チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

カワサキZ900シリーズ[新型バイクカタログ]【50周年記念車は80年代のZ風レッド!】

Z900 概要

Z1000の直4エンジンを948ccにボアダウンし、スチールパイプの軽量フレームに搭載。外装を最新Z系共通のSugomiデザインでまとめた俊足ネイキッドだ。

MAX125psを発揮するエンジンは、3段階+OFFのトラクションコントロールと2段階パワーモードをインテグレーテッドライディングモードで包括的に管理でき、4.3インチのカラーTFTメーターで簡単に設定することができる。このメーターにはスマホ連動機能も搭載。車両情報や走行ログなども閲覧することができる。さらに国内仕様にはETC2.0車載器も標準装備だ。

SEモデルは足まわりをブレンボ製ブレーキキャリパー/オーリンズ製リヤショックアブソーバーで強化し、φ41mm倒立フロントフォークには圧側減衰調整機構を新採用。アウターチューブをゴールド仕上げとした。カラーは緑×黒の1色展開だ。

加えて’22年1月6日にはZシリーズの50周年を記念した特別仕様車「Z900 50th Anniversary」が発表された。いずれのモデルも’22年2月1日に発売される。

’22 Z900 50th Anniversary

真紅のカラーリング「ファイヤークラッカーレッド」は、Z1100GP(1981年)やZ400GP(1982年)など80年代のZを彷彿とさせる配色だ。

標準モデルからの主な変更点は以下の通り。

・Z1100GP(1981年)をはじめ1980年代を代表するカラーリング
・フェンダーに印されたZ50周年ロゴとシュラウドにあしらわれたレタリング
・車体色を引き立てるフレームの艶ありブラック塗装
・高級感を演出するゴールドカラーのフロントフォーク
・上質感を高めるシボ入りの専用シート表皮
・カラー&グラフィックの変更

カワサキZ900|50th Anniversary

【’22 KAWASAKI Z900 50th Anniversary】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg-m/7700rpm ■車重213kg シート高800mm 17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:121万円 ●色:ファイヤークラッカーレッド ●発売日:2022年2月1日 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキZ900|50th Anniversary|ライディングポジション

後退したステップと低いハンドルバーの典型的なストリートファイター的なライポジ。とはいえシート高は800mm(Z900RSと同じ)と高くないので、ミドルクラスのネイキッドとしては足着き性が良好で、前傾姿勢もキツくない。[身長170cm/体重70kg] [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキZ900 50th Anniversary|足まわり

【金サス&赤ホイール】φ41mmの倒立フォークはアウターをゴールド仕上げ(調整機構は標準モデルと同じで、SEとは異なる)。フロントフェンダーの先端に50周年記念ロゴをあしらう。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキZ900 50th Anniversary|シュラウド

各部に配された50周年のロゴとシュラウドのレタリングはゴールドを基調とする。ブラック&グレーのラインがZ1100GPを思わせる意匠だ。 [写真タップで拡大]

カワサキZ900 50th Anniversary|シート

【シート表皮はシボ入り】自然なシワが天然皮革のような質感を醸し出す、シボ入り専用表皮のシートを装備。鮮烈なレッドのボディカラーをいっそう上質に見せる。 [写真タップで拡大]

’81 カワサキ Z1100GP

【ルーツカラー:’81 Z1100GP】専用色の「ファイヤークラッカーレッド」は、Z400FX(輸出は500)やZ-GP、GPZ系に多く採用され、同グラフィックのZRX1100/1200Rも存在した。 [写真タップで拡大]

’22 Z900 SE

STDをブレンボ製のブレーキパッケージ&オーリンズ製のS46リヤショックアブソーバーでチューンナップし、φ41mm倒立フロントフォークには圧側減衰調整機構を新採用。アウターチューブをゴールドで仕上げている。国内仕様は’22年2月1日に発売される。

カワサキZ900 SE

【’22 KAWASAKI Z900 SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg-m/7700rpm ■車重213kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:132万円 ●色:メタリックスパークブラック×キャンディライムグリーン ●発売日:2022年2月1日 [写真タップで拡大]

カワサキZ900 SE|リヤショックアブソーバー

[写真タップで拡大]

カワサキZ900 SE|フロントまわり

[写真タップで拡大]

カワサキZ900 SE|ブレーキ

【ブレンボ&オーリンズ】オーリンズ製S46リヤショックとそれに合わせてセッティング変更したフロントサス、さらにブレンボ製ブレーキシステムで足まわりが強化されている。欧州仕様の車体色はグリーン×ブラックだ。 [写真タップで拡大]

’22 Z900

2022年モデルとして設定されたニューカラーは、ホワイトを基調にフレームの赤い差し色が光る「パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー」だ。

カワサキZ900

【’22 KAWASAKI Z900】 ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg-m/7700rpm ■車重213kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:114万4000円 ●パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー ●発売日:2021年11月26日 [写真タップで拡大]

カワサキZ900|液晶メーター

カラーTFTメーターはブルートゥースを内蔵し、専用アプリ「RIDEOLOGY THE APP」を介してスマホと連携することができる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z900に関連する記事

カワサキZ900 50thアニバーサリー試乗インプレッション【鮮烈な赤と走りがマッチ】

’18年に国内販売が始まり、’20年モデルでビッグなマイナーチェンジを実施したカワサキZ900に、Z誕生50周年を記念した特別カラーが追加された。’80年代の空冷Zを代表するファイアークラッカーレッドを採用し、シュラウドとフロントフェンダーには記念ロゴも。価格はSTDに対して6万6000円高だ。 ’22 カワサキZ900 概要 [◯] 意のままに操れる快感。RSとの差別化は明確 高校時 […]

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#1(751cc〜)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続ける。 電脳時代に合わせた先進デザインが増えてきた むき出しのエンジンにアップライトなハンドルポジション、公道ユースに合わせた出力特性やハンドリングと、オートバイの基本スタイルと […]

真紅のカワサキ「Z900 50th Anniversary」はZ1100GP/GPz900Rをリスペクトして登場!

Z900RS/Z650RSだけじゃなかった! カワサキは、スーパーネイキッドのZ900にも『50th Anniversary』を設定し、50周年記念モデルを一挙に3車登場させた。真紅のカラーリングは1981年のZ1100GPをはじめとした’80年代を代表する配色で、これに専用ロゴなどをあしらう。 1980年代のZを代表する鮮烈な赤を特別に調合 カワサキモータースジャパンは、Z900RS […]

カワサキ「Z900 SE」は132万円で2/1発売! オーリンズ&ブレンボのハイグレード仕様

カワサキモータースジャパンは、欧州などで先行発表されていたZ900のハイグレードモデル「Z900 SE」を2022年2月1日に発売すると発表した。アグレッシブなデザインはそのままに、ブレンボ製フロントブレーキパッケージとオーリンズ製リヤショックなどを採用している。 オーリンズ製S46リヤショック、フルアジャスタブル化した倒立フォーク、そしてブレンボ製ブレーキコンポーネント カワサキモータースジャパ […]

今度のは白いヤツ! カワサキ「Z900」新色の2022年モデル登場

カワサキは、Z900RSのベースモデルとしても知られるZ900にニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売すると発表した。価格は114万4000円になり、発売日は2021年11月26日。 赤フレームに白ボディが新鮮! カワサキはZ900にニューカラーを設定、2022年モデルとして発売する。 並列4気筒エンジンを搭載し、アグレッシブな「Sugomi」デザインと「エキサイティング&イージー」な走 […]

カワサキZ900シリーズ[新型バイクカタログ]【50周年記念車は80年代のZ風レッド!】

Z900 概要 Z1000の直4エンジンを948ccにボアダウンし、スチールパイプの軽量フレームに搭載。外装を最新Z系共通のSugomiデザインでまとめた俊足ネイキッドだ。 MAX125psを発揮するエンジンは、3段階+OFFのトラクションコントロールと2段階パワーモードをインテグレーテッドライディングモードで包括的に管理でき、4.3インチのカラーTFTメーターで簡単に設定することができる。このメ […]

オーリンズ&ブレンボのハイグレード仕様! カワサキ「Z900 SE」登場

カワサキは欧州で、Z900RSのベースモデルでもあるZ900にブレンボ製ブレーキシステムとオーリンズ製リヤサスペンションを奢った特別仕様「Z900 SE」を発表した。2022年モデルとしてラインナップされ、カラーリングは黒×緑の1色だ。 Z1000 Rエディションと同じオーリンズS46ショック! カワサキは欧州で、“スゴミスピリット”を持つアグレッシブなデザインのスーパーネイキッドとして知られるZ […]

Z650RSのベースはコイツだっ?! カワサキが「Z650」の2022年モデルを欧州で発表

カワサキは欧州で、スポーツネイキッド・4気筒の「Z900」および2気筒の「Z650」にニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売すると発表した。2021年9月27日には、Z900RSに続くネオクラシックモデルのZ650RSがローンチするのではと見込まれているが、これに先行しての登場となる。 ジョナサン・レイ選手がバイクの免許を取ったのもZ650です! カワサキは欧州でZ650およびZ900の […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト
ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース