第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

新型の登場でハンターカブが消えて全9車に! ホンダが受注一時停止機種リストをアップデート

ホンダは、7月6日にコロナ禍によるロックダウン、世界的な海上輸送・港湾の混雑、半導体供給不足などの複合的な要因から製品・部品入荷や物流の遅延が継続・長期化しており、生産・海外からの入荷見通しが依然として不透明な状況が続いていること、そして日本国内け二輪車に対して2022年11月生産分より「令和2年排出ガス規制」が適用(※)されることに伴い、一部機種については現行モデルの注文が生産計画に達した場合、受注を一時停止すると発表。これに続いて8月1日には受注一時停止機種リストにレブル500を追加した。

そして10月7日、新型「CT125ハンターカブ」の発表にともなって、同リストからハンターカブが消滅した。新型ハンターカブの発売日は2022年12月15日だが、すでに予約受注は始まっている。

同リストの対象製品の受注再開については、今後もホンダ公式サイトおよびホンダ二輪車正規取扱店より案内があるはずだ。

2022年10月7日時点で受注一時停止している機種は以下の通り。

・Rebel 1100
・Rebel 500
・Rebel 250
・CRF250RALLY
・CRF250L
・フォルツァ
・ADV150
・グロム
・モンキー125

※令和2年排出ガス規制 適用開始時期:新型車 2020年12月、継続生産車 2022年11月(第一種原動機付自転車にあっては、2025年11月)

上記に含まれているレブル250シリーズについては、ホンダがSNS上で新型の登場を示唆。また、海外ではレブル500の2023年カラーモンキー125の2023年カラー新型車のADV160新型フォルツァ(350)が発表されており、フォルツァは250cc版の国内導入もカウントダウン状態と思われる。このほか、このリストにないCBR250RRについてもインドネシアで新型が発表され、国内では日本GP(モビリティリゾートもてぎ)でお披露目されている。

CT125ハンターカブ 国内仕様 ※10月7日発表

主要諸元■全長1965 全幅805 全高1085 軸距1260 最低地上高165 シート高800(各mm) 車重118kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.1ps/6250rpm 1.1kg-m/4750rpm 変速機4段 燃料タンク容量5.3L■タイヤサイズ=前後80/90-17 ●価格:44万円 ●色:銀、赤、緑 ●発売日:2022年12月15日

ホンダ|CT125ハンターカブ|2023年モデル

CT125ハンターカブ 国内仕様 ※10月7日発表 [写真タップで拡大]

CMX500レブル 欧州仕様 ※9月27日発表

主要諸元■全長2205 全幅820 全高1090 軸距1490 シート高690(各mm) 車重191kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 471cc 46.25ps/8500rpm 4.41kg-m/6000rpm 変速機6段 燃料タンク容量11.2L■タイヤサイズF=130/90-16 R=150/80-16 ※諸元は欧州仕様

ホンダ|CMX500レブル|欧州仕様|2023年モデル

CMX500レブル 欧州仕様 ※9月27日発表 [写真タップで拡大]

新型レブル250 国内仕様 ※9月27日にSNSで公開(近日正式発表か)

ホンダは国内のSNSで新型レブル250/Sエディションの姿を公開した。姿は大きく変わっていないので令和2年排出ガス規制への適合がメインと思われるが、エキゾーストパイプの湾曲度や触媒の位置といった違いも見いだすことができる。はっきり判別はできないが、吸気まわりにも変更が加えられているようだ。

ホンダ|レブル250|2023年モデル

新型レブル250 国内仕様 ※9月27日にSNSで公開(近日正式発表か) [写真タップで拡大]

フォルツァ(350) タイ仕様 ※10月5日発表/国内仕様は250で発表か

主要諸元■全長2143 全幅754 全高1507 軸距1510 最低地上高140 シート高780(各mm) 車重187kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 329.6cc 出力未発表 CVT無段変速 燃料タンク容量11.7L■タイヤサイズF=120/70-15 R=140/70-14 ※諸元はタイ仕様

ホンダ|フォルツァ|タイ仕様|2023年モデル

フォルツァ(350) タイ仕様 ※10月5日発表/国内仕様は250で発表か [写真タップで拡大]

ADV160 インドネシア仕様 ※7月1日発表

主要諸元■全長1950 全幅763 全高1196 軸距1324 最低地上高165 シート高780(各mm) 車重133kg■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 156.9cc 16ps/8500rpm 1.5kg-m/6500rpm Vベルト無段変速 燃料タンク容量8.1L■タイヤサイズF=110/80-14 R=130/70-13 ●インドネシア参考価格:3600万ルピア ●色:赤、黒、白

ホンダ|ADV160|インドネシア仕様|2023年モデル

ADV160 インドネシア仕様 ※7月1日発表 [写真タップで拡大]

モンキー125 欧州仕様 ※9月27日発表

主要諸元■全長1710 全幅755 全高1030 軸距1145 シート高775(各mm) 車重104kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.38ps/6750rpm 1.12kg-m/5500rpm 変速機5段 燃料タンク容量5.6L■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ※諸元は欧州仕様

ホンダ|モンキー125|欧州仕様|2023年モデル

モンキー125 欧州仕様 ※9月27日発表 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース