第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ストリートでの存在感を増した!

ホンダ「CBR650R」欧州で2023年モデルが登場! 一部色使いを変更、エンジンはブラック仕上げに

ホンダは欧州で、フルカウルスポーツの「CBR650R」のビジュアルをアップデートした2023年モデルを発表。エンジンのカバー類やサイドカウルの差し色などを変更し、より引き締まったルックスを実現した。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ)

多用途に使えるスポーツ&ツーリングモデル

ホンダは、2021年にマイナーチェンジしたCBR650Rについて、従来のカラーリングに異なる配色を組み合わせた新ビジュアルを設定、2023年モデルとして発表した。

2019年に、それまでのCBR650Fからモデルチェンジする形で“RR顔”のスポーティなルックスになり、同時に倒立フロントフォークやラジアルマウントキャリパーなど、走りを向上させる充実の装備も手に入れた。ネオスポーツカフェのCB650Rとは兄弟モデルの関係だ。

2021年モデルでは、フロントにSHOWA製φ41mmSFF-BP(Separate Function Big Piston)倒立フォークを採用して足まわりを強化。同時にエンジンはユーロ5に適合し、ハンドルバーの位置を前寄りに変更、LCDメーターのアップデート、シート下のUSBタイプCソケット採用などで快適性と実用性を向上した。サイドパネルやリヤマッドガードも形状変更を受けている。

搭載する649cc並列4気筒エンジンは95psを発揮し、車重は装備重量で208kg。アシスト&スリッパークラッチやHSTC(ホンダセレクタブルトルクコントロール=トラコンに相当)も標準装備。クイックシフターはオプション設定だ。

2023年モデルでは、“マットガンパウダーブラックメタリック”と“グランプリレッド”の色名が継続されるが、エンジンのカバー類がブラック仕上げで統一となった。マットガンパウダーブラックメタリックには新たに青のハイライトが入り、リヤショックのスプリングは赤に。グランプリレッドは、アンダーカウルとフロントフェンダーが黒になり、『HONDA』のロゴとリヤショックのスプリングが赤に変更されている。

なお、欧州仕様には3種のアクセサリーパックが用意される。「スポーツパック」はクイックシフター、シングルシートカウル、スモークハイスクリーン、タンクパッドがセットされ、「コンフォートパック」にはクリアハイスクリーン、グリップヒーターをセット。「トラベルパック」にはタンクバッグ+アタッチメント、リヤシートバッグ+アタッチメントががラインナップされる。

HONDA CBR650R[2023 EU model]

主要諸元■全長2120 全幅750 全高1150 軸距1450 シート高810(各mm) 車重208kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 649cc 95.2ps/12000rpm 6.53kg-m/9500rpm 変速機6段 燃料タンク容量15.4L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R-180/55ZR17 ※諸元は欧州仕様/価格は未発表

ホンダ|CBR650R|欧州仕様|2023年モデル
ホンダ|CBR650R|欧州仕様|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 EU model]Mat Gunpowder Black Metallic [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR650R|欧州仕様|2023年モデル
ホンダ|CBR650R|欧州仕様|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 EU model]Grand Prix Red [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース