2弾が登場する。大好評のスーパーカブシリーズに、新たに設定されたカラーは全5種類となっている。 1/32 スーパーカブコレクション 色替えバージョンvol.2 いわゆる“ガチャガチャ”でゲットできる […]

ビジネス仕様[出前機付き]とポリス仕様のスーパーカブを再現!【しかも車体は旧型】

青島文化教材社が製造している組み立て&塗装不要のミニチュアモデル「1/12 完成品バイク」シリーズ。ダイキャスト製のボディ、可動式タイヤ&リアサス、展示用の台座が付属するなど、バイクマニアの鑑賞に耐えうるクオリティのミニチュアをリーズナブルな価格で展開するこのシリーズから、スーパーカブが登場する。ちょいとマニアックなビジネス仕様&ポリス仕様だ。 1/12完成品バイク ホンダ スーパーカブ50[出前 […]

スーパーカブの特製ヘルメットがふたたび登場!

赤✕白の「60周年記念車」イメージのものに続いて、またもやスーパーカブ用のヘルメットが登場した。今度は高級スポーツジェットをベースに用いることで、カブでロングツーリングを楽しむユーザーも意識しているのが特徴だ。 ベースはアライVZ-RAM 先日発売されたスーパーカブ用ヘルメットは生誕60周年を記念したもので、アイボリー✕レッドのカラーリングがオシャレなコンペシールドタイプだったが、今回登場した「A […]

スーパーカブ60周年の「限定」ヘルメット登場

クロスカブのモデルチェンジや真紅の60周年記念車の発売、そして上質感あふれるパーソナルユース指向のC125登場など、初代登場から60周年の節目となる今年はスーパーカブの話題が尽きない。そんな中、今度は「スーパーカブ60周年記念”限定”ヘルメット」が登場した! 60周年記念車のカラーリングをイメージ 8月1日に発売された、ホンダ・スーパーカブ50/110「60周年アニバーサリー」。1963年の対米輸 […]

2018新型スーパーカブ110/50の試乗インプレッション

1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制に適合しつつ、従来型で角型だったヘッドライトをLED 式の丸目とするなど、“ニッポンのカブ”スタイルへと回帰したデザインが特徴だ。 ※ヤングマシン2018年1月号(2017年11月24日発売)より 【〇】日本人が思い描く”カブ”に エンジンの耐久性やシフトフィール向上、シートや操安性 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報