第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

カワサキZ650RS [’22後期 新型バイクカタログ]:復刻Zシリーズ第2弾、’23モデル登場!

カワサキZ650RS

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年11月3日

カワサキZ650RS 概要

大人気Z900RSに次ぐカワサキ名車復刻シリーズの第2弾。並列2気筒エンジンのスポーツネイキッドZ650をベースとし、900版と同じくZ1/Z2風の外装でまとめ上げたミドルヘリテイジだ。並列2気筒では流行の270度クランクではなく180度クランクで、鼓動感よりもスムーズな吹け上がりを楽しめるキャラクターとなっている。鋼管トレリスフレームはシートレール部分を改修して往年のフォルムを実現。ワイヤースポークを思わせるホイールは650用にサイズを最適化した専用品で、同様にヘッドライトも900よりもモダンなハウジング形状だ。



’23 カワサキZ650RS

主要諸元

カワサキ Z650RS

【’23 KAWASAKI Z650RS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.5kg-m/6700rpm ■車重188kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:キャンディエメラルドグリーン メタリックムーンダストグレー×エボニー ●価格:103万4000円 ●発売日:2022年11月1日 [写真タップで拡大]

カワサキ Z650RS

【カラーバリエーション】キャンディエメラルドグリーンは継続、ヘッドライトリングも黒塗装でモダンな雰囲気のグレー×エボニーはグラフィック変更。 [写真タップで拡大]

カワサキZ650RS 50thアニバーサリー

兄貴分900RS(写真左)との車重差は25kgと、Z650RSはグーンと軽量。2気筒であるため横幅もスリムで、車格は全体的にコンパクトで取廻しは抜群だ。タウンユースでも気軽に乗れるフレンドリーさで、まさに”毎日乗れるZ”に仕上がっている。※写真は’22 50thアニバーサリー [写真タップで拡大]



エンジン

カワサキ Z650RS|エンジン
カワサキ Z650RS|エンジン|出力特性

Z650の並列2気筒エンジンをベースモデルとする。6000rpmまでの低中速域ではムラのないトルクカーブを描きつつ、高速域に突入しても伸びがいい。全域を通じて安定感のある出力特性を発揮してくれる。 [写真タップで拡大]

シャーシ

カワサキ Z650RS

しなやかさが自慢のトレリスフレームはZ650から1.5kg軽量化。φ41mmの正立フォークもベース車譲りで、24°/100mmというキャスター/トレール値も不変。 [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキ Z650RS
カワサキ Z650RS

φ41mm正立フロントフォークにホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを採用。フロントのφ300mmダブルディスクブレーキとリヤのφ220mmディスクブレーキをボッシュ製ABSが高度に制御する。 [写真タップで拡大]



主要装備

カワサキ Z650RS

加飾リングによって彩られた丸型LEDヘッドライトは、全体的にオーセンティックなZ650RSのスタイルに現代的な味付けを加える。 [写真タップで拡大]

カワサキZ650RS 50thアニバーサリー

Z900RS同様のアナログ2連メーター+モノクロ液晶としたレイアウト。液晶部にはギヤポジション/積算計/燃料計/時計/瞬間&平均燃費などを完備する。計器内の緑ラインが650ならではだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z650RS

スリムなティアドロップ型タンクはZ650から3L減の12L。公称燃費から計算した航続距離は約280km。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース