日本とハンガリーから怒涛のリリース

スズキ新型「GSX-S1000GT」は純正アクセサリーも充実! 車体同色パニアや大型スクリーン等

スズキが世界同時発表した新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」には、多くの純正アクセサリーが設定されている。いずれも欧州仕様向けなので、日本仕様が登場した際に全てが導入されるとは限らないが、愛車候補と考えている向きには妄想を膨らますネタにもなる?

赤いブレンボには見覚えも……? カーボンパーツも多数

GT=グランドツアラーの世界観を広げる純正アクセサリーも多数公開された! スズキの新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」は、現行モデルGSX-S1000Fがスポーツ色の強いフルカウルモデルであるのに対し、アップライトなライディングポジションやタンデム&積載性能を向上するなどしてロングツーリングへの適性を大幅に高めたブランニューモデルだ。

エンジンはスズキの傑作と名高い“K5”、つまり2005年式のGSX-R1000をベースとしながら最新の排出ガス規制ユーロ5に適合し、最新の電子制御デバイスを完備した。ウインドプロテクション性能やパッセンジャーシートの居住性を高め、さらにスマートフォン接続といった最新のトレンドも取り入れている。

見るからにスズキの肝いりニューモデル。となれば当然、その世界観を拡充する純正アクセサリーが多数ラインナップされるのも納得である。

車体色と統一感のあるガーニッシュを備えたサイドケースセットにはじまり、これを取り付けるためのブラケットセット、スポーツ性をアピールする赤いブレンボ製キャリパー(カタナ用にラインナップされたものと同じ?)、各種カーボンパーツ、バッグ、そして大型スクリーンなど、ひと通りのラインナップが揃う。

余談ではあるが、北米においてはサイドケースセットを標準装備する「GSX-S1000GT+」というバリエーション設定も。こんなところからも、スズキのチカラの入れようがわかる。

なお、欧州プレスリリース内の純正アクセサリーラインナップには、問い合わせ先が日本になっているものとハンガリー(Magyar Suzuki)になっているものが混在し、日本仕様のGSX-S1000GTが発売された場合に全てが導入されるのかは不明。これについては正式発表を待ちたい。

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] ※オプション装着車 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

サイドケースセット ※容量各36L [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

サイドケースガーニッシュセット [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

サイドケースガーニッシュセット [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

サイドケースガーニッシュセット [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

収納例 [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

サイドケースブラケットセット(左上枠内はロックセット) [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

ホイールデカール(全3色) [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

リムデカール(全2色) [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

ツーリングスクリーン [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

グリップヒーター [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フロントアクスルスライダー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

リヤアクスルスライダー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カラーブレンボキャリパー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カーボンフロントフェンダー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

スタイリッシュライダーシート [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カーボンリヤフェンダー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カーボンオルタネーターカバー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カーボンクラッチカバー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

カーボンスターターカバー [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

テキスタイルフューエルタンクバッグ(ラージ) ※容量11~15L [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

テキスタイルフューエルタンクバッグ(スモール) ※容量5~9L [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

リング for フューエルタンクバッグ [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フューエルタンクパッド [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フューエルタンクパッド [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フューエルタンクパッド [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フューエルタンクプロテクションフォイル(透明) [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

フューエルタンクプロテクションフォイル(黒) [写真タップで拡大]

なお、リリース素材には含まれていないが、ギルズツーリング製のレバーガードやビレットレバーもアクセサリー扱いになる模様(欧州)。

純正アクセサリー装着例

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

主要諸元■全長2140 全幅825 全高1215 最低地上高140 軸距1460 シート高810(各mm) 車重226kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 152ps/11000rpm 10.81kg-m/9250rpm 変速機6段 燃料タンク容量19L■キャスター25°/トレール100mm タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ※諸元は欧州仕様

※欧州仕様の現行GSX-S1000Fは150ps/10000rpm、11.02kg-m/9500rpmで、国内仕様とは表記が異なっている

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model]

SUZUKI GSX-S1000GT[2022 model] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報