ホンダGB350/S[新型バイクカタログ]:大人気御礼状態のブランニューレトロモデル

ホンダGB350/S[新型バイクカタログ]

GB350/S 概要

インドで大人気のハイネスCB350をベースに開発され、STDが’21年4月下旬に国内販売開始。日本でも多くの支持を集め、早くも’21モデルはほぼ完売状態とされる。

鋼管フレームにシリンダーが直立した空冷単気筒エンジンを搭載するネオクラシック系で、振動を徹底的に抑制しながら鼓動感を高め、シーソー式チェンジペダルなどでレトロ感を演出し、シンプルな装備で価格低減を図った。さらに、’21年7月にはよりスポーティーな「S」仕様も発売。人気にさらなる拍車がかかる。

’21 GB350

'21 ホンダ GB350

【’21 HONDA GB350】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 348cc 20ps/5500rpm 3.0kgm/3000rpm ■車重180kg シート高800mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/70-18 ●色:マットジーンズブルーメタリック キャンディークロモスフィアレッド マットパールモリオンブラック ●価格:55万円 ●発売日:’21年4月22日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ GB350|フロント/リヤ

丸目1灯の正統派ネイキッドらしさを踏襲した王道デザイン。ウインカー/テールランプにもクラシカルな丸目の意匠が施されているがフルLED仕様。レトロな雰囲気で統一しつつ、中身は非常に現代的だ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダGB350

STDのカラーバリエーションはレッド/マットブルー/マットブラックの3タイプ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 ホンダ GB350|ライディングポジション

サイドカバーの張り出しなどから感じるように車格は大きめだが、その分だけ広々としたポジションで姿勢には余裕がある。ハンドルも近く、上半身を起こした位置で手が届く。 [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

'21 ホンダGB350/S

バーチカルシングルエンジンが生む、雑味のない鼓動感が最大の魅力。トバさなくても、スロットルを開け閉めするだけで気持ち良さが得られる! [写真タップで拡大]

ホンダ GB350/S|油冷ヘッド
ホンダ GB350/S|コンロッド

【最新油冷ヘッド&非対称コンロッド摺動抵抗を減らすオフセットシリンダーや、燃焼室上部冷却用オイル通路を配したシリンダーヘッドも。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350/S|バランサー

【2次バランサー】不快な振動を抑制するためのバランサーを、クランクシャフト前方に加えて独自機構を用いながらメインシャフトにも装備。これにより、エンジンの鼓動がクリアに伝わる心地よさを追求している。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S|エキゾーストサウンド

【音質を可視化しながら、低音と高音のバランスを徹底追求】開発初期段階からエキゾーストノートの質を追求。鼓動感としてライダーに伝わる音成分を可視化することで、より精細な音質マネジメントを行っている。マフラー容量との最適なバランスを図った大径φ45mmテールパイプ採用などにより、力強い低音と鋭く立ち上がる高音を両立。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ホンダGB350

STDのリヤタイヤは18インチバイアス。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ GB350/S|LED

ヘッドライトはLED上下2段式。ロービーム時は上側3灯と下部中央、さらに上下端のレンズが発光して個性を主張。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350/S|トラクションコントロール

指針式速度計に小さな液晶パネルを埋め込んだメーター。回転計は装備しないが、ギヤ段数表示機能はある。 [写真タップで拡大]

’21 GB350S

スポーティー仕様の「S」は、後輪が150/70R17にワイドラジアル化。マフラーの跳ね上げ角度が代わり、前後ウインカーが小型化され、ハンドルは低めかつ遠めにセットされている。シートはタックロール風の専用品で、ステップ位置もバック&アップされている。

'21 ホンダGB350S

【’21 HONDA GB350 S】■車重178kg ■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/70-17 ●色:パールディープマッドグレー ガンメタルブラックメタリック ●価格:59万4000円 ●発売日:’21年7月15日 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S

STDによりモダンなイメージの専用パーツを盛り込んだGB350S。リヤタイヤを18→17インチ化し、2kgの軽量化を果たすなどして、走りの質感も高めている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダGB350S

Sのカラーバリエーションはサイドカバーにグラフィックが入ったグレーとブラックの設定。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション/取り回し

ホンダ GB350S|ライディングポジション

意外と大柄なので、広々として快適。スタンダードに比べるとややハンドルが低くて遠いが、気になるほどではない。足着き性はつま先ツンツンだが、低重心なので不安ナシ。[身長158cm] [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S|取り回し

取り回しとしては、スタンダードよりややハンドルが遠くなっているが気にならないレベル。相変わらずラク。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダ GB350S|足まわり

Sのリヤタイヤは17インチラジアルを採用。そのほかフォークブーツなどS専用装備が随所に盛り込まれる。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ GB350S|ブレーキ
ホンダ GB350S|サスペンション

【ブレーキ&サスペンション】フロントはシングルディスクだが、公道走行なら十分な利き。φ41mmの正立式フロントフォークはフォークブーツを備えている。リヤはダンパー内部に窒素ガスを加圧封入。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S|アシストスリッパークラッチ

【アシストスリッパークラッチ】通常のクラッチに比べて約30%軽いというアシスト機能に加え、エンジンブレーキのショックも軽減する。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S|ステップ

【ステップ】シーソー式チェンジペダルのGB350に対してGB350Sは一般的。慣れてる分、扱いやすいと言える。 [写真タップで拡大]

ホンダ GB350S|LEDテールランプ

【LEDテールランプ】スタンダードのテールランプは鉄フェンダー上だが、Sはシート後端でよりシャープな印象。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GB350/Sに関連する記事

デイトナからGB350/S用のローダウンキットが登場! ショートスタンド付き/スロットルケーブルも発売

デイトナは、人気のホンダGB350/S用のカスタムパーツを発表した。ひとつはローダウンキットで、伸び側減衰力調整機構付きのリヤショックとショートサイドスタンドがセットになったもの。もうひとつは、セパレートハンドルを装着した際に取り回しやすいショートスロットルケーブルセットだ。 GB350/S用『ローダウンキット』 純正リヤショック以上の乗り心地を提供しながら、車高をローダウンすることが可能なキット […]

GB350Sが現代版カフェレーサーに! アクティブがセパレートハンドルキットなどを開発中

アクティブが東京&名古屋モーターサイクルショーに出展したGB350Sをご紹介したい。コンセプトは「往年のスタイルに縛られない現代のカフェレーサー」で、開発中のトップブリッジ&セパレートハンドルキットやアルミ鍛造ホイール、ステップキットなどを取り付け、新たなシングルスポーツ像を提案している。 シンプルな素性と美しいエンジンの存在感を生かしながら、さらなるスポーティさを 2021年に発売されたホンダG […]

モリワキGB350鉄馬プロジェクトレポート#2【ワンメイクレースに向け、人車ともに進化】

HSR九州のイベントレース「鉄馬(てつうま)」にて、GB350のワンメイクレースが開催された。そこに日本屈指のレーシングコンストラクターであるモリワキエンジニアリングが、一般公募ライダーで参戦。本記事では、そのレースの模様をお届けする前に、4月に行われた鈴鹿ツインサーキットの走行会=ピレリファントラックデイにて、ライダーに選ばれた金子美寿々さんが行なった練習走行の模様を振り返る。 GBワンメイクの […]

モリワキGB350鉄馬プロジェクトレポート#1【一般公募のライダーでワンメイクレースに参戦】

「モリワキレーシングライダーになりたい」 というライダーの夢を実現する「GB350鉄馬プロジェクト」。’22年元日にWEBヤングマシンにて一般公募を告知して以降、関係各位の熱意と努力により、ついに5月1日に行われたレース「鉄馬」に参戦を果たすことと相成った。その詳細をお届けする前に、このプロジェクトのそもそもの成り立ちや、初期開発テストの模様を振り返りたい。 応援してくれたファンへ、モ […]

モリワキGB350レーサー、ついに完成! 前輪17インチのカフェスタイルが新鮮だ

5月1日にHSR九州で開催されるホビーレース「鉄馬(てつうま)」に参戦を予定している、モリワキのGB350Sレーサーが遂にその姿を現した。サーキットでの戦闘力を高める前輪17インチ化をはじめ、ストリートマシンにも転用したくなる注目のカスタムが満載だ。 セパハン、モナカ、バックステップにシングルシート! HSR九州で開催される「鉄馬」のGBワンメイクレースに、ライダーを一般公募して挑むというモリワキ […]

GB350のカフェレーサー仕様!! デイトナが各モーターサイクルショーの出展概要を発表

デイトナは、大阪、東京、名古屋の各モーターサイクルショーに出展すると発表。創業50周年を迎えるデイトナのブースでは、グループ企業のダートフリークと共同(東京と名古屋のみ。大阪はデイトナ単独ブース)での出展になり、カスタマイズからツーリング、ガレージライフまで、バイクの楽しさを全方位から提案する。 GB350はセパレートハンドルとシングルシートでこんなに雰囲気が変わる! デイトナは、大阪、東京、名古 […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:251〜400cc小型二輪総まとめ#2(ヘリテイジ|ネオクラ|アドベンチャー)

日本国内での人気低下と環境規制強化のダブルパンチで、10年以上も閑散としている400ccクラス。しかしながら’21年は、ホンダGB350/Sの新登場とヤマハSR400の生産終了が大きな話題となった。本記事では251〜400cc小型二輪クラスのうち、ヘリテイジ&アドベンチャーモデルを紹介する。 ホンダGB350/S:クリアな鼓動感を徹底追求した設計 インドで’20年秋の発売直後から大人気 […]

ライダーが決定! モリワキの「GB350鉄馬プロジェクト」がいよいよ始動

HSR九州が主催しているアマチュアレース「鉄馬(てつうま)」に今年から新設される、GB350ワンメイクレースへの参戦を表明しているモリワキエンジニアリング。その参戦ライダーを一般から公募するというチャレンジは以前にレポートしたが、このたびライダーが決定し、いよいよプロジェクトがスタートする運びとなった。 選ばれたのは28歳の主婦 モリワキの「GB350プロジェクト」とは、鉄馬のGB350ワンメイク […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース