ホンダPCX/e:HEV[新型バイクカタログ]:早くも第4世代に進化

ホンダPCX/e:HEV[新型バイクカタログ]

PCX/e:HEV 概要

伸びやかなスタイルは従来モデルを踏襲するが、’21モデルはフルチェンジ。新設計のeSP+エンジンは良好な燃費やクリーンな排出ガスなど、高出力化と共に環境性能を向上してトラクションコントロール(HSTC) も新装備。フレームも刷新され、各パーツの接合位置を最適化して剛性アップと軽量化を実現し、新デザインのホイールは後輪を13インチに小径化して前後ともワイドタイヤを採用する。

インナーパネルは横長に広がって、液晶ディスプレイを大型化。ラゲッジの容量アップやインナーボックス内にType-CのUSBソケットを装備して利便性も向上。カラーはPCXが赤/黒/白/ツヤ消しグレー/ツヤ消しシルバーの5色で、e:HEVは白ベースに青の差し色が入る。

’21 PCX

'21 ホンダPCX|マットディムグレーメタリック

【’21 HONDA PCX】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 12.5ps/8750rpm 1.2kg-m/6500rpm ■車重132kg シート高764mm 8.1L ■タイヤサイズF=110/70-14 R=130/70-13 ●色:マットディムグレーメタリック マットコスモシルバーメタリック パールジャスミンホワイト ポセイドンブラックメタリック キャンディラスターレッド ●価格:35万7500円 ●発売日:’20年1月28日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダPCX|マットコスモシルバーメタリック
'21 ホンダPCX|パールジャスミンホワイト

[写真タップで拡大]

'21 ホンダPCX|ポセイドンブラックメタリック
'21 ホンダPCX|キャンディラスターレッド

カラーバリエーションはグレーメタリック/シルバーメタリック/ホワイト/ブラックメタリック/レッドの5色展開。 [写真タップで拡大]

ホンダPCX|エンジン
[写真タップで拡大]

【eSP+エンジンは4バルブ化】eSP+エンジンは4バルブ化に加え、油圧式カムチェーンテンショナーリフターや駆動系の見直しでフリクションを低減。オン/オフ可能なアイドリングストップも装備する。ユーロ5にも対応。

'21 PCX/e:HEV|リヤホイール
[写真タップで拡大]

【リヤ14→13インチ化】リヤホイールは13インチに小径化したが、タイヤのワイドサイズ化によってエアボリュームを増すことで乗り心地とハンドリングを向上した。

'21 ホンダPCX|メーター
[写真タップで拡大]

メーターには新たに装備されたトラクションコントロールの作動インジケーターも。

'21 ホンダPCX|ラゲッジスペース
[写真タップで拡大]

ラゲッジスペースの容量は30ℓに拡大された。

’21 PCX e:HEV

'21 ホンダPCX e:HEV|パールジャスミンホワイト

【’21 HONDA PCX e:HEV】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ+交流同期電動機 124cc 12.5ps/8750rpm+1.9ps/3000rpm 1.2kg-m/6500rpm+0.44kg-m/3000rpm ■車重136kg ●色:パールジャスミンホワイト ●価格:44万8800円 ●発売日:’20年1月28日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダPCX e:HEV|メーター
[写真タップで拡大]

液晶ディスプレイにアシスト用バッテリーのチャージ/アシストレベルや走行モードを表示。

'21 ホンダPCX e:HEV|ラゲッジスペース
[写真タップで拡大]

ラゲッジスペース容量は24L。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

PCX/e:HEVに関連する記事

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#2 試乗インプレッション比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化を遂げた。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジ。モータージャーナリスト大屋雄一氏の試乗インプレッションをお届けする。 ライバルを徹底的に研 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種スクータークラス

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラスは、スクーターも多種多彩だ。不動の人気を誇るPCXを軸にリード125やディオ110等を展開するホンダに対し、ヤマハはNMAX/シグナスX/アクシスZ/トリシティ125で対抗する。 日本車51〜125cc原付二種スクータークラス ラインナップ 排気量125cc 排気量110cc

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#1 ディテール徹底比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジする。まずはディテール徹底比較から。 スタイリング エンジン&シャーシ 主要装備

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:スクーター部門【大人気のPCXが盤石の3連覇】

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? スクーター部門は、新参のADV150を猛追をかわし、安定の人気を保つコミューター・ホンダPCXが3連覇を果たした。 〈総評〉人気コミューターが僅差でADVから逃げ切った! ’17年まで7連覇 […]

ホンダPCX/160新旧モデル比較試乗インプレッション#2【らしさをそのまのままに全面刷新】

原付二種と軽二輪スクーターの勢力図を瞬く間に塗り替えてしまったホンダPCXシリーズは、誕生から11年目。来たるユーロ5に対応するため全面的に刷新し、早くも第4世代となった。その進化ぶりを旧型と比較して徹底解明する。後編ではテスター・大屋雄一氏が新旧モデルを乗り比べた。 PCXインプレッション:実用域の力強さアップ。旋回力も高まっている 前編に引き続き、新型PCXの進歩を明確にするため、今回の試乗で […]

ホンダPCX/160新旧モデル比較試乗インプレッション#1【これ以上ない正常進化!】

原付二種と軽二輪スクーターの勢力図を瞬く間に塗り替えてしまったホンダPCXシリーズは、誕生から11年目。来たるユーロ5に対応するため全面的に刷新し、早くも第4世代となった。その進化ぶりを旧型と比較して徹底解明! まずはスペック上の相違点を洗い出して紹介する。 4バルブ化で車体まで刷新。死角なしのフルチェンジ! 原付二種と軽二輪の両クラスで快進撃を続けているホンダPCXシリーズ。フレームを大刷新した […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉PCX/リードetc.

