ロケットカウルといえばアレ!|モーサイ

ホーク11登場にアメリカのホンダファンは大感激かも!?北米では「HAWK=2気筒スポーツ」の代名詞だった

●レポート:飯田康博 ●写真:ホンダ/八重洲出版 ●編集:モーサイ編集部(上野茂岐)

ロケットカウルが評判のホンダ ホーク11ですが

大阪モーターサイクルショーでホンダが実車を世界初公開したロケットカウルの1100cc並列2気筒ロードスポーツ「ホーク11」が話題です。

25歳以下──いわゆる「Z世代」にはクラシカルルックが新鮮なフォルムにうつるのか、実車を見た現地の評判や、SNS上での書き込みではおおむね好評のようで、発売を待ち遠しく思っている方も多いようです。

50代の筆者は「空冷Z世代」のため、ロケットカウルを見てすぐにホンダ GB400ツーリストトロフィーMkII(1985年)やスズキ バンディット250LTD(1991年)を連想してしまいました。

ついでに言えば、ホークにロケットカウルという組み合わせを言葉だけで想像してしまうと、湘南爆走族に出てくるような格好のバイクを思い浮かべてしまいます。ジェネレーションギャップですね。

初めてホークの車名が登場したのはアメリカだった!

さて、「ホーク」の車名が日本で登場したのは1977年登場のホークII CB400T、ホーク CB250Tから。ホーク11の車名も「ホークII」に引っかけたものと思われますが、初出は北米市場が先でした。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース