色名は踏襲しつつ各部の配色を変更

ホンダ「CBR650R」がマイナーチェンジ! 新色採用、エンジンは新排ガス規制に適合&ブラック仕上げに

ホンダは、ネオスポーツカフェ4気筒「CBR650R」のエンジンを令和2年排出ガス規制に適合させるとともに新色の白を新採用、継続色も車体一部の配色を変更した2023年モデルとして、2月16日に発売する。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:ホンダ

多用途に使えるスポーツ&ツーリングモデル

ホンダは、ミドルクラスの4気筒フルカウルスポーツ「CBR650R」をマイナーチェンジ。エンジンを令和2年排出ガス規制に適合させるとともに、ニューカラーの「パールグレアホワイト」を設定し、従来色もグラフィックを変更して2023年2月16日に発売する。

エンジンスペックについては、最高出力に変更はなく、最大トルクは6.5kg-m/8500rpmから6.4kg-m/9500rpmに。また、補機類の追加などの影響で車重は206kg→208kgとなった。

継続色の「グランプリレッド」および「マットバリスティックブラックメタリック」については、フロントフォークアウターチューブ、シリンダーヘッドカバー&クランクケースカバー、リヤフェンダーステーをブラックアウトし、リヤサスペンションスプリングはイエローからレッドに変更している。

CBR650Rは、2019年にそれまでのCBR650Fからモデルチェンジする形で“RR顔”のスポーティなルックスになり、同時に倒立フロントフォークやラジアルマウントキャリパーなど、走りを向上させる充実の装備も手に入れた。ネオスポーツカフェのCB650Rとは兄弟モデルの関係だ。

2021年モデルでは、フロントにSHOWA製φ41mmSFF-BP(Separate Function Big Piston)倒立フォークを採用して足まわりを強化。同時にエンジンはユーロ5に適合し、ハンドルバーの位置を前寄りに変更、LCDメーターのアップデート、シート下のUSBタイプCソケット採用などで快適性と実用性を向上した。サイドパネルやリヤマッドガードも形状変更を受けている。

HONDA CBR650R[2023 model]

ホンダ|CBR650R|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR650R|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR650R|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR650R|2023年モデル

HONDA CBR650R[2023 model]マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]

車名CBR650R
型式ホンダ・8BL-RH03
全長×全幅×全高2120×750×1150mm
軸距1450mm
最低地上高130mm
シート高810mm
キャスター/トレール25°30′/101mm
装備重量208kg
エンジン型式水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量648cc
内径×行程67.0×46.0mm
圧縮比11.6:1
最高出力95ps/12000rpm
最大トルク6.4kg-m/9500rpm
変速機常時噛合式6段リターン
燃料タンク容量15L
WMTCモード燃費21.5km/L(クラス3-2、1名乗車時)
タイヤサイズ前120/70ZR17
タイヤサイズ後180/55ZR17
ブレーキ前油圧式ダブルディスク
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格白、黒=107万8000円/赤=111万1000円
発売日2023年2月16日

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース