原二は来年も買えそうだ! 終売危機バイク機種アルバム 125ccクラス部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は125ccクラス部門。ホンダ横型エンジン系は規制クリアがほぼ確定。Z125の殿堂入りは残念だが、他はほぼ継続or後継機種の投入がありそうだ。

●文:ヤングマシン編集部/沼尾宏明

ホンダ グロム【原付二種ミニスポーツ、存続はテッパンだろう】

危機度★☆☆☆☆

カブ系の横型空冷シングルを搭載するネイキッドは、’21でフルチェンジ。排ガス規制のクリアを主眼にエンジンを新設計し、ボア50.0mm×ストローク63.1mmのロングストローク設定で5速ミッションを獲得している。同系のスーパーカブC125らが新規制をクリアしており、欧州版グロムもユーロ5に適合済み。規制対応は可能なハズだ。

ホンダ グロム

【ホンダ グロム】■空冷4スト単気筒 123cc 10ps/7250rpm 1.1kg-m/5500rpm ■102kg ●価格:38万5000円 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ【タフな冒険野郎は’23年型で対応か】

危機度★☆☆☆☆

長年人気だったハンターカブが’20年に新生。スーパーカブC125をベースに、独自の吸排気系やフレーム、ロングサスペンションなどで走破性を高めた。’22国内仕様は色変更のみで、同系エンジンのモンキーやC125のように規制適合した新エンジンを搭載せず。近々モデルチェンジを行うはず、存続は手堅いだろう。

ホンダ CT125 ハンターカブ

【ホンダ CT125 ハンターカブ】■空冷4スト単気筒 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■120kg ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ PCX/e:HEV【バカ売れ中の原付二種版も既に規制。クリアの実力アリ】

危機度★☆☆☆☆

160と同様、’21でフルチェンを敢行し、4バルブのeSP+エンジンに刷新。世界唯一のハイブリッドであるe:HEVとともに欧州仕様は既にユーロ5をクリアしている。国内版も型式認証を受けていないだけで、既に規制適合できるクリーン性能はあるハズだ。

ホンダ PCX/e:HEV

【ホンダ PCX/e:HEV】■水冷4スト単気筒 124cc 12.5ps/8750rpm 1.2kg-m/6500rpm ■132kg ●価格:35万7500円/44万8800円 ※諸元はPCX [写真タップで拡大]

ヤマハ トリシティ125 ABS【LMW第1弾はモデルチェンジ間近か】

危機度★☆☆☆☆

バンクできる3輪=リーニングマルチホイール第1弾として’14年に投入。’18から可変バルブのブルーコアエンジンを搭載する。155と同様、5月発表された’22欧州仕様で新作の鍛造ピストンなどを採用し、新規制に対応。国内版もモデルチェンジ間近と予想したい。

ヤマハ トリシティ125 ABS

【ヤマハ トリシティ125 ABS】■水冷4スト単気筒 124cc 12ps/7500rpm 1.2kg-m/7250rpm ■164kg ●価格:42万3500円/46万2000円 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

ホンダ ディオ110【伝統ネームを継承。欧州版は既にクリア】

危機度★☆☆☆☆

前後14インチが特徴で、’21では空冷eSPエンジンやスマートキーを獲得した。欧州向け兄弟車がユーロ5に適合しており、国内もパスするハズ。

ホンダ ディオ110

【ホンダ ディオ110】■空冷4スト単気筒 109cc 8.7ps/7500rpm 0.92kg-m/5750rpm ■96kg ●価格:24万2000円~24万5300円 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス110/スペシャルエディション【グローバルだけに生き残るか】

危機度★☆☆☆☆

前後14インチとロングサスペンションによる走破性が自慢。欧州仕様は’22でユーロ5に適合した模様なので、ゆくゆくは国内も対応する可能性がありそう。

スズキ アドレス110/スペシャルエディション

【スズキ アドレス110/スペシャルエディション】■空冷4スト単気筒 112cc 8.8ps/7750rpm 0.88kg-m/6250rpm ■100kg ●価格:22万5500円 [写真タップで拡大]

生産終了発表モデル:アドレス125は復活?

シリーズ末弟のZ125プロが残念ながら’21で終売。電動版が登場したベンリィのほか、台湾生産のスウィッシュ、中国生産のアドレス125も殿堂入りした。ただし欧州で新型アドレス125が登場し、国内導入の可能性アリ!

カワサキ Z125プロ

【カワサキ Z125プロ】 [写真タップで拡大]

スズキ スウィッシュシリーズ

【スズキ スウィッシュシリーズ】 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス125シリーズ

【スズキ アドレス125シリーズ】 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィ

【ホンダ ベンリィ】 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース