カワサキ ニンジャ400/KRTエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:250ccの車体に48psエンジン

カワサキ ニンジャ400/KRTエディション

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月30日

カワサキ ニンジャ400/KRTエディション 概要

フルチェンジを受けた’18モデルからは、同時刷新された250と基本部が共通化された車体となり、大幅な軽量コンパクト化を達成。エンジンも新作されてパワーアップを果たし、運動性能が向上された。タイヤは、250がバイアスタイプなのに対してラジアルを履き、後輪はワンサイズ太い。フレームは鋼管トレリス構造だ。’23モデルでは、令和2年排出ガス規制に適合するとともに、カラーリングを刷新した。

’23 カワサキ ニンジャ400

主要諸元

カワサキ ニンジャ400

【’23 KAWASAKI Ninja 400】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 398cc 48ps/10000rpm 3.8kg-m/8000rpm ■車重167kg シート高785mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:パールブリザードホワイト×メタリックカーボングレー エボニー×メタリックマグネティックダークグレー ●価格:75万9000円 ●発売日:2022年9月20日 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ400

STDのカラーバリエーションは、白×灰と黒×灰の2色展開。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ニンジャ400|スピードメーター

ギヤ段数インジケーターが埋め込まれたようなデザインの指針式回転計に、ネガ表示が精悍な多機能液晶スクリーンを組み合わせる。※写真は’22北米仕様 [写真タップで拡大]

’23 カワサキ ニンジャ400 KRTエディション

主要諸元

カワサキ ニンジャ400 KRTエディション

【’23 KAWASAKI Ninja 400 KRT EDITION】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 398cc 48ps/10000rpm 3.8kg-m/8000rpm ■車重167kg シート高785mm 14L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:ライムグリーン×エボニー ●発売日:2022年9月20日 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ400 KRTエディション

[写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキ ニンジャ400/KRTエディションに関連する記事

カワサキ「ニンジャ400」2023年モデルは9/20発売!

カワサキモータースジャパンは2023年モデルのニンジャ400/KRTエディションを発表した。発売日は本日2022年9月20日で、令和2年排出ガス規制に適合するとともに型番が変更され、価格は3万3000円アップの75万9000円になった。 KRTエディションもグラフィック変更&全てニューカラーに! カワサキモータースジャパンは、ニンジャ250と共通の車体に398ccの並列2気筒エンジンを搭載し、タイ […]

カワサキ ニンジャ400/KRTエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:250ccの車体に48psエンジン

カワサキ ニンジャ400/KRTエディション 概要 フルチェンジを受けた’18モデルからは、同時刷新された250と基本部が共通化された車体となり、大幅な軽量コンパクト化を達成。エンジンも新作されてパワーアップを果たし、運動性能が向上された。タイヤは、250がバイアスタイプなのに対してラジアルを履き、後輪はワンサイズ太い。フレームは鋼管トレリス構造だ。’23モデルでは、令和2年排出ガス規 […]

カワサキ「ニンジャ400」国内2023年モデル登場! 新色ホワイトはエヴァ風?

カワサキモータースジャパンは2023年モデルのニンジャ400/KRTエディションを発表した。発売日は2022年9月20日で、令和2年排出ガス規制に適合するとともに価格は3万3000円アップの75万9000円になった。 全てニューカラーに切り替え! KRTエディションもグラフィック変更 カワサキモータースジャパンは、ニンジャ250と共通の車体に398ccの並列2気筒エンジンを搭載し、タイヤをラジアル […]

かっこよ! カワサキ「ニンジャ400」「Z400」に2023年の新色登場!【北米】

カワサキは北米で2023年モデルを発表。「ニンジャ400」「Z400」には、先行発表された欧州にもない新鮮なカラーリングが追加された。2022年モデルで登場したマット系ブルーも、差し色やグラフィックが変更されている。 399cc並列2気筒エンジンを搭載するスポーツバイク カワサキは北米で、「Ninja 400(ニンジャ400)」と「Z400」のニューカラーを発表した。先行発表された欧州仕様の202 […]

車検ありのニンジャ400/車検なしのニンジャ250 どっちを選ぶ? ちょっとマジメに比べてみた

愛車選びの際に悩ましいのは、どの排気量クラスにするかということ。高速道路に乗れなくていいなら維持費も安い125cc(原付二種)以下を選ぶのも手だが、趣味のバイクとして「これ1台!」なら126cc以上を選ぶという方も少なくないのでは。そこで気になるのは、車検の有無で費用がどのくらい変わるのかである。 まずは車種の前に予算でしょ……!? バイクが欲しい! と考えたとき、真っ先に気になるのは「どのバイク […]

カワサキ新型「ニンジャ400/Z400」欧州に参上! ユーロ5に適合、ニューカラーも

カワサキは欧州で、現地のA2ライセンスに準拠した400ccマシン「ニンジャ400」および「Z400」の2023年モデルを発表した。最新排出ガス規制のユーロ5に適合し、ともにニューカラーが与えられている。 45ps/3.8kg-mの399ccエンジンを搭載 カワサキは欧州で、エンジンをユーロ5排出ガス規制に適合させた新型「Ninja 400(ニンジャ400)」と「Z400」を発表した。最高出力に変化 […]

Z900RSを破ったSR400が堂々首位! 2位はGB350の約4000台…2021年の販売台数ランキング・400ccクラス

二輪車新聞が2021年のバイク新車販売台数(推定値)を発表した。小型二輪クラス(251cc以上)が前年比24.5%増の8万3900台と大きな躍進を見せるなか、400ccクラスのSR400が首位に。本記事では、小型二輪の251~400ccに注目してリザルトを見ていきたい。 43年の歴史を閉じるSR400が有終の美 1978年に発売され、43年間にわたって愛されてきたSR400がついに生産終了……。そ […]

【リダイレクト】カワサキ ニンジャ400/KRTエディション:250ccと共通化された小型軽量ボディ

ニンジャ400/KRTエディション 概要 かつては650のエンジンをスケールダウンする設計手法だったが、フルモデルチェンジを受けた’18モデルからは、同時刷新された250と基本部が共通化された車体となり、大幅な小型軽量化を達成。しかもこの際に馬力向上も果たした。250のバイアスに対して400は前後ラジアルタイヤを履き、後輪はワンサイズ太い。フレームは鋼管トレリス構造。エンジン後部に結合 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース