カワサキZ650RSレース参戦! その結果は…?【社内ライダーが引き出す現代版ザッパーの潜在能力】

この春に登場したカワサキの超注目モデルZ650RSが、社内チームから早くもレースに参戦! 気になるマシンの詳細と、岡山国際サーキットにおける5月1日の初レースの模様をリポートする。

●文:ヤングマシン編集部(淺倉恵介) ●写真:石村英治 ●外部リンク:カワサキ

現代版ザッパーが早くもレース参戦

5月初旬、発売直後のZ650RSのレーサーが、岡山国際サーキットに現れた。参戦レースはモトレボリューション。“西日本最大級”を謳うアマチュアサンデーレースで、エントリーしたスーパーツインクラスは、排気量500cc以上700cc以下の2気筒エンジン搭載モデルで争われる。

このマシンを送り込んだのは、カワサキの社内レーシングチームであるチーム38。いわゆるプロチームではなく、社員の自主活動ではあるが、同社のテストライダーや開発エンジニアが多く在籍している。ライダーを務めた元山貴也さんもテストライダーの一人で、Z650RSの開発ライダーを務めた人物。自らが仕上げたマシンのポテンシャルを探るべく、レースに参戦したというわけなのだ。

チーム38

チーム38は、カワサキ社員で構成されるレーシングチーム。メーカーのチームとはいえ、活動形態はクラブ活動的。メンバーの多くは、バイク開発に携わるテストライダーやエンジニアだ。 [写真タップで拡大]

デビューレース、しかも発売直後で準備期間がほとんどなかったにも関わらず、見事にポールトゥウィンを達成。このレースは他クラスと混走で行われたため、リッタースーパースポーツも同時に走っていたのだが、はるかにパワフルなリッタークラスのマシンを退け、総合でも4位に入っているのだから、Z650RSの潜在能力の高さには驚かされる。チューニングが進めば、凄いことになりそうだ。

チーム38のレース活動は、楽しむためだけのものではなく、レースを通じて技術向上を図り、マシン開発に役立てるというもの。Z650RSはネオクラシックスポーツだが、公道とは次元の違う負荷が掛かるレースで得たデータは、今後の市販モデルにも活かされるに違いない。これからの進化にも注目のZ650RSレーサーなのだ。

チーム38

【予選1位&貫禄の優勝】ライダーの元山さんは、カワサキのテストライダー。ある意味プロのライダーといえるが、レース経験は少なく参戦を開始して2年目というから驚かされる。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER 概要

KAWASAKI Z650RS RACER

【KAWASAKI Z650RS RACER】 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

【驚きのラムエア搭載。開発中のパーツも装着】ラムエアシステムは元山さんの完全DIY。効果は絶大で最高速は+5km/hが見込めるとのこと。ラジエターはZX-10R純正品を加工して使用している。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

マフラーも元山さんがDIYで製作。インジェクションはダイノジェットのサブコン、パワーコマンダーでリセッティング。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

リヤショックユニットはZX-10R 純正品を、スプリングを変更して使用。ポイントは自作品のリンクプレート。最適なサスペンション特性を求めて、何タイプも試作したとのこと。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

フロントフォークは、スプリングとダンピングにモディファイを加えたZ900RS純正品をトリプルツリーごと移植。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

【セパレートハンドル化でカフェ感漂う】レーシングマシンは、やはりセパレートハンドル。実用面で採用したものだが、Z650RSのルックスに意外なほど好マッチング。カスタムで流行るかも? ハンドルバーは汎用品。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z650RS RACER

ステップはSNIPER製のプロトタイプ。このマシンをテストベッドに開発が進められており、遠くない未来に発売が期待できそうだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース