チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

美しいFRPロケットカウルを装着

6速MTのみで正式発表! ホンダ「ホーク11」は139万7000円で9/29発売

ホンダは、大阪モーターサイクルショーで初お目見えしたモダンクラシックなカフェレーサースタイルの「ホーク11(HAWK 11)」を正式発表した。アフリカツインゆずりの1082cc並列2気筒エンジンに、6速マニュアルミッションや各種電子制御を組み合わせ、軽快な走りを披露してくれそうだ!

●外部リンク:ホンダ

急かされたくない、でも走りの楽しみは忘れていない!

ホンダは、アフリカツイン系のユニカム1082cc並列2気筒エンジンを搭載するカフェレーサスタイルのニューモデル「ホーク11(HAWK 11)」を正式発表。139万7000円とリーズナブルな価格で2022年9月29日に発売する。

特徴は何といってもFRP製のロケットカウルで、これを美しく見せることがマシン開発のスタートだったというほど。テールカウルもFRP製で、両者とも継ぎ目のない曲面を表現するためにはFRP製しかなかったというこだわりようだ。

車体はアフリカツインベースのNT1100に近いものと思われ、これに搭載するエンジンの最高出力も102ps7500rpmでアフリカツイン&NT1100と数値上は同一。10.6kg-m/6250rpmとされた最大トルクのみ、NT1100と同一ながらアフリカツインが0.1kg-mだけ上回って(10.7kg-m)いる。

また、DCT搭載仕様がラインナップされるかも注目されたが、6速MTのみの登場となった。スロットルバイワイヤシステム(TBW)を採用し、出力特性を選択できるライディングモード、不意のウイリーや後輪スリップを抑制するホンダセレクタブルトルクコントロール(いわゆるトラコンに相当)といった電子制御技術も搭載している。もちろんABSは標準装備だ。

セミダブルクレードルフレームに前後17インチホイールを組み合わせ、キャスター角は軽快なハンドリングに寄与する25度。サイレンサーはNT1100よりも跳ね上がったマウントになっており、バンク角も十分に確保している。ライディングポジションは前傾しているものの、スーパースポーツほどのシビアさはない。フロントフォークはショーワ製SFF-BP、リヤショックはシングルチューブ分離加圧式を採用した。

コンセプトは「走りの楽しみを忘れない大人のバイク」を標榜するが、若いライダーがスタイリングに惚れて買ったとしても後悔はしないはず。扱いやすい270度クランクの並列2気筒エンジンとおおらかな車体で、“急かされないスポーティさ”を堪能できるだろう。車体色はパールホークスアイブルーとグラファイトブラックの2色をラインナップする。

HONDA HAWK 11[2022 model]

主要諸元■全長2190 全幅710 全高1160 軸距1510 最低地上高200 シート高820(各mm) 車重214kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:139万7000円 ●色:青、銀 ●発売日:2022年9月29日

HONDA HAWK 11[2022 model]

HONDA HAWK 11[2022 model]パールホークスアイブルー [写真タップで拡大]

HONDA HAWK 11[2022 model]

HONDA HAWK 11[2022 model]パールホークスアイブルー [写真タップで拡大]

HONDA HAWK 11[2022 model]

HONDA HAWK 11[2022 model]グラファイトブラック [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームプロ仕様も新エンジン! ホンダ「スーパーカブ110プロ」がモデルチェンジしてABSも獲得
WEBヤングマシン|新車バイクニュース