スズキ アドレス125 [’22後期 新型バイクカタログ]:伝統の車名を受け継ぐグローバルモデル

スズキ アドレス125

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月20日

スズキ アドレス125 概要

アドレス125は、1991年に発売されたアドレスV100の“通勤快速”フィロソフィーを継承してきた実用性重視の原付二種スクーター。堅牢な造りと高い経済性、そして軽快な走りで長きにわたって支持されてきた、スズキの看板モデルのひとつだ。

新型の’23モデルは、空冷単気筒SEPエンジンを搭載し、力強さと優れた燃費性能(WMTCモード燃費53.8km/L)を両立。スズキイージースタートシステムやコンバインドブレーキを採用したほか、LEDヘッドライト/タンデム用グラブバー/シート下トランクスペースなどの実用装備も充実している。

新型は丸みを帯びたデザインになり、従来型とイメージが大きく変わっているが、快適性と実用性にこだわったアドレスらしさは不変だろう。

’23 スズキ アドレス125

主要諸元

スズキ アドレス125

【’22 SUZUKI ADDRESS 125】■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.7ps/6750rpm 1.0kg-m/5500rpm ■車重105kg(装備) シート高770mm 5L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=90/100-10 ●色:ダークグリーニッシュブルーメタリック マットボルドーレッドメタリック パールミラージュホワイト マットブラックメタリックNo.2 ●価格:27万3900円 ●発売日:2022年10月18日 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス125
スズキ アドレス125

[写真タップで拡大]

スズキ アドレス125
スズキ アドレス125

カラーバリエーションはブルー/レッド/ホワイト/ブラックの4色。 [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ アドレス125

エコドライブイルミネーションの付いたアナログ式メーター。 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス125

5V2AのUSB充電ソケットを装備&500mlのペットボトルが入る左フロントインナーラック。 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス125

ヘルメット等の収納に便利なシート下トランクスペース(ヘルメット形状による)。 [写真タップで拡大]

スズキ アドレス125

大型のグラブバーとフラットなシートでタンデムしやすそう。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース