チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

始まりは「GB1000TT」スクープ

超速で答え合わせ!! ホンダ「ホーク イレブン(HAWK 11)」は本当にアフリカツインの兄弟だった!

ホンダは、2022年3月19日に開幕する第38回 大阪モーターサイクルショーで新型ロードスポーツモデル「ホーク イレブン(HAWK 11)」市販予定車を世界初公開すると予告した。既報ではホンダが公開した唯一のティーザー画像をお届けしたが、今回は気が早いと言われるのを承知で、答え合わせに挑んでみたい。

アフリカツインの並列2気筒エンジンを多機種展開!

2015年秋の国際モーターショーでCRF1000Lアフリカツインが発表され、翌2016年に発売。搭載されたエンジンは、90度Vツインと同じ爆発間隔を持つ270度クランクの並列2気筒だった。このエンジンは、オートマチックトランスミッションの一種であるDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載したバージョンもあり、のちに1082cc化され、レブル1100NT1100へと展開されることになる。

ヤングマシン本誌では、2018年6月号で「レブル1000」および「GB1000TT」の登場をスクープし、WEBヤングマシンには同年6月12日に掲載。この当時はまだ998ccのバージョンをベースとして考えていたが、いずれにしてもクルーザーのレブル1000は人気のレブル250/500の最上級版として、そしてGB1000TTはロケットカウルの本格カフェレーサースタイルを想定した。

レブル250/500は共通のフレームを採用していたが、さすがに1000ccエンジンの搭載は専用フレームが必要と予想し、実際に2021年に発売された1082cc並列2気筒搭載のレブル1100は、フレームも足まわりも独自の装備とされていた。

これに次いで登場したのはNT1100で、本誌で予想していたGB1000(のちにGB1100、ホーク1100)よりも早い2021年秋に正式発表。輸出仕様はマニュアルミッションも存在するが、日本ではDCT仕様のみのラインナップとなった。

さて、気になるホーク11(イレブン)だ。最初のスクープは上記のとおりGB1000TTとして2018年6月にお届けしたが、アフリカツインの1100化によってGB1100TTに。それからしばらく時間を置いて、再びスクープ記事をお届けしたのは2021年11月、この時点で予想した車名はホーク1100だった。

ホーク1100では、アフリカツイン系の並列2気筒を搭載するネオクラシック、かつネイキッドタイプを予想。GB350が大人気を博したこともあってGB1100のセンも捨てがたかったが、本誌情報網に引っかかったのは『ホーク』の名の復活だった。そして、実際の発表の輪郭が見えてきた時点で車名はホーク11に修正。それから間もなくして、ホンダがティーザー画像とともに車名を公開するに至ったわけだ。

ホンダの発表は言葉少なで、ホーク11は2022年3月19日に世界初公開する新型ロードスポーツモデル、かつ市販予定車ということだけだった。しかし、公開された写真を画像処理してみると、いくつかの特徴が明らかになった。

まず、エンジンはアフリカツイン系の並列2気筒で間違いないということ。写真に写り込んでいるのはシリンダーヘッドの一部のみだが、これはユニカムSOHCの1082ccパラレルツインと見た目が同じ。エンジンが剥き出しのレブル1100と比較するとわかりやすいだろう。シリンダー側面からヘッドカバーにかけての形状がそっくりだ。

ヘッドライトはCB1000Rと似ているように見えるが、少なくとも現行モデルとは少し違う。むしろマイナーチェンジ前のCB1000Rによく似ているだろうか。現行CB1000Rは軽くスラントしているのに対し、以前のCB1000Rは垂直配置されていて、ヒートシンク(?)のような補機もよく似ている。ライトの構成としてはLEDを上下2段に配置し、DRLと思われるU字型のリングが周囲に配置されている。

バックミラーの形状も面白い。配布素材ではよくわからないのだが、どうやらアッパーカウルの内側からステーが生えているような構造で、鏡面の位置はバーエンドミラーにも似る。ハーレーダビッドソンなどはグリップよりも下にミラーを配置することもあるが、ホンダとしてはおそらく初めでの試みではないか。これが標準仕様になるのか、それともオプション装着車なのかは、実際に正式発表されたとき明らかにはずだ。

配布素材ではフロントフォークもチラ見えしているが、これは明るく加工しても倒立か正立かわからなかった。車両のコンセプトからすれば、倒立フォークの採用が濃厚だろうが……。

ほかにも、まだわからないことはたくさんある。フレームは専用開発なのか、ホイールサイズは、キャストホイールかスポークホイールか、そしてデザインも全貌が見えているわけではない。

世界初公開までは、あと2週間と少し。ホンダからは先行特別映像の第2弾公開も予告されている。期待して待とう!

左はマイナーチェンジ前のCB1000R(2018年末発売)で、右は2021年3月に発売された現行CB1000R。 [写真タップで拡大]

ホーク11として公開された画像のヘッドライト部分。灯面が垂直配置な点や補機の形状から旧CB1000R系に見える。 [写真タップで拡大]

2021年春に発売されたレブル1100(DCT)のエンジン。ヘッドカバーからシリンダー側面の形状がそっくりだ。一部の段付き形状が異なるようにも見えるが……。 [写真タップで拡大]

ホーク11のエンジンはヘッドカバー部分だけをチラ見せしている。燃料タンクはレブル1100/アフリカツイン/NT1100と異なる形状なので専用設計と見てよさそう。 [写真タップで拡大]

アッパーカウルの内側からステーが生えているように見えるミラーは、ハンドルグリップよりも下に鏡面を配置。スクリーンまわりをスッキリ魅せる効果がありそうだ。 [写真タップで拡大]

参考:HONDA CRF1100L AFRICA TWIN/DCT/〈s〉/DCT〈s〉[2022 model]

主要諸元■全長2310《2330》 全幅960 全高1355《1395》 最低地上高210《250》 軸距1560《1575》 シート高810/830《850/870》(各mm) 車重229kg[240kg]■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量18L■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R18(前後ともチューブタイプ) ●価格:163万9000円[174万9000円] ●色:グランプリレッド ●発売日:2022年4月21日《2022年5月20日》 ※《 》内は〈s〉タイプ、[ ]内はDCT/〈s〉タイプの受注期間は1月13日~3月31日

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN DCT[2022 model]

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN DCT[2022 model]●2022年4月21日発売 [写真タップで拡大]

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN DCT〈s〉[2022 model]

HONDA CRF1100L AFRICA TWIN DCT〈s〉[2022 model]●2022年5月20日発売 [写真タップで拡大]

参考:HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]

【HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]】主要諸元■全長2240 全幅850[830] 全高1115 軸距1520 最低地上高120 シート高700(各mm) 車重223kg[233kg](装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 87ps/7000rpm 10.0kg-m/4750rpm 変速機常時噛合式6段[電子式6段] 燃料タンク容量13L■キャスター28°/トレール110mm ブレーキF=φ330mmディスク+4ポットキャリパー R=φ256mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=130/70-18 R=180/65-16 ※[ ]内はDCT ●価格:MT=110万円/DCT=121万円 ●色:黒、赤 ●発売日:MT=2021年5月13日/DCT=2021年3月11日

HONDA REBEL 1100 [2021 model]

HONDA REBEL 1100 Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]ガンメタルブラックメタリック [写真タップで拡大]

HONDA REBEL 1100 [2021 model]

HONDA REBEL 1100 / Dual Clutch Transmission(DCT)[2021 model]ボルドーレッドメタリック [写真タップで拡大]

参考:HONDA NT1100[2022 model]

主要諸元■全長2240 全幅865 全高1360-1525 軸距1535 最低地上高173 シート高820(各mm) 車重248kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm 変速機6段DCT 燃料タンク容量20L■キャスター26°30′/トレール108mm ブレーキF=φ310mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ256mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:168万3000円 ●色:白、灰 ●発売日:2022年3月17日

HONDA NT1100[2022 model]

HONDA NT1100[2022 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

HONDA NT1100[2022 model]

HONDA NT1100[2022 model]マットイリジウムグレーメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホーム夫婦で楽しむハーレーは、タンデムが一番〈ハーレーダビッドソンのある暮らし〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース