カワサキZ900 50thアニバーサリー試乗インプレッション【鮮烈な赤と走りがマッチ】

カワサキZ900 50thアニバーサリー試乗インプレッション

’18年に国内販売が始まり、’20年モデルでビッグなマイナーチェンジを実施したカワサキZ900に、Z誕生50周年を記念した特別カラーが追加された。’80年代の空冷Zを代表するファイアークラッカーレッドを採用し、シュラウドとフロントフェンダーには記念ロゴも。価格はSTDに対して6万6000円高だ。

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:カワサキ

’22 カワサキZ900 概要

KAWASAKI Z900 50th Anniversary

【’22 KAWASAKI Z900 50th ANNIVERSARY】■全長2070 全高1080 軸距1455 シート高800(各mm) 車重213kg ■水冷4スト4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.0kg-m/7700rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量17L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:赤 ●価格:121万円 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 50th Anniversary

【’80年代のレッドを特別に調合し再現】’81年登場のZ1100GPを彷彿させる銀と紺のラインが入ったファイアークラッカーレッドに彩られた50周年記念モデル。ツヤありブラックのフレーム/シボ入りのシート表皮/アウターチューブをゴールドとしたフロントフォークなどもSTDからの変更点であり、50周年記念にふさわしい仕上がりだ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 50th Anniversary

【ライディングポジション】低めのハンドルや前傾した座面によってフロントに荷重をかけやすいライディングポジションに。足着き性はご覧のとおり良好だ。[身長175㎝/体重68kg] [写真タップで拡大]

[◯] 意のままに操れる快感。RSとの差別化は明確

高校時代に通った自動車学校。その教習車の中にまだCBX400Fが残っていた世代なので、Z400GPやGPz400Fを彷彿させるこのファイアークラッカーレッドは懐かしさを禁じ得ない。カワサキにとって、900ccは”マジック9″としてZ1誕生以来大切にされてきた排気量であり、この特別なカラーをまとうことには何ら違和感がない。

派生モデルのZ900RSが注目されがちだが、素のZ900は、トラクションコントロール以外にも’21モデルからインテグレーテッドライディングモードを備えており、電脳面でRSを一歩リードする。モードはスポーツ/ロード/レイン、そして任意に設定できるライダーの4種類で、スポーツとロードモードではフルパワーを発揮する。とはいえ、もっともレスポンスの良いスポーツモードでも低回転域から非常にスムーズで扱いやすく、スロットルを大きく開ければ7000rpmから一段と盛り上がる。最高出力はRSを14psも上回る125psで、エンジン特性は低中回転域でのトルク感を演出したRSとは対照的だ。

ハンドリングもいい。押し引きで感じる軽さは600ccや750cc並みであり、走り出すとその印象がさらに強まる。微速域からステアリングがスムーズに切れるので扱いやすく、これが本当に948ccもある水冷直列4気筒を載せているのかと疑うほどだ。そして、高速域に入っても倒し込みや切り返しなど操縦の軽快感はほとんど変化しないことから、おそらくマスの集中がかなり貢献しているように思う。これにレスポンスの忠実なエンジンとフロントに荷重をかけやすいライディングポジションが加わり、意のままに操れるマシンに仕上がっているのだ。

ブレーキは、Z900の上位版であるSEやZ900RSのようにラジアルマウント&ラジアルポンプではないものの、フロントは213kgの車体を急減速させるのに十分以上の効力を発揮し、さらに前後ともコントローラブルだ。ABS作動時のキックバックは少なめで、細かく油圧を制御している様子が伝わる。

攻撃的なルックスに見合うだけの俊敏な走りを得たZ900。この記念カラーにピンと来たら買いだ。

’22 カワサキZ900 ディテール解説

エンジン:すでに新排ガス規制適合済みのため、諸元は変更なし

KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

Z1000ベースの948cc水冷並列4気筒エンジンは、’21モデルで平成32年排ガス規制の適合を表す「8BL」に。ただし主要諸元は’20モデルから変更なし。 [写真タップで拡大]

足まわり:前後プリロード&伸び減衰力調整可

KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

’20モデル以降は、ダンロップ ロードスポーツ2を標準装備する。ブレーキは前後ともペタルディスクを採用。ディスク径はフロントφ300mm/リヤ250mmだ。前後のキャリパーおよび軽量ABSユニットはニッシン製。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 50th Anniversary

ホリゾンタルバックリンクのリヤサスペンションとφ41mm倒立式フォークは、プリロードと伸び側減衰力が調整可能。 [写真タップで拡大]

主要装備

KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

マイナーチェンジを実施した’20年モデルで外装を変更し、灯火類はオールLEDとなった。LEDポジションランプには、点灯時に全体が浮かび上がる特殊な加工を施す。 [写真タップで拡大]


KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

’20年のマイナーチェンジでTFTカラー液晶に。合わせて4種類のライディングモードやスマホの連動機能など追加しており、この’22モデルもそれを継承。 [写真タップで拡大]


KAWASAKI Z900 50th Anniversary

容量17Lのタンク。上面を深くえぐることで、ハンドル切れ角33度/33度を達成。 [写真タップで拡大]


KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

タンデムシートはキーロック式で、その下にETC2.0車載器を標準装備。さらにブラケットを引くとライダーシートも外せる仕組みで、その下にある車載工具が取り出せる。 [写真タップで拡大]


KAWASAKI Z900 50th Anniversary

ナンバーステーとタンデムステップ後方には荷かけフックあり。Z1の時代からこうした実用装備が受け継がれる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 50th Anniversary
KAWASAKI Z900 50th Anniversary

【50周年ロゴとレタリングあり】シュラウドにはゴールドの立体エンブレムを貼付。さらにその下部とフロントフェンダーの先端には専用レタリングも。所有欲をくすぐる工夫が随所に。 [写真タップで拡大]

[△] この50周年カラーはZ1000よりも高い

’21モデルでカワサキケアが追加されて、価格は5万5000円アップ。続く’22モデルはSTDカラーが色変更のみで4万4000円アップ。この50周年記念車はSTD+6万6000円なので、カワサキケアが付帯しない兄貴分のZ1000よりも3万円高額に。

[こんな人におすすめ] RSにはないスマホ接続やTFTメーターも

CB1000RやGSX-S1000がZ1000の対抗馬だとすると、MT-09が直接のライバルか。ライディングモードやスマホ接続機能など、電脳面ではZ900RSを上回っており、カワサキケアによる安心感も。このカラーリングはぜひ実車で確認を。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキZ900シリーズに関連する記事

【動画】『Z1は究極の御神体』……カワサキ「Z50周年」デザイナーが語る、Z/Z-RSの使命は原点の追求

カワサキは公式Youtubeチャンネルで、「Z50周年 デザイナーインタビュー」と題した動画を公開した。語り部は、元デザイン部長の福本圭志さん。初代Z1をデザインした多田憲正さんに薫陶を受け、マツダから移籍してきた田中俊治さんの影響を受けた福本さんが語るのは──。 Z1から連綿と受け継がれた文化が、“凄み”というキーワードに至る カワサキが公式Youtubeチャンネルで5月26日に公開した動画があ […]

カワサキ「Z900」「Z900SE」がカラーチェンジ! イメージ踏襲しつつ全グラフィックを刷新【欧州】

カワサキは欧州で、2023年モデルのZ900シリーズを発表した。Z900RSと同様に足まわりを強化したSEもラインナップされ、いずれも全てニューカラーに刷新された。このほかニンジャ1000SXやW800、バルカンSにもニューカラーが登場している。 従来のホワイトを廃止し、グレー系のトーン違いでカラーバリエーションを構成 Z900RS、Z650RSに続き、欧州カワサキはZ900/Z900SEの202 […]

金の脚ゲット! カワサキ「Z125プロ」登場、Z900、ヴェルシスX250ツアラー、バルカンSも【海外】

カワサキはインドネシアで2023年モデルの新ラインナップを相次いで発表。Z900RS/カフェやニンジャZX-10Rに続いたのは、日本でも人気の原付二種「Z125プロ」ほか、Z900、ヴェルシスX250ツアラー、バルカンSだった。 国内導入予定はないけれど……のZ125プロほか カワサキはインドネシアで、相次いで2023年モデルを発表している。既報のZ900RS/カフェやニンジャZX-10Rに続いた […]

カワサキZ900シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:Z50周年記念車含め3グレードラインナップ

カワサキZ900シリーズ 概要 エンジンやフレーム基本設計などをネオレトロのZ900RSと共有するスポーツネイキッド。電子装備面では、トラクションコントロールやパワーセレクトを統合制御するライディングモードを備え、カラーTFTパネルのメーターにはZ900RSにないスマートフォンとの接続機能「カワサキライディオロジー」も標準で搭載されている。’22国内モデルは、STDが爽やかなイメージの […]

〈動画〉火の玉よりも3倍速い!? 【カワサキZ900 50thアニバーサリー】RSとは明確に違うその走り!

「Z900ってソレ…、RSじゃないの?」 ちょっと待ったぁ〜! たしかに兄弟車Z900RSの超絶人気には届かないかもしれない。がッ! コイツにはコイツだけの“スゴ味”が存在する。しかも今回試乗したのは、かつてZ1100GPやZ400GPに採用された鮮烈な‘80sの赤「ファイアクラッカーレッド」をまとったZ生誕50周年記念バージョン。選ばれたパイロットだけが騎乗できる赤い専用機に胸がときめいたなら、 […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

カワサキZ900 50thアニバーサリー試乗インプレッション【鮮烈な赤と走りがマッチ】

’18年に国内販売が始まり、’20年モデルでビッグなマイナーチェンジを実施したカワサキZ900に、Z誕生50周年を記念した特別カラーが追加された。’80年代の空冷Zを代表するファイアークラッカーレッドを採用し、シュラウドとフロントフェンダーには記念ロゴも。価格はSTDに対して6万6000円高だ。 ’22 カワサキZ900 概要 [◯] 意のままに操れる快感。RSとの差別化は明確 高校時 […]

真紅のカワサキ「Z900 50th Anniversary」はZ1100GP/GPz900Rをリスペクトして登場!

Z900RS/Z650RSだけじゃなかった! カワサキは、スーパーネイキッドのZ900にも『50th Anniversary』を設定し、50周年記念モデルを一挙に3車登場させた。真紅のカラーリングは1981年のZ1100GPをはじめとした’80年代を代表する配色で、これに専用ロゴなどをあしらう。 1980年代のZを代表する鮮烈な赤を特別に調合 カワサキモータースジャパンは、Z900RS […]

最新の記事

カワサキ Z900 (2017-)の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ Z900 (2017-)

カワサキ Z900 (2017-)

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 13価格種別 中古車 26

本体

113.04万円

価格帯 110~114.4万円

本体価格

本体

170.07万円

価格帯 156.55~281.5万円

諸費用

5.31万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

5.67万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

118.36万円

価格帯 110~121.48万円

乗り出し価格

乗り出し価格

175.75万円

価格帯 171.39~194.46万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース