第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

Z H2と共通イメージの顔にスマホ接続も

【2020年モデル】カワサキ 新型Z900およびバルカンSの国内仕様が発表! 発売は2020年1月15日

  • 2019/11/29
KAWASAKI Z900 2020

EICMAで発表されたばかりのカワサキ新型Z900が早くも国内仕様導入のアナウンス。「Sugomi」デザインは東京モーターショーで発表されたZ H2と共通のイメージを踏襲しつつ、900ならではの軽快さをアピール。エンジンや電子制御、足まわりなど、全体にアップデートが施されている。同時に登場するバルカンSは色変更。

TFT液晶、スマホ連携、フルLED、ライディングモードも全部乗せ

EICMAでひと足先に発表された新型Z900は、2020年1月15日に国内仕様も発売されることが発表された。モデルチェンジの内容としてはマイナーチェンジに属し、「エキサイティング&イージー」のコンセプトを堅持しつつ、装備がイッキに充実した。従来型はパワーモードやトラクションコントロールシステムが非装備だったが新型では両者が連動する統合型ライディングモードを投入。灯火類はフルLED化され、メーターもTFTカラー液晶を採用している。また、スマートフォンと接続することで「RIDEOLOGY THE APP」と連携することも可能だとい。

KAWASAKI Z900 2020
【KAWASAKI Z900[2020]】主要諸元■全長2070 全幅825 全高1080 軸距1455 シート高800(各mm) 車重213kg■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg-m/7700rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:104万5000円 ●色:灰、黒 ●発売日:2020年1月15日

Z1000ベースの948cc並列4気筒エンジンは、排気系の変更でユーロ5に対応するとともにエキサイティングなサウンドとした。鋼管フレームはスイングアームピボット部の強度を高めて耐久性を向上。併せて前後サスペンションの設定も最適化された。タイヤはダンロップの最新モデル、スポーツマックス ロードスポーツ2を採用し、軽快なハンドリングに磨きをかけている。

Z900RSはこのモデルをベースとしていることから、ユーロ5対応の見通しも立ったことになる。こちらも、いずれかのタイミングでエンジンがアップデートされることだろう。

KAWASAKI Z900 2020
灯火類はフルLED化。外観はシャープになり、Z H2を筆頭とするシリーズの新たな統一感を強調する。
KAWASAKI Z900 2020
スマホと連動できるTFTカラー液晶を投入。車台情報や着信履歴なども表示でき、新採用した走行モード×4パターンの設定もカンタンだ。スポーツ表示モードは非搭載ながら、親玉のZ H2やNinja 1000 SXとユニットは共通。新型のコスパは非常に高い!
KAWASAKI Z900 2020
新たにスイングアームピボット部を強化したスチールフレーム。追従性に定評のあるホリゾンタルバックリンク式のリヤサスペンション、φ41mm倒立フォークもセッティングを改められた。
KAWASAKI Z900 2020
【KAWASAKI Z900[2020]】メタリックグラファイトグレー×メタリックスパークブラック(GY1)
KAWASAKI Z900 2020
【KAWASAKI Z900[2020]】メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック(BK1)

バルカンSはカラーチェンジで同日発売

649ccの並列2気筒エンジンを搭載するアーバンクルーザー、バルカンS(VULCAN S)は、新色のマットグレーを採用。燃料タンクに配されたシックな紫が映える。多様なライディングスタイルやファッション、ライフスタイルに自然にフィットするバルカンSは、クルーザー系としては深めのバンク角でスポーツライディングも難なくこなす。調整可能なフットペグやレバー、快適な乗り心地のシートなど、装備や主要諸元に変更はない。

KAWASAKI VULCAN S 2020
【KAWASAKI VULCAN S[2020]】主要諸元■全長2310 全幅855 全高1090 軸距1575 シート高705(各mm) 車重229kg■水冷4ストローク並列2気筒 DOHC4バルブ 649cc 61ps/7500rpm 6.4kg-m/6600rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L■タイヤサイズF=120/70R18 R=160/60R17 ●価格:85万8000円 ●色:灰 ●発売日:2020年1月15日
KAWASAKI VULCAN S 2020
【KAWASAKI VULCAN S[2020]】 メタリックマットミステリアスグレー(GY1)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)