チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホンダCRF250L/ラリー[新型バイクカタログ]:走破性と旅力を高めた本格オフ

CRF250L/ラリー 概要

CRF250Lは、「オンロードからオフロードまでさまざまな用途に対応するフルサイズトレール」として’12年に登場。世界各国に展開するグローバルモデルで、累計販売台数は約13万台。デザイン性/利便性/パフォーマンス/そしてリーズナブルさで人気を呼んでいる。

本格オフローダーのLとアドベンチャーのラリーともに、’21モデルはフルチェンジで戦闘力をアップ。エンジンはカム/バルブタイミング/吸排気系なども見直し、ギヤ比を最適化。新設計のフレームはメインパイプやダウンチューブを細身にしながら内側に追い込んで軽量化した。ラリーは大容量の12Lタンクで航続距離もアップ。L/ラリーともにサスペンションのストロークを伸ばしたタイプSの設定がある。

’21 CRF250L/[s]

'21 ホンダ CRF250L|エクストリームレッド

【’21 HONDA CRF250L/[s]】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 24ps/9000rpm 2.3kgm/6500rpm ■車重140kg シート高830/880mm 7.8L ■タイヤサイズF=80/100-21 R=120/80-18 ●色:エクストリームレッド ●価格:59万9500円 ●発売日:’20年12月17日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250Ls

【バリエーションモデル:CRF250Ls】前後サスペンションのストロークを伸ばし、厚みのある専用シートを採用。シート高はSTDの830mmに対して50mm高い880mmに、最低地上高はSTDの245mmに対して40mm高い285mmに。価格は同じだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250L|スタイリング

ホンダ・モトクロッサーの最高峰=CRF450RWのレーシングイメージをダイレクトに継承。シャープさと力強さを備えたデザインは、軽量スリムさをも存分にアピールする。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション/取り回し

'21 ホンダ CRF250L|ライディングポジション

【ライディングポジション】いかにも本格的オフロードモデルだが、足着き性はまずまずで、軽量ボディと相まって安心感がある。ハンドル幅も広すぎず、街乗りも余裕だ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250L|取り回し

【取り回し】何しろスリムだし、ハンドルが遠くなりすぎることもなく車重も軽いので、取りまわしはラク。 [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

'21 ホンダ CRF250L|エンジン

【細部を徹底的に見直してオフの走りやすさを向上】オフロードモデルにふさわしいエンジン特性とするため、専用インテークカムシャフトを採用しバルブタイミングとリフト量を変更。エアクリーナーやエキゾーストパイプを新設計し、点火時期も最適化。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250L|出力特性

【街乗りもオフロードでも扱いやすい出力特性】最高出力、最大トルクともに全回転域で従来モデルより向上。ストリートやオフロードで多用する低中回転域の出力向上も果たし、低回転域からスロットルワークに呼応する駆動力を発揮。 [写真タップで拡大]

シャーシ

'21 ホンダ CRF250L|シャーシ

【ジオメトリーを見直して走破性アップ】エンジン位置を20mmアップしたことに伴い、メインフレームやエンジンクランクケースの形状などを変更。最低地上高を従来モデルに比べて35mm高い245mmとして、オフロードでの走破性を高めている。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダ CRF250L|ブレーキ
ホンダ CRF250L|ブレーキ

[写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|サスペンション

【ブレーキ&サスペンション】走破性の高いロングストロークなサスペンションだが、しなやかさと剛性感のバランスは非常に良好。ブレーキング時の姿勢変化も適度に抑えられる。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ CRF250L|LEDヘッドライト
ホンダ CRF250L|LEDヘッドライト

【軽量薄型LEDヘッドライトは明るさと配光性も向上】コンパクトでカッコよくなったLEDヘッドライトは、明るさと配光性能に配慮されている。従来モデル比で前後長を約40mm短縮すると同時に110gの軽量化も達成。配光性能も向上し、より広域を均一に照らす設定になり、夜間の安心感を高めている。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|メーター

【デジタルメーター】オフロード走行時もパッと見やすいよう、白背景に黒文字。速度計の文字も大型化している。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|ABS

【後輪のみカットできるABS】標準装備されているABSだが、オフロード走行時などにはOFFにすることもできる。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|アシストスリッパークラッチ

【軽いクラッチ】アシストスリッパークラッチのおかげで、クラッチ操作がとにかく軽い。指1本でラクに扱える。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|シート

【体重移動しやすいシート】座面前方をスリム化し、燃料タンクとのつながりも滑らか。おしりも痛くなりにくい。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|荷掛けフック

【荷掛けフック】シート後端には荷掛けフックが4ヶ所も。これがあるとツーリングの荷造りが超ラク。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|ウインカー

【転倒にも強いウインカー】 LEDウインカーはフレキシブルラバーマウントを採用。万一転んだ時も壊れにくい設計だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|ヘルメットホルダー

【ヘルメットホルダー】プッシュ式で使いやすいヘルメットホルダーを装備。バイクを降りての街歩きに便利だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CRF250L|サイドスタンド

【接地面が広いサイドスタンド】サイドスタンドは接地面積が広くなるよう設計されている。細かい気配りがありがたい。 [写真タップで拡大]

’21 CRF250ラリー/[s]

エンジンやフレームといった車体の多くの部分はCRF250Lと共通であるが、12Lの大容量タンク/ウインドスクリーン/振動軽減を目的とするハンドル内インナーウェイトなどを備え、ツーリング時の快適性を高めてある。

'21 ホンダ CRF250ラリー|エクストリームレッド

【’21 HONDA CRF250 RALLY/[s]】■車重152kg シート高830/885mm 12L ●色:エクストリームレッド ●価格:74万1400円 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250ラリー|ヘッドライト

ヘッドライトには左右非対称の二眼LEDを採用。標準装備のウインドスクリーンが長距離走行時における快適性と巡航性能を実現した。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CRF250ラリー|タンク

ラリーの燃料タンクは前モデルもLより大型(10L) だったが、新型はさらに12Lに拡大して航続距離を大幅アップ! [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CRF250L/ラリーに関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126~250cc軽二輪総まとめ#3(アドベンチャー)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない“本気度”こそが、250クラスの勝負の分け目かも…。本記事ではアドベンチャーモデルを紹介する。 カワサキKLX230S:トルク重視のエンジンとレーサー譲りの走破性 KLX250の生産終了以降、久々に登場した本 […]

岡崎静夏のホンダCRF250L試乗インプレ【オンロードもめちゃくちゃ楽しいオフロードモデル】

ホンダCRF250Lは世界各国に展開するグローバルモデルで、累計販売台数は約13万台。デザイン性/利便性/パフォーマンス/そしてリーズナブルさで人気で、その最新モデルは”誰もが何にでも使える特性”をオン/オフの両面から高めている。本記事では現役女性レーサーの岡崎静夏さんがオンロード/オフロード試乗したインプレッションをお届けする。 ちょっと自信を持って山道に入っていけそう 正直に告白します。自分、 […]

ホンダCRF250Lディテール写真解説【誰もが何にでも使える、オン/オフ両特性アップ】

CRF250Lは、「オンロードからオフロードまでさまざまな用途に対応するフルサイズトレール」として’12年に登場。世界各国に展開するグローバルモデルで、累計販売台数は約13万台。デザイン性/利便性/パフォーマンス/そしてリーズナブルさで人気を呼んでいる。最新モデルは”誰もが何にでも使える特性”をオン/オフの両面から高めている。 スタイリング&モデルバリエーション […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

ホンダCRF250L/ラリー[新型バイクカタログ]:走破性と旅力を高めた本格オフ

CRF250L/ラリー 概要 CRF250Lは、「オンロードからオフロードまでさまざまな用途に対応するフルサイズトレール」として’12年に登場。世界各国に展開するグローバルモデルで、累計販売台数は約13万台。デザイン性/利便性/パフォーマンス/そしてリーズナブルさで人気を呼んでいる。 本格オフローダーのLとアドベンチャーのラリーともに、’21モデルはフルチェンジで戦闘力をアップ。エンジ […]

林道キャンプツーリングのための軽量コンパクト装備&パッキング術のススメ〈リコーダートキャンプツーリング|後編〉

オフロードツーリングの楽しみ方を提案し続ける『ゴー・ライド』誌の副編集長・コイ(以下、副編コイ)が、軽量コンパクトで走りに影響しない装備スタイルの林道キャンプツーリングを楽しみ尽くした前編。後半では装備スタイルの詳細/パッキングのコツや裏技/ちょっとしたキャンプ飯情報をお届けするゾ! パッキングひとつでより旅やキャンプが快適かつスムーズに 山や旅など最小限/最軽量の荷でするもの、と考える筆者(副編 […]

ひと粒で2度オイシイ!! 林道キャンプツーリングのススメ〈リコーダートキャンプツーリング|前編〉

林道ツーリングはできるだけ空身で走りたい…、でも林道を楽しんだ流れでキャンプもゆったりと楽しみたい…。二兎を追うものは一兎も得ず…。ノン、三兎も得ようと工夫すべき!! と、オフロードツーリングの楽しみ方を提案し続ける『ゴー・ライド』誌の副編集長・コイ(以下、副編コイ)が、軽量コンパクトで走りに影響しない装備スタイルの林道キャンプツーリングを楽しみ尽くした。その前編をお届けするゾ! 林道走行もキャン […]

よりタフなアドベンチャーへ!! 新型ホンダCRF250/ラリー用カスタムパーツ登場〈キジマ〉

フルモデルチェンジを果たした新型CRF250LとCRF250ラリーのツーリング性能をさらに高めてくれるアイテムが、キジマから登場。林道ツーリングでのプロテクション性/積載性/安全性を高め、よりタフなアドベンチャーツーリングもサポートしてくれるカスタムパーツ群を紹介しよう。 ツーリング性能をさらに高めるパーツが続々登場! エンジン吸排気系が大きく見直され、フレームも新形状となりフルモデルチェンジ。軽 […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース