ホンダ レブル250/Sエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:気軽に付き合えるクルーザーは国内軽二輪で敵ナシの大ヒット!

ホンダ レブル250/Sエディション

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月23日

レブル250/Sエディション 概要

“豪華さを追求しないこと”がコンセプトのボバー系スタイルが大人気、’21年も軽二輪でダントツの登録台数を誇った。

兄貴分のレブル500とほぼ共通の鋼管ダイヤモンドフレームで、堂々としたスタイルながら足着き性もバッチリ。4眼インナーレンズのLEDヘッドライトも洒落ている。

Sエディションはビキニカウル/フォークカバー&ブーツ/ワディングシートを装備した豪華仕様。’22モデルでは従来色に加えてニューカラーのパールスペンサーブルーが追加された。

令和2年排出ガス規制への適合がメインと思われる国内新型が登場間近だ。

’22 レブル250 Sエディション

主要諸元

'22 ホンダ レブル250 Sエディション|パールスペンサーブルー

【’22 HONDA REBEL250 S EDITION】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 26ps/9500rpm 2.2kg-m/7750rpm ■車重171kg シート高690mm 11L ■タイヤサイズF=130/90-16 R=150/80-16 ●色:マットアクシスグレーメタリック パールスペンサーブルー ●価格;:63万8000円 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ レブル250 Sエディション|マットアクシスグレーメタリック

Sエディションのカラーバリエーションは新色のブルー/継続色のグレーの2色展開。 [写真タップで拡大]

’20 レブル250

主要諸元

'20 ホンダ レブル250|マットジーンズブルーメタリック

【’20 HONDA REBEL250】■車重170kg ●色:マットジーンズブルーメタリック マットアーマードシルバーメタリック マットフレスコブラウン ●価格:59万9500円 ●発売日:’20年3月19日 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ レブル250|マットアーマードシルバーメタリック
'20 ホンダ レブル250|マットフレスコブラウン

カラーバリエーションはブルー/シルバー/ブラウンの3色展開で、いずれもクールな艶消しだ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'20 ホンダ レブル250|ライディングポジション

身長150cm台でも両足が着く690mmというシート高は特筆すべきもの。この安心感は絶大で、女性からの人気の高さも納得できる。ハンドルは軽く前方にも荷重できる位置に設定されている。[身長168cm/体重61kg] [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

'20 ホンダ レブル250|エンジン
'20 ホンダ レブル250|エンジン

249ccの水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンはCB250R/CBR250R/CRF250Lと同系。低回転から高回転までスムーズに回り、味付けはレブル特有のポコポコとした感触が楽しめる。 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ レブル250|マフラー

スロットルを開けたときのパルス感が特徴のマフラー。内部構造は2室に分けられており、排気音とメカニカル音がバランス良く、軽やかなサウンド。 [写真タップで拡大]

足まわり

'20 ホンダ レブル250|フロントまわり
'20 ホンダ レブル250|リヤサスペンション

フロントフォークはインナーパイプ径φ41mmの正立フォークを採用。シングルディスクとニッシンの2ポットキャリパーを組み合わせるフロントブレーキにはABSを標準装備。リヤサスペンションは2本タイプで、プリロードは車載工具によって5段階の幅で調整できる。 [写真タップで拡大]

主要装備

'20 ホンダ レブル250|ヘッドライト

レブルシリーズは同型の4灯式LEDを採用、イメージを統一する。なお、灯火類はすべてLED化を済ませている。 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ レブル250|ディスプレイ

丸型メーターはφ100mmの小型LCDディスプレイを採用。ギヤポジションや左右独立点灯するウインカーも表示する。 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ レブル250|タンク

タンクは形こそ小ぶりだが容量は11Lで、34.1km/L(WMTCモード値)と燃費もよく経済性も高い。デザイン的にも秀逸だ。 [写真タップで拡大]

'20 ホンダ レブル250|シート
'20 ホンダ レブル250|シート下

シートはセパレートタイプ。タンデム側の座面は必要最小限だが、オプションパーツのバックレストも設定されている。シート裏面にはスパナ/ドライバー/フックレンチ/延長パイプといった車載工具に収納されている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダ レブル250/Sエディションに関連する記事

ホンダ レブル250/Sエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:気軽に付き合えるクルーザーは国内軽二輪で敵ナシの大ヒット!

レブル250/Sエディション 概要 “豪華さを追求しないこと”がコンセプトのボバー系スタイルが大人気、’21年も軽二輪でダントツの登録台数を誇った。 兄貴分のレブル500とほぼ共通の鋼管ダイヤモンドフレームで、堂々としたスタイルながら足着き性もバッチリ。4眼インナーレンズのLEDヘッドライトも洒落ている。 Sエディションはビキニカウル/フォークカバー&ブーツ/ワディングシートを装備した […]

新型「レブル250」登場間近! ホンダが国内SNSでティーザーを開始、ニューカラーがよさげだぞ

ホンダは国内SNSで、新型レブル250/レブル250Sエディションの姿を公開した。正式発表は追って行われるが、高級感のあるニューカラーに注目だ。従来型は令和2年排出ガス規制に適合しておらず、受注が一時停止となっていた。 正式発表も遠くない! ホンダ「レブル250」は押しも押されもせぬ大人気モデルだが、現行車は令和2年排出ガス規制に適合していないためモデルチェンジが確実。すでにオーダーが一定数に達し […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? 中型免許クラス オンロード部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は中型免許クラス部門。CBR400R/400X/ニンジャ400は規制をクリア。残る主要モデルのGBとYZF-R3はどうなるか? ホンダ GB350/S【次世代の空冷シングル […]

ホンダ レブル250/見た目で敬遠すると大損です! 何も考えず、乗るだけでキモチイイ〈YM的新車バイクざっくり解説〉

 「このバイクって、どこが良いの?」バイク好きなら一度は口にしているであろうこのセリフ。そんな疑問に一発回答! 日夜ニューモデルに触れまくっているヤングマシン編集部が、取材で得た裏話も交えて注目モデルの魅力のキモをピンポイントで伝えます。今回はもっか販売絶好調、軽二輪以上では日本で最も売れるバイクと言っていいホンダのレブル250だ。 見た目を裏切る(?)走りの爽快感 ‘17年の登場以来、倍々ペース […]

レブル500も追加…ッ! ホンダが受注一時停止機種リストをアップデート

ホンダモーターサイクルジャパンは8月1日、コロナ禍によるロックダウン、世界的な海上輸送・港湾の混雑、半導体供給不足などの複合的な要因から製品・部品入荷や物流の遅延が継続・長期化しており、生産・海外からの入荷見通しが依然として不透明な状況が続いていること、そして日本国内け二輪車に対して2022年11月生産分より「令和2年排出ガス規制」が適用(※)されることに伴い、一部機種については現行モデルの注文が […]

ホンダCL250/CL500続報:60万円切りで’23年デビューか?【YM未来予想】

6年ぶりに国内販売が40万台を突破し、バイクブームの昨今。トップメーカーのホンダは抜かりなく次の“弾”を用意しているらしい。 本誌がつかんだ独自情報&大予想をここに余すことなく公開しよう! まずは本誌スクープで大反響を呼んだCL250/500の続報。シブくて軽快、しかもレブル並みの価格に収まりそうだ。 大人にも似合う外観とお値打ち価格で発進 以前に第一報をお伝えしたホンダ「CL250/50 […]

レブル250とGB350、どっちがいいの? ホンダの身内同士にして最大のライバルを比較!

新車購入時に「コレ一択!」と決めることもあるけど、自分なりの条件設定でライバル車を見定め、比較してから買うバイクを決める場合もある。ここでは、ホンダドリームで購入の際に迷うユーザーが多いという、250クラスと400クラスの超売れっ子同士、レブル250とGB350を比較してみたい。 レブル250[59万9500円~] vs GB350/S[55万円~] ホンダドリームを訪ねると、新車の購入時にレブル […]

ホンダが二輪車の一部機種について受注を一時停止、今後も生産計画に達した場合は同様の措置

ホンダモーターサイクルジャパンは7月6日、コロナ禍によるロックダウン、世界的な海上輸送・港湾の混雑、半導体供給不足などの複合的な要因から製品・部品入荷や物流の遅延が継続・長期化しており、生産・海外からの入荷見通しが依然として不透明な状況が続いていること、そして日本国内け二輪車に対して2022年11月生産分より「令和2年排出ガス規制」が適用(※)されることに伴い、一部機種については現行モデルの注文が […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース