φ41mm倒立フォークもゴールド化

カワサキ「Z900 SE」は132万円で2/1発売! オーリンズ&ブレンボのハイグレード仕様

カワサキモータースジャパンは、欧州などで先行発表されていたZ900のハイグレードモデル「Z900 SE」を2022年2月1日に発売すると発表した。アグレッシブなデザインはそのままに、ブレンボ製フロントブレーキパッケージとオーリンズ製リヤショックなどを採用している。

オーリンズ製S46リヤショック、フルアジャスタブル化した倒立フォーク、そしてブレンボ製ブレーキコンポーネント

カワサキモータースジャパンは、“スゴミスピリット”を持つアグレッシブなデザインのスーパーネイキッドとして知られるZ900に特別仕様の「Z900 SE」を設定。2022年モデルとして発売する。

主な変更点は2点。まずブレンボ製のブレーキパッケージを採用していること。キャリパーはM4.32ラジアルマウントモノブロックとされ、φ300mmのダブルディスクをブレンボ製パッドで挟み込む。また、ニッシン製ラジアルポンプマスターシリンダーとステンレスメッシュホースのブレーキラインも採用し、より正確なコントロールと優れたフィーリングを提供する。

もうひとつはオーリンズ製S46リヤショックアブソーバーだ。欧州でラインナップされるZ1000 Rエディションと同じφ46mmピストンを持つアルミニウムボディのユニットで、Z900 SEに合わせてチューニング。フローティングピストンによって分離されたガスチャンバーを備えるシングルチューブ式で、リモート式のプリロードアジャスターも採用している。

これに合わせて、φ41mm倒立フロントフォークには圧側減衰調整機構を新採用し、アウターチューブをゴールド仕上げとした。

Z900シリーズは選択可能なパワーモードやトラクションコントロールシステム、アシストスリッパークラッチなどを採用し、最近のカワサキが得意とするサウンドチューニングによって排気サウンドも作り込まれたスーパーネイキッド。スマートフォンとブルートゥースを介して接続することも可能だ。

価格は標準モデルからプラス17万6000円の132万円。こちらも標準モデル同様に、安心・安全なモーターサイクルライフをサポートするため、1ヶ月目点検に加え、3年間の定期点検とオイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられるカワサキケアモデルに指定され、ETC2.0車載器も標準装備となっている。

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

主要諸元■全長2070 全幅825 全高1115 軸距1455 シート高800(各mm) 車重213kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500pmm 10.0kg-m/7700rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:132万円 ●色:黒×緑 ●発売日:2022年2月1日

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]メタリックスパークブラック×キャンディライムグリーン(BK3) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]メタリックスパークブラック×キャンディライムグリーン(BK3) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]メタリックスパークブラック×キャンディライムグリーン(BK3) [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

優れたグリップ感とハンドリング、よりしなやかなフィーリングに貢献するオーリンズ製S46リヤショック。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

圧側減衰調整機構を新設し、アウターチューブをゴールド仕上げとしたフロントフォークに、ブレンボ製フロントブレーキコンポーネント(ディスク、キャリパー、パッド)を組み合わせる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

レバー操作に対しリニアなレスポンスを得られるニッシン製ラジアルポンプ式マスターシリンダーを採用。ブレーキホールもステンメッシュとされた。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 model] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報