レギュラーモデルとしてラインナップ

オーリンズ&ブレンボのハイグレード仕様! カワサキ「Z900 SE」登場

カワサキは欧州で、Z900RSのベースモデルでもあるZ900にブレンボ製ブレーキシステムとオーリンズ製リヤサスペンションを奢った特別仕様「Z900 SE」を発表した。2022年モデルとしてラインナップされ、カラーリングは黒×緑の1色だ。

Z1000 Rエディションと同じオーリンズS46ショック!

カワサキは欧州で、“スゴミスピリット”を持つアグレッシブなデザインのスーパーネイキッドとして知られるZ900に特別仕様の「Z900 SE」を設定。2022年モデルとして発表した。

主な変更点は2点。まずブレンボ製のブレーキパッケージを採用していること。キャリパーはM4.32ラジアルマウントモノブロックとされ、φ300mmのダブルディスクをブレンボ製パッドで挟み込む。ステンレスメッシュホースのブレーキラインも採用し、より正確なコントロールと優れたフィーリングが提供される。

もうひとつはオーリンズ製リヤショックアブソーバーだ。欧州でラインナップされるZ1000 Rエディションと同じφ46mmピストンを持つアルミニウムボディのユニットで、Z900 SEに合わせてチューニング。フローティングピストンによって分離されたガスチャンバーを備えるシングルチューブ式で、リモート式のプリロードアジャスターも採用している。

これに合わせて、フルアジャスタブルのφ41mm倒立フロントフォークも再セッティングを施した。

Z900シリーズは選択可能なパワーモードやトラクションコントロールシステム、アシストスリッパークラッチなどを採用し、最近のカワサキが得意とするサウンドチューニングによって排気サウンドも作り込まれたスーパーネイキッド。スマートフォンとブルートゥース接続することでRideologyアプリと連動することもできる。

英国での参考価格は1万749ポンド(日本円換算約163万円)。そして日本でも2022年春頃に発売されるとのアナウンスが! 続報が入り次第お伝えしたい。

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

主要諸元■全長2070 全幅825 全高1115 軸距1455 シート高820(各mm) 車重212kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 125ps/9500rpm 10.1kg-m/7700rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●参考価格(イギリス):1万749ポンド(日本円換算約163万円) ※諸元は欧州仕様

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

ラジアルポンプ式マスターシリンダーはノーマルZ900と同様。ステンレスメッシュホースを採用。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

M4.32ラジアルマウントモノブロックキャリパーにφ300mmダブルディスクを組み合わせる。ブレーキパッドも含め全てブレンボ製だ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

オーリンズ製のリヤショックはシングルチューブ式のS46。油圧式リモートアジャスターがうれしい。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model]

KAWASAKI Z900 SE[2022 EU model] [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報