PCX:シリーズの基本モデル[モデルチェンジ] かねてから原付二種コミューターの中でも高い人気を誇るPCXシリーズがフルチェンジ。伸びやかなスタイルは従来モデルを踏襲するため、一見すると小変更と思われがちだが、フルLEDのヘッドライトやポジションランプなど特徴的なフロントマスクも一新し、スクリーンの形状も異なる。eSP+エンジンは良好な燃費やクリーンな排ガスなど環境性能に一段と磨きをかけ、トラクシ […]

ホンダPCX e:HEV試乗インプレッション【国内で希少なハイブリッド原付二種スクーター】

PCXシリーズのフルモデルチェンジに伴い、125ccのハイブリッド版も4バルブのeSP+エンジンへと進化。車名は「e:HEV」に改められた。アシストモーターのスペックは不変。はたしてその進化とは? [〇] 自然なアシストは健在。重量増も気にならない ’21モデルチェンジを機に、4輪と共通の「e:HEV」に名称を変更したPCXのハイブリッドモデル。エンジンが4バルブのeSP+ベースとなっ […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

ホンダ新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV」登場! トラコン装備で1/28発売

ホンダは、軽快で扱いやすいベストセラースクーター「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV(イーエイチイーブイ)」の3モデルを、2021年1月28日に発売する。エンジン&車体は全面新設計となり、USBソケット(タイプC)などを標準装備している。 4バルブ化でパワーアップした「eSP+」エンジンを搭載 ホンダは、軽快で使い勝手がよく、燃費に優れたエンジ […]

まもなく発売!新型ホンダPCX(125)は4バルブ化+トラコンでほぼ全面的に刷新

さらに完成度爆アゲの第4世代。王座は盤石か 日本のみならず世界各国で支持される快速スクーター・ホンダPCXシリーズが4世代目に進化した。新型125は、エンジンをはじめ、車体、外観と全面リニューアル。新作の水冷SOHCユニットは2→4バルブ化され、オンオフ可能なトラクションコントロールまで採用する。欧州スクーターの’20 SH125が同様のeSP+エンジンを採用したことから、『ヤングマシ […]

ホンダ新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV」登場! トラコン装備、待望の国内仕様

ホンダは、軽快で扱いやすいベストセラースクーター「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV(イーエイチイーブイ)」の3モデルを、2021年1月28日に発売する。エンジン&車体は全面新設計となり、USBソケット(タイプC)などを標準装備している。 4バルブ化でパワーアップした「eSP+」エンジンを搭載 ホンダは、軽快で使い勝手がよく、燃費に優れたエンジ […]

ホンダ「レブル1100、X-ADV、CB1000R、NC750X、PCX、CB125R、グロム」を国内販売!

ホンダは欧州やアメリカで2021年モデルを続々と発表したが、これらの中から今後国内で販売を予定しているモデルを公式HPで紹介した。タイと欧州で最初に発表された「GROM」から、正式発表間もない「REBEL 1100」まで、一挙に7機種。正式発表が待ち遠しい! 海外発表済みの2021年モデルより国内販売予定車×7機種 ホンダは、公式HPにおいて2021年モデルとして国内販売を予定しているグローバルモ […]

ホンダ新型「PCX125」登場! フルチェンジでトラコンやUSBソケットを獲得

ホンダは欧州で5代目となる新型PCX125を発表した。4バルブ化された新エンジンを改良されたフレームに搭載し、トラクションコントロールも獲得。リヤサスペンションの改良やシート下スペースの拡大を行い、スマートキーやUSBタイプC充電ソケットを新たに装備している。 外観を刷新し、シート下スペースもさらに拡大 外観デザインは現行型のイメージを引き継ぎつつ全面刷新されており、デイライトを備えたLEDヘッド […]

レジャーバイク&スクーターの未来はホンダが切り拓く?!【バイク新車近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは小排気量のレジャーバイク&スクーターについて、この市場を牽引するホンダの今後の展開について予想する。 ホンダの原二パラダイス。スクーターも先鋭化の動き 近年、小排気量のレジャーバ […]

時代を切り拓いた革新のエポックマシン〈世界初/国産初〉’10〜’19セレクション×7台

※本記事で取り上げる「初」は、公道走行可能な量産二輪市販車としての”初”を意味します。なお、その定義には諸説ある場合があります。 ’10 ホンダVFR1200F〈世界初・デュアルクラッチトランスミッション〉オートマ感覚で長距離が楽しめる 76度V4を搭載する第二世代のVFRは、一般的な6速MT仕様とオートマチック感覚で扱えるDCT仕様を併売。その技術は、以後のNCシリーズやアフリカツインが継承。後 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報