ホンダCB125R[新型バイクカタログ]:DOHC&SFF-BPで走りを一新!

CB125R 概要

’21モデルは水冷単気筒エンジンがSOHC2バルブからDOHC4バルブに完全刷新! ロングストローク化して圧縮比も高めて15psを発揮。WMTCモードで45.5km/Lの好燃費とユーロ5も完全適合。倒立フォークは125クラス初のΦ41mmSFF-BPを装備し、IMU付きABSも備わる。

’21 CB125R

'21 ホンダ CB125R|パールスモーキーグレー

【’21 HONDA CB125R】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.2kg-m/8000rpm ■車重130kg シート高815mm 10L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:パールスモーキーグレー マットガンパウダーブラックメタリック キャンディクロモスフィアレッド ●価格:47万3000円 ●発売日:’21年4月22日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CB125R|マットガンパウダーブラックメタリック
'21 ホンダ CB125R|キャンディクロモスフィアレッド

カラーバリエーションはグレー/ブラックメタリック/レッドの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB125Rに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

ホンダCB125R試乗インプレッション【CBシリーズ末弟もより刺激的な走りを獲得】

世界的な激戦区である125ccクラスに対し、ホンダが’18年に投入したのが新世代CBシリーズの末弟=CB125Rだ。’21モデルは、海外勢に対してほぼ唯一のディスアドバンテージだったエンジンがDOHC4バルブとなり、合わせてフロントフォークもショーワ製SFF-BPへと進化した! 外観の変化は色程度だが、中身は明らかに進化した 最高出力は、旧型の13psからEU圏内A1ライセ […]

ホンダ新型「CB125R」4/22発売!DOHCエンジン/ZX-25Rより太い倒立フォーク採用で1万6500円増

ホンダは、新型DOHC4バルブヘッドになった水冷4ストローク単気筒を搭載する原付二種スポーツ、新型「CB125R」を4月22日に発売する。また、倒立フロントフォークもSFF-BPをクラス初採用するなどグレードアップ。ニューカラー×2色を設定した全3色をラインナップする。 13ps/9000rpm→15ps/10000rpmにパワーアップ ホンダは、2018年に発売されたCBシリーズのエントリーモデ […]

ホンダ新型「CB125R」登場!DOHCエンジン/ZX-25Rより太い倒立フォーク採用で1万6500円増

ホンダは、新型DOHC4バルブヘッドになった水冷4ストローク単気筒を搭載する新型「CB125R」を4月22日に発売すると発表した。同時に倒立フロントフォークにはSFF-BPをクラス採用。ニューカラー×2色を設定した全3色をラインナップする。 13ps/9000rpm→15ps/10000rpmにパワーアップ ホンダは、2018年に発売されたCBシリーズのエントリーモデル「CB125R」を早くもモデ […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉グロム/ハンターカブetc.

グロム:新設計エンジン+待望の5速ミッション。カスタムも自由自在[モデルチェンジ] 近未来ストリートファイターとも言えるアグレッシブな原付二種スポーツ「グロム」が’21モデルでモデルチェンジ。新作された横置きの空冷単気筒エンジンはストロークを何と5.2mmも伸ばし、高圧縮化することで全域で大幅にトルクアップ。高回転域でのパワーの伸びも確保した。トランスミッションは従来の4速から、ファン […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

今も昔も面白い!ホンダ”リトル”クラスのファンバイク#2【次期復刻125総選挙も実施中】

[今] ’18 クロスカブ50:カブで手軽にアウトドア遊びに挑戦 スーパーカブ50/110をベースにアウトドア風味にしたのがクロスカブ50/110。2代目となる現行型ではレッグシールドレスとなり、よりアクティブなスタイルとなった。太めの17インチタイヤを履く110に対し、50は14インチタイヤでより手軽に。初心者&女性から幅広く楽しめる1台だ。 [昔] ’97 リトルカブ: […]

新エンジン獲得のリトルCB! ホンダ新型「CB125R」市販予定車の姿をキャッチ

ホンダは、春恒例のモーターサイクルショーが中止になったことを受け、2021年2月20日よりWEBにて「ホンダモーターサイクルフェス2021」を公開する。その出展車両の1台、新型CB125Rを撮影できたのでお届けしたい。詳細は未発表だが、国内市販を前提とした車両だ。 ユーロ5に適合しながらパワーアップ ホンダは昨年11月に欧州で新型「CB125R」を発表。これは日本でも販売されているCB125Rのフ […]

新型ホンダCB125Rはユーロ5対応:DOHCヘッド&SFF-BP倒立ゲット

DOHCヘッド&SFF-BP倒立ゲット! ホンダCB-Rシリーズの末弟=CB125Rも、欧州ではクラスで世界初採用となるショーワ製SFF-BPフォークを身につけた’21モデルが正式発表。 エンジンも従来のSOHC2バルブからDOHC4バルブへと大きく生まれ変わり、1.63ps&0.12kg-mのパワーアップを果たすとともにユーロ5にも対応した。フロントがラジアルマウント4ポットキャリパ […]

ホンダ「レブル1100、X-ADV、CB1000R、NC750X、PCX、CB125R、グロム」を国内販売!

ホンダは欧州やアメリカで2021年モデルを続々と発表したが、これらの中から今後国内で販売を予定しているモデルを公式HPで紹介した。タイと欧州で最初に発表された「GROM」から、正式発表間もない「REBEL 1100」まで、一挙に7機種。正式発表が待ち遠しい! 海外発表済みの2021年モデルより国内販売予定車×7機種 ホンダは、公式HPにおいて2021年モデルとして国内販売を予定しているグローバルモ […]

ホンダ「CB125R」は新エンジン搭載、ZX-25Rより太い「SFF-BP」倒立フォークを採用!

ホンダは欧州で125ccクラスのスポーツネイキッド「CB125R」の2021年モデルを発表した。新型エンジンを搭載するフルモデルチェンジで、ユーロ5適合ながらパワー&トルクアップを果たし、新たにSHOWA製φ41mmSFF-BP倒立フォークまで採用している。 ここでも来たかロングストローク化! 規制適合とパフォーマンスアップに欠かせない? ホンダは欧州で新型「CB125R」を発表した。これは日本で […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#3/5〉スポーツバイク

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのレジャーバイク編に続き、本ページではスポーツバイク編としてホンダCB125R、スズキGSX-R125/GSX-S125を紹介する。 ホンダ CB125R:クラスを超えた装備が自慢 CB-Rシリーズの末弟。兄貴分と同様のスタイルに水冷SOHC単気筒を採 […]

2019新車走評:今人気! 110~150ccお気軽クラス編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #16]

軽量コンパクトな車体に、公道でも使い切れるパワー&トルクのエンジンを搭載。トイ感をたっぷり備え、自分好みに徹底カスタムするベースモデルとしても使いやすい。その扱いやすさから実用にも向いているが、のんびり一般道ツーリングするのもなかなか楽しい。小粒ながら日常生活やバイクライフに刺激を与えてくれる、スパイシーなカテゴリーだ! 気軽さのある走行性能と低めのランニングコスト このカテゴリーにはさまざまな機 […]

ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#6〈最終評価編〉

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行した。連載最終回となる本稿では、すべてのテスト結果から見えてきた各車のキャラクターについて紹介するとともに、あらためて感じた原付二種の […]

ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#5〈巡航性能編〉

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行した。通勤通学など足代わりに使われることの多い原付二種だが、中には本格的なツーリングに出掛けるライダーも。乗り心地や安定性、疲れにくさ […]

ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#4〈軽快性能編〉

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行した。原付二種の魅力と言えば車体の軽さとコンパクトさを生かした軽快なハンドリング。一般道を走り回り、5車を乗り比べることで見えてきた違 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報