スズキ アドレス125[新型バイクカタログ]:堅実でコスパに優れる

アドレス125 概要

高い燃焼効率を追求したSEPエンジンが堅実な走りを発揮。足着き性に優れる標準車の他に、巡航性に優れる「フラットシート」仕様も用意。余裕のある車体はヒザまわりもユッタリ。アナログ式メーターは見やすく、大型のカバンホルダー/リヤキャリアも標準装備する。

’21年9月をもって生産終了した。

’20 アドレス125

'20 スズキ アドレス125|キャンディパトリシアンレッド

【’20 SUZUKI ADDRESS125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.0kg-m/6000rpm ■車重109kg シート高745mm 6.0L ■タイヤサイズF=90/90-12 R=100/90-10 ●色:キャンディパトリシアンレッド パールノベルティブラック パールグレイスフルホワイト ●価格:22万2500円 [写真タップで拡大]

'20 スズキ アドレス125|パールノベルティブラック
'20 スズキ アドレス125|パールグレイスフルホワイト

カラーバリエーションはレッド/ブラック/ホワイトの3色展開。 [写真タップで拡大]

’20 アドレス125フラットシート仕様

'20 スズキ アドレス125フラットシート仕様|フラッシュシルバーメタリック

【’20 SUZUKI ADDRESS125 FLAT SEAT SPEC■シート高760mm ●色:フラッシュシルバーメタリック パールグレイスフルホワイト パールノベルティブラック ●価格:23万1000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

アドレス125に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種スクータークラス

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラスは、スクーターも多種多彩だ。不動の人気を誇るPCXを軸にリード125やディオ110等を展開するホンダに対し、ヤマハはNMAX/シグナスX/アクシスZ/トリシティ125で対抗する。 日本車51〜125cc原付二種スクータークラス ラインナップ 排気量125cc 排気量110cc

スズキ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉アドレス125/110 etc.

スウィッシュ/リミテッド:防寒バージョンも用意 前後10インチの小径タイヤを履くコンパクトな原付二種「スウィッシュ」は取り回しもラク。フロント給油口やUSBソケット、タコメーター表示もあるフル液晶メーターなど装備も充実している。冬場に嬉しいナックルバイザーとグリップ/シートヒーターを装備する2万2000円高の「リミテッド」もラインナップ。 アドレス125:実用重視の堅実な作り 「アドレス125」は […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスポーツ系バイクに続いて、本ページではスクーター編として、ヤマハ トリシティ125/BW’s 125/NMAX/シグナスX/アクシスZと、スズキ スウィッシュ/アドレス125/110を紹介する。 ヤマハ トリシティ125/ABS:ヤマハ独 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報