ホンダ ゴールドウイング/ツアー [’22後期 新型バイクカタログ]:バガータイプのSTDは’22がラスト

ホンダ ゴールドウイング/ツアー

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

ホンダ ゴールドウイング/ツアー 概要

1833ccの大排気量水平対向6気筒を誇るホンダのフラッグシップ・グランドツアラー。そのエンジンはリバース機能付きのDCTで操作を簡便化。フロントは通常のテレスコピックではなく、ダブルウィッシュボーンサスペンションで巨大な車重を支える強靭さと軽快なハンドリングの両立を実現する。トップケースほか装備”全部入り”が上級版の「ツアー」で、’22モデルはこのツアー/STDそれぞれに新色を設定した。STDの方のみ、’22をもって生産終了決定が正式にアナウンスされた。

’22 ホンダ ゴールドウイングツアー

主要諸元

ホンダ ゴールドウイングツアー|キャンディーアンダートーン

【’22 HONDA GOLD WING TOUR】■水冷4スト水平対向6気筒SOHC4バルブ 1833cc 126ps/5500rpm 17.3kg-m/4500rpm ■車重389kg シート高745mm 21L ■タイヤサイズF=130/70R18 R=200/55R16 ■ブルートゥース ●色:キャンディーアーダントレッド ガンメタルブラックメタリック パールグレアホワイト ●価格:346万5000円 [写真タップで拡大]

ホンダ ゴールドウイングツアー
ホンダ ゴールドウイングツアー

カラーバリエーションはブラック/レッド/ホワイトの3色展開。 [写真タップで拡大]

エンジン

ホンダ ゴールドウイングツアー|エンジン

シルキーなフィーリングが持ち味のフラット6エンジンはDCTでオートマチック操作が実現。DCTなので、AT限定大型免許で運転することが可能だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ ゴールドウイングツアー|リヤトランク

【荷室は+11L】’21年型では、ツアーのリヤトランクが11L増の61L容量に大型化され、これに伴いパッセンジャーの背もたれ部が寝かされて、後席の居住性が向上した。 [写真タップで拡大]

ホンダ ゴールドウイングツアー|メーター

【スマホ連動が標準装備】メーターはアナログ+カラー液晶。Apple Car Play/Andoroid Autoとの接続機能を装備し、市販ブルートゥースヘッドセットとの組み合わせ使用も可能だ。 [写真タップで拡大]

’22 ゴールドウイング

主要諸元

ホンダ ゴールドウイング|

【’22 HONDA GOLD WING TOUR】■車重366kg ●色:マットジーンズブルーメタリック ●価格:294万8000円 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダ ゴールドウイング/ツアーに関連する記事

ホンダ ゴールドウイング/ツアー [’22後期 新型バイクカタログ]:バガータイプのSTDは’22がラスト

ホンダ ゴールドウイング/ツアー 概要 1833ccの大排気量水平対向6気筒を誇るホンダのフラッグシップ・グランドツアラー。そのエンジンはリバース機能付きのDCTで操作を簡便化。フロントは通常のテレスコピックではなく、ダブルウィッシュボーンサスペンションで巨大な車重を支える強靭さと軽快なハンドリングの両立を実現する。トップケースほか装備”全部入り”が上級版の「ツアー」で、& […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

ホンダ ゴールドウイング(GL1800)開発者インタビュー 「NSR250R開発担当が追求した、スポーツとラグジュアリーの両立」

ゴールドウイングの本場、アメリカでの徹底調査からスタート 「快適かつ静粛性が高い」という点では、完成の域に達していたと言えるホンダのグランドツアラー・4代目ゴールドウイング(GL1500)。だが、そこにあえてスポーティという要素を付け加え、全面刷新の上で2001年に発売された5代目ゴールドウイング(GL1800)は一見相反する要素を見事に両立させていた。 LPL(ラージプロジェクトリーダー)に抜擢 […]

生産終了決定ッ!! CB400スーパーフォア/スーパーボルドール、さらにVFR系やゴールドウイングまで……

ホンダは、2022年11月生産分より国内向け二輪車に対して「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、 一部機種について2022年10月生産分をもって生産終了とすることを発表した。そこに含まれていた機種には、V4エンジンのVFR800F/X、ゴールドウイング、ベンリィ110も、そして誕生から30年の歴史を刻んだCB400SF/SBが……。 法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了に […]

ホンダ「ゴールドウイング」に新色登場! 上質なマットブルーと重厚なブラック

ホンダは、水平対向6気筒エンジンを搭載するツーリングモデル『ゴールドウイング(Gold Wing)』シリーズのカラーバリエーションを一部変更し、2022年4月21日(木)に販売開始する。 フラッグシップモデルにふさわしい上質感と重厚感に溢れるニューカラーが登場 ゴールドウイングは1833cc水平対向6気筒エンジンを搭載する、ホンダのフラッグシップモデルだ。伝統の水平対向エンジンはモデルチェンジのた […]

ホンダ「グロム」に鮮烈イエロー、”SP”も見参だとッ?! 【’22 ホンダ 新色続々登場】

欧州や北米にて、続々と発表されている’22モデル。ホンダもEICMA(ミラノショー)を中心にニューカラーの発表ラッシュだ。レブルのアースカラーは既報の通りだが、X-ADVにもタフなイメージに合う新色ベージュが登場。ここではフォルツァやCB650R/CBR650R、スクーターのSHシリーズなど、ホンダの新色を一挙にご紹介しよう!! とくに注目なのはグロム。”女王蜂&#8221 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

ホンダ新型「ゴールドウイング」登場! トランクスペース拡大&オーディオ進化ほか【2/25発売】

ホンダは、水平対向6気筒1833ccエンジンを搭載した大型ツアラー「ゴールドウイング(Gold Wing)」シリーズをモデルチェンジし、2021年モデルとして発売する。主な変更点は使い勝手や快適性の向上に関わる部分。また、カラーバリエーションも変更されている。 55Wオーディオスピーカーを採用、アンドロイドオートも標準採用した ホンダはゴールドウイングシリーズをモデルチェンジ。大型二輪AT限定免許 […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース