ホンダ ゴールドウイング/ツアー[新型バイクカタログ]:ホンダ2輪車最大排気量の旗艦

ゴールドウイング/ツアー 概要

1833ccの巨大な水平対向6気筒エンジンを搭載したツーリングクルーザー。’18年型で17年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。STDはバガーカスタムスタイルを取り入れ、上級仕様のツアーはロングスクリーンやリヤトランクなどを追加装備して旅の快適性と利便性を高めてある。また、ツアーはライディングモード連動の電動調整式前後サスペンションを備える。

’21年型ではマイナーチェンジが施され、まず両仕様ともDCTタイプのみに。オーディオはグレードアップされて55Wスピーカー(STDは前側2個、ツアーは前後各2個) を新採用し、イコライザーや車速感応式自動調整レベルの最適化が図られた。さらにツアーは、リヤトランク容量の拡大やLEDフォグライトの標準装備化も図られている。

’21 ゴールドウイングツアー

ホンダ ゴールドウイングツアー|キャンディーアンダートーン

【’21 HONDA GOLD WING TOUR】■水冷4スト水平対向6気筒SOHC4バルブ 126ps/5500rpm 17.3kg-m/4500rpm ■車重389kg シート高745mm 21L ■タイヤサイズF=130/70R18 R=200/55R16 ■ブルートゥース ●色:キャンディーアーダントレッド ガンメタルブラックメタリック パールグレアホワイト ●価格:346万5000円 ●発売日:’21年2月 [写真タップで拡大]

ホンダ ゴールドウイングツアー|ガンメタルブラックメタリック
ホンダ ゴールドウイングツアー|パールグレアホワイト

カラーバリエーションはレッド/ブラック/ホワイトの3色展開。 [写真タップで拡大]

ホンダ ゴールドウイングツアー|リヤトランク
[写真タップで拡大]

【荷室は+11L】’21年型では、ツアーのリヤトランクが11L増の61L容量に大型化され、これに伴いパッセンジャーの背もたれ部が寝かされて、後席の居住性が向上した。

ホンダ ゴールドウイングツアー|メーター
[写真タップで拡大]

【スマホ連動が標準装備】従来型ではソフトウエアアップデートにより使用可能だったAndroid Autoが、’21年型からは標準装備。AppleCarPlayにもこれまで同様に対応した(両車共通)。

’21 ゴールドウイング

ホンダ ゴールドウイング|マットバリスティックブラックメタリック

【’21 HONDA GOLD WING】■車重366kg ■タイヤサイズF=130/70R18 R=200/55R16 ■ブルートゥース ●色:マットバリスティックブラックメタリック ●価格:294万8000円 ●発売日:’21年2月 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ゴールドウイング/ツアーに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型クルーザークラス【傑作レブル1100が新たなライバルを生み出すか?!】

大型クラスにおいては、世界的な絶対王者としてハーレーダビッドソンが君臨するクルーザークラス。近年、国内メーカー製のラインアップは減少傾向が続いていたのだが、レブル1100の新登場でトレンドがちょっと変わりそうな雰囲気も…。現状の寂しいラインアップからの脱却なるか? レブルシリーズの成功で風向きが変わった 国内メーカー製のビッグクルーザーは、この10年ほどでラインアップがかなり減った。この大きな要因 […]

ホンダ新型「ゴールドウイング」登場! トランクスペース拡大&オーディオ進化ほか【2/25発売】

ホンダは、水平対向6気筒1833ccエンジンを搭載した大型ツアラー「ゴールドウイング(Gold Wing)」シリーズをモデルチェンジし、2021年モデルとして発売する。主な変更点は使い勝手や快適性の向上に関わる部分。また、カラーバリエーションも変更されている。 55Wオーディオスピーカーを採用、アンドロイドオートも標準採用した ホンダはゴールドウイングシリーズをモデルチェンジ。大型二輪AT限定免許 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

ホンダ新型「ゴールドウイング」登場! トランクスペース拡大&オーディオ進化ほか

ホンダは、水平対向6気筒1833ccエンジンを搭載した大型ツアラー「ゴールドウイング(Gold Wing)」シリーズをモデルチェンジし、2021年モデルとして発売する。主な変更点は使い勝手や快適性の向上に関わる部分。また、カラーバリエーションも変更されている。 55Wオーディオスピーカーを採用、アンドロイドオートも標準採用した ホンダはゴールドウイングシリーズをモデルチェンジ。大型二輪AT限定免許 […]

’20モデル スペックベストテン〈排気量編〉【1.7L超の豪快野郎達が集結】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 そこにシビれる憧れるゥ! 1.7L超の猛者が集結 排気量とは「1サイクルで燃焼できる混合気の量」のこと。量が大きいほど爆発のエネルギーが大きくなり、前述のようにトルクや馬力を高められる。排気量は「シリンダー内径(ボア)の半径×2×円周率×行程(ストローク)×気筒数」で計 […]

’20モデル スペックベストテン〈トルク編〉【極太ビッグクルーザーが勢揃い】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 極太の力で優雅に流すビッグクルーザーが勢揃い 持続的なパワーを示す馬力に対し、「1回転毎の力強さ」を表わすトルク。イメージとしては“タイヤが瞬時に車体を押し出す力”と言える。実用域での力強さは最高出力より最大トルクで比較可能だ。 さらにトルクは、排気量と大きな関係アリ。 […]

もうiPhoneを羨まずに済む? ゴールドウイングに「アンドロイド オート(Android Auto)」適用開始!

ホンダの「ゴールドウイング(Gold Wing)」シリーズ最新モデルは、2017年のフルモデルチェンジの際にアップル カープレイ(Apple CarPlay)を二輪車として初採用。以降、iPhoneユーザーのみが恩恵にあずかっていたわけだが、やっとアンドロイドユーザーも同様の機能が利用できるようになった。 ようやくAndroid端末ユーザーも機能を活用できる! なんだかいつもiPhoneが優遇され […]

’19 国産アメリカン人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「アメリカン」部門では、’19年の販売台数トップ(二輪車新聞調べ)を記録したホンダ レブル250が、上位常連のゴールドウイングを僅差でかわし、初勝利を挙げた。 アメリカン部門〈総評〉小兵が横綱をうっちゃり! レブル人気は止まらない 前回は、ホンダ ゴールドウイングが17 […]

’20新車バイク総覧〈大型クルーザー|国産車#1/2〉ホンダ ゴールドウイング

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができる大型クルーザー。国内唯一の豪華巨艦路線、このクラスを代表する存在・ホンダのゴールドウイングシリーズは、’18年の全面刷新で軽量化とともに最新装備を獲得し、’20年も細部の熟成を施す。 ’75年のGL1000以来、旗艦ツアラーとして君臨し、ホンダを代表する1台でもあるプレミアムモデ […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第1弾×6台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデルとして、ホンダ ADV150、CRF1100Lアフリカツイン/アドベンチャースポーツ、ゴールドウイング、ヤマハYZF-R3/25、トライアンフストリートトリプルRSの6台をまとめて紹介する。 ’20年2月リリース【ホンダ】 ’19東京モーターショーで話題となったアドベンチャースクーターがいよいよ発売。eSPエンジンと […]

2019新車走評:日欧大型クルーザー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #11]

クルーザーと言えば、大排気量にものを言わせて優雅に旅するもの、そうしたイメージだけの時代は、もはや終わろうとしている。日本&ヨーロッパ製のクルーザーは、そこに優れたハンドリングや、街でも軽快に付き合えるカジュアルテイストといった新路線を開拓中。最新のモデルたちは、そのスタイリングからは想像できない走りを見せてくれる。最も目からウロコが落ちやすいのは、実はこのジャンルかもしれない。 アメリカ相手に巻 […]

ホンダCRFシリーズetc.の2019年モデルをチェック

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではホンダのCRFシリーズ等の2019モデル情報についてまとめた。 [コンセプト]CRF450L ラリーコンセプ […]

日本車LEGEND〈07〉レプリカの絶頂と脱レプリカ(昭和63年~平成元年)

日本が生んだ伝説の名車たちを紹介するシリーズ。国産市販バイクが世界の頂点に上り詰めた昭和44年(1969年)から現代に至る50年の間に登場した”エポックメイキングなロードスポーツ”をテーマににお届けする。本稿は昭和63年~平成元年(1988~1989)、”レプリカの絶頂と脱レプリカ”編。 250&400 レプリカは究極形態へ達し、馬力自主規制発動からブーム衰退へ向かう 群雄割拠のレーサーレプリカブ […]

ホンダ 新型ゴールドウイング ツアーの試乗インプレッション

17年ぶりのフルモデルチェンジで話題となったホンダの大型プレミアムツアラー、ゴールドウイングに試乗。先代比-38㎏の車体や第3世代7速DCTによる走りやいかに。※ヤングマシン2018年10月号(8月24日発売)より 【〇】走行感は滑空のごとし 万能性に磨きをかける まずは全面刷新された水冷水平対向6気筒エンジンから。1833ccという排気量は先代とほぼ同じで、最高出力は17ps増の126psへ。シ […]

ナイケンとゴールドウイングのステアリング機構

2018年5月中旬から実施されているナイケンの試乗会で、初めてカウルを外した車体が公開された。ネイキッド仕様のナイケンではLMWテクノロジー以外でもステア機構に特徴が見られ、偶然にも2018新型ゴールドウイング/ツアーと共通項があったのだ。 デュアル ステアリング アクスルを採用 一般的なバイクのグリップ位置は、ステムシャフトの上にハンドルをマウントしその形状によって決められる。そのため、シートか […]

2018新型ゴールドウイング/ツアー試乗インプレ①

2018年1月下旬、アメリカで新型ゴールドウイング/ツアーの国際試乗会が開催された。これに参加したスペイン『SOLO MOTO(ソロモト)』誌よりレポートが届いたので、数回に分けて掲載していこう。第一回は、17年ぶりにフルモデルチェンジを果たした全体像をおさらいする。 “ゴールドクラス”がアップグレード 航空機の座席はエコノミー、ビジネス、ファーストとクラス分けされているが […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報