第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ ホーク11 [’22後期新型バイクカタログ]:大人の時間を楽しむためのカフェレーサー


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月5日

ホンダ ホーク11 概要

’22年春に正式発表された、日本市場のために作られたというホンダのネオレトロ。CRF1100Lアフリカツインの並列2気筒エンジンとフレームをベースに、前後17インチの足まわりとカフェレーサースタイルの外装が与えられた。最大の特徴となるロケットカウルは、造形を重視してFRPの一体成型で作られているため、分割合わせ面が存在しない。カウルマウントステーから横方向に配置されたバックミラーも、ホンダらしからぬカスタムチックなものとなっている。経験豊かなベテランライダーをターゲットとしているため、DCT仕様はなく6速マニュアルのみの設定となり、電脳サポートは4つのライディングモード/トラクションコントロール/ESS=エマージェンシーストップシグナルを装備。またETC2.0車載器も標準装備だ。

’22 ホンダ ホーク11

ホンダ ホーク11

【’22 HONDA HAWK 11】影あるブルーを基調にシルバーアクセントが縁取るパールホークスアイブルー/硬質感のあるブラックとシルバーカウルを持つグラファイトブラックの2色設定。■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm ■214kg シート高820mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:139万7000円 ●発売日:2022年9月29日 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーク11|エンジン

【アフリカツイン系のMT仕様を搭載】6速MTのみとなるエンジンは、アフリカツイン譲りの1082cc並列2気筒。102psに10.6kg-mの値は、発生回転数も含めて同系エンジンのNT1100と同じだ。ライディングモードはスポーツ/スタンダード/レイン/ユーザーの計4モード。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーク11|フロントまわり

フロントには、ショーワ製SFF-BP倒立フォークとニッシン製のラジアルマウントブレーキキャリパーを装着。リヤサスペンションはアルミスイングアームと分離加圧式ダンパーを採用している。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーク11|ロケットカウル

コストのかかるFRP一体成型で作られたロケットカウルには、先代CB1000R風の丸型LEDヘッドライトが収まる。細身のLEDウインカーとと合わせてモダンさを強く演出している。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーク11|コクピット
ホンダ ホーク11|メーターパネル

カフェレーサーらしく、セパレートハンドルで低く押さえられたコクピット。独特な位置に取り付けられたバックミラーは、カウルステーにマウントされている。丸形モノクロ反転液晶となるメーターは、やはりアフリカツインをベースとしているレブル1100から譲り受けたユニットが採用されている。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーク11|テールランプ

テール&ストップランプも、もちろんLED。またリヤウインカーは、急制動時に自動でハザードが高速点滅するESS=エマージェンシーストップシグナル機能を持ち、安全性を高めている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース