バイクライフ|モーサイ

大ヒットアニメ『スーパーカブ』の原作者 トネ・コーケンさんに聞く「カブならではの魅力とは?」

●編集:モーサイ編集部(中牟田歩実) ●レポート:トネ・コーケン ●写真:KADOKAWA/ホンダ

ライトノベル原作でアニメ化された『スーパーカブ』

1958年登場の初代スーパーカブC100から始まり、半世紀以上もの間、世界中の人々に愛されてきたスーパーカブシリーズ。

この「スーパーカブ」にスポットライトを当てたアニメが、KADOKAWAの手掛ける「スーパーカブ」です。

物語の主人公は天涯孤独の女子高生、小熊。生後まもなく父親と死別し、高校入学直後に母親は失踪、頼れる親戚もなく山梨県北杜市で慎ましく暮らすなかで偶然1台のスーパーカブに出会い、その魅力に惹かれていくのです。

アニメ「スーパーカブ」は、主人公小熊の声優に自身もライダーである夜道雪さんを迎えて大ヒット作となり、2021年6月23日に惜しまれつつも最終回を迎えました(一部地域では放送日時が異なります)。

原作は、角川スニーカー文庫から刊行されている同タイトルのライトノベルです。2021年6月現時点でのシリーズ既刊は本編7巻、短編集1巻の計8巻となっています。

本編では描かれなかった主人公・小熊と仲間たちの隙間の時間を描く短編を集めた『スーパーカブ reserve』(画像提供:角川スニーカー文庫)。
小説『スーパーカブ』の作者はライトノベル作家のトネ・コーケンさん。

10代の頃からバイクに熱中し、カブ系モデルではプレスカブ、スーパーカブ90を乗り継いだほか、ジョグ、アドレスV100、TZR125、TZR250、SDR、GSX-R1100、YBR125Gなどを所有してきた生粋のバイク好きです。

そんなトネ・コーケンさんに「小説を書くに至ったほど、なぜカブが好きなのか」を聞いてみました。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